マイホームの失敗は寒いリビングイン階段と車が傷つく駐車場設計

 

スポンサーリンク

リビングイン階段と駐車場設計に関する失敗談

我が家が新築に引っ越してきて5年になりました。

以前社宅に住んでいたので、騒音に気を使ったりしていたので、家を持つと騒音を気にしなくても、子どもがケンカしていても気にならなくなりました。

特にうちは男の子なので、騒音問題で苦情がこないか心配だったので、これらを気にせずに生活できるようになったのが、マイホームを持って良かったなと思います。

初めてマイホームの計画を立てるのに、完璧に良いものができると思ってなかったのですが、いざ住んでみると、こうすればよかったなと勉強不足だったなと思う点がでてきました。

リビングイン階段での失敗

まず我が家は、リビングが20畳なのですが、子どもが男の子だと成長するにつれて狭いと不便に思うだろうと思って、広めに取りました。

広めに取るということは、冷暖房もそれだけ使うということです。

冬は広めのリビングは非常に寒く、暖めるにはしっかりエアコンを使って暖める必要があります。

なので、今思えば息子の成長を気にして広めにとったリビングにしなくても、もう少し狭くても良かったなと思うのです。

そして我が家は、リビングイン階段仕様にしています。

これが2階から冷気がスースーと降りてくるんです。

窓も大きめで、窓の数も比較的多く風通りよくなるような間取りで作って頂いたので、夏は風が入って快適なんですが、冬も風が通るということなんです。

風遠しが良い家は、冬も風が通るので寒いのです。

寒さに弱い我が家がこの子とに気づいていれば、もう少し暖かい家にしたのになと、未だにこの家は寒いと冬になるとこの話題になります。

これからマイホームを購入する方がいれば、暖かい家になるように、そんなに大きくなくても暖かい家にする方がいいとすすめます。

リビング階段にする場合は、我が家にはロールスクロールカーテンを付けています。

これはコストダウンのために、選んだものです。

これが寒さの大きな原因でして、予算があればしっかりしたドアを付けると風も降りてくるのが妨げたと思います。

ドアの知識はあったのですが、どうしてもコストダウンしか考えられなかったので仕方ないんですが、悔やまれます。

 

風通しという点では、やはり東西ではなく南北に風は抜けます。最近、北面に窓がほとんどない建売を見かけますが、あれでは風はとおりません。片方だけに窓があってもダメなのです。南北で結んだ線に窓があることを確認すると良いと思います。

リビングにも大きめの窓を一つ取り付けたので、これで明かりも入り、風も流れてよいと思っていましたが、風の抜け道となる窓がない為、結局風が抜けず、夏はクーラーを常につけている状態です。やはり、設計する際には風の通り道を考えて窓の位置を考えることで、省エネにもつながり月々の電気代も違ってくるものと思います。

 

南向きのメリットあり。庭も広くとった。

我が家の良いポイントは、南向きで日が入ることでしょうか。

こんなに寒いと言っていますが、日が入るだけで暖かく感じることもあります。

花や野菜がよく育ちやすいです。

これは南向きで良かった点ですね。

庭を少し広めに取りましたので、子ども達が土遊びできるようになっていて、小学生になりましたが、今でも友達も来て遊んでいます。

みんながよく寄ってくれて豪快に遊んでくれています。

小さいうちは、子ども用に土にしておいて、大きくなればコンクリートにも後からできると聞いたので、土にしました。

駐車場設計の失敗

我が家の失敗談の一つに、駐車場の場所をもう少し広めにすればよかったと後悔しています。

と言うのも、駐車場を家の横に作っており、自転車を車の後ろに直すようにしているため、車の横を通過していくと、子供がよたよたすると車に傷がつくのです。

引っ越してから車の傷は増えるばかりで、こればっかりは、経験して初めて知りました。

 

最後に

もう一度家を立てることができれば失敗した点を改善したマイホームにしたいです。

色々と書きましたが、住めば都です。なんとかなるものです。

是非これからマイホームをお考えの方は、我が家の失敗談を元に良い家を完成させてもらいたいです。

和歌山県K様





スポンサーリンク