玄関先にシンボルツリーのもみじを配置したら夏になると大量の虫(蚊)が発生!これからマイホームを建てる方はご注意を

玄関先にシンボルツリーのもみじを配置したら夏になると大量の虫(蚊)が発生

シンボルツリーであるもみじに集まる蚊の脅威(兵庫県30代男性・2016年に注文住)

3年前に注文住宅を建築したのですが、玄関先に植えたシンボルツリーに悩まされています。

設計の段階から玄関先にモミジを植える計画をしており、夏は新緑に、秋は赤く色づくモミジを楽しんで出かけると言うイメージを楽しみに、設計士さんとも打ち合わせしていました。

唯一気になったのは、決して広い敷地ではない為、駐車場と玄関、シンボルツリーのモミジとのスペースがあまり広く取れず、玄関の本当に目の前にシンボルツリーが配置されてしまう事が、気がかりでした。

工事が完成し、生活が始まった頃はちょうど初秋の頃でしたので、ちょうどイメージ通り、紅葉から落葉へととても雰囲気がよく、モミジのライトアップもご近所の方からも褒めて頂ける我が家の自慢でした…。

ただ、翌年の夏が来る頃には、その自慢のシンボルツリーに悩まされ始める事になってしまいました。

 

原因はシンボルツリーのモミジに来る『蚊』です。

蚊は水気のある所に来てしまう傾向があるので、夏場に我が家のモミジの周辺に多くたかる事になってしまいました。

玄関を開けた瞬間に一斉に襲いかかってくる事もしばしば、少しでも玄関の鍵を開ける事に手間取ると、2、3箇所刺される事はざらです…。

子供が玄関を開けっぱなしにしようものなら、自宅の中に蚊がどんどんと入ってきてしまいます。

狭い敷地、玄関の目の前にあるシンボルツリーの欠点はこんな所にあったとは…予想外でした。

 

そのせいもあり、夏場はかなり枝を落として、少しでも蚊の影響を減らせるように過ごす毎日です。

ハウスメーカーに対応を相談しても蚊の事など対応しようがなく、蚊取り線香をプレゼントされる始末です(泣)

シンボルツリーの位置を緻密に打合せをすれば防げた事だと思いました。

デザインを優先し、ガレージ位置と玄関、シンボルツリーを安易に位置どりしない事が大切でした。

また、蚊の嫌いと言われるハーブ系の木を組み合わせるなど工夫をすれば防げたのでは無いかと思います。