ハウスメーカーの「コンセプト」。建築始まっても実行されない「コンセプト」・・・?

京都市西京区・NH様より

ハウスメーカーの「コンセプト」も最終的な選択の決め手だったNH様。

いざ建築が開始されると、実行されないままの「コンセプト」・・・。

これから注文住宅を建てる方は是非一読下さい!


スポンサーリンク

京都市西京区で注文住宅を建てた体験談

関西において、長期優良住宅を売りにしている業者で家を建てました。

木造注文住宅としては、坪単価の割安も謳っていました。

また、中堅木造建築の会社ながら展示場を持っていたのが選んだ大きな理由です。

展示場に行って説明を受けた時、建設時のコンセプトは「公開」ですと言われた事にも影響されたかもしれません。

「公開」とは?

木造注文住宅を「〇〇ホーム」と呼んでいます。

その家は「品質主義」であり、それを支えているのが「公開」だと言うのです。

建築過程を明確に施主に公開し、建築知識のない一般の人でも理解し、進めていくということでした。

ホームページには、お客様からの「アンケート」「クレーム」「建築後の不具合(雨漏り)」を包み隠さず公開しているとも営業マンは言っていました。

建築中も、耐震器具の取り付け状態等、壁が出来たら見えなくなる部分を、壁を作る前に設計通りになっているか現場監督が施主側に現地説明をしてくれるとも言っていたのです。

帰宅後、ホームページを閲覧するとクレームもしっかり掲載されていました。

実際の建設が進むにつれて・・・。

注文住宅ですから、色々と営業マンに希望を伝えて設計図や完成予想図が出来上がっていきました。

しかし、時折、前回に希望したことが反映されない図面がやってくることもありました。

その為、少し不安になり、営業マンの上司に相談したところ、謝罪があり今後は打合せ後に、互いに覚書を作るようにするとのことでした。

でも、細かなドアの開く向きやクロスや床材の品番が違ったりすることがありました。

営業マン・現場監督・職人さんの連携が・・・。

何とか、図面もでき上がり建築確認も取れたので建設へと進み始めました。

進捗状況を見に行くと職人さんが丁寧に対応してくれるのかと思っていましたが、「監督さんが今いないので入らないでください」と何度も断られました。

私たちの受け止めていた「公開」とは、土曜日などに進捗状況を見に行った時に説明してくれる事だと思っていたのです。

営業マンに電話して、「来週の土曜10時に現場を見に行くから」と伝えていたのに現場監督は「急用が出来たからいません。説明はできないけど、入ってください。」と好意的では無い態度で対応されました。

営業マンに問いただすと、現場は現場監督に任しているので現場監督に直接言って欲しいなどの対応で、契約するまでは好意的に返答をしてくれたのですが、工事が始まってからは関りを持とうとはしてくれませんでした。

現場監督も、数棟の建築を一手に任されているようで、電話連絡しかできない状態が続いていました。

また、営業・監督・職人の連携が悪く、壁を張る前に見せて欲しいと依頼していた場所についても、連絡が無いまま壁が出来ていたり、見学希望日時を伝えても営業が現場監督に伝えるのを忘れていたりと色々不満がでてきました。

その度に、改善を求めましたが、あまり言いすぎて手抜き工事をされてはと思い、クレームとしては上げないでおきました。

無事完成!

色々ありましたが、計画通りに工事が進み無事完成しました。

引き渡しの時は、色々な方が参列していただき、盛大に引き渡しをしてくださいましたが、建設時までのギクシャクした思いはぬぐえませんでした。

雨漏りの調査やメインテナンスは、他の工務店より優れているのではないかと思います。

建築されて家自体は、信頼できる建物のように思えます。

余談ですが、友達にメインテナンスの事を話したら、自信がないから頻繁にチェックに来るんでは(笑)と言われました。

そんな事を冗談に話せる訳は、その方の実家もこの業者で建てられているからです。

最後に

建物自体は、値段以上の家を建ててくれたと思います。

ただ、中堅工務店の割には、手広く商談・建設しているようです。

その為、営業や現場監督のひとりで受け持つ顧客が多く手が廻らない事と、社員教育の不十分さがあると思います。(営業マンの当たり外れだったのかもしれません)

これは、企業として改善していく必要があると思いました。

家自体は、品質の良いものだと思います。

だからこそ、しっかりとした企業体質が求められるのではないかと思います。

もし、もう1軒建てることがあるなら、この業者に無料の範囲で設計や提案を頂いて、地元のしっかりした工務店に建築を依頼するかもしれません。

そんなことが許されるならですが。


スポンサーリンク

管理人のコメント

こういったお話は非常によく聞く話です。

分業と言えば言い方はきれいかもしれませんが、実際に現場は現場と分けてしまうとどうしても小さなトラブルは出てきてしまうものです。

業者側からみても一度無くした信頼を取り戻すのは非常に大変なこと。

業者側とお客様側の「距離」は今後も建築業界の課題となっていくと思います。

これからマイホームを建てる方はしっかり下調べをして納得の家を建てて下さい!

NH様ありがとうございました!





スポンサーリンク