マイホームはハウスメーカーの工場見学までいき比較したのに失敗した理由とは

マイホームの設計をするための道具が並べられている



【体験談】工場見学も行きハウスメーカー比較。土地も決定。うまくいってると思ったが…(大阪府男性・注文住宅)

私が注文住宅を購入しようと思ったキッカケは結婚及び子供の出産から親に賃貸のアパートに住み続けるなら、マイホームの購入を検討してみてはどうかと勧められたからです。

そこから最寄りの展示場に赴き、外観が気に入った住宅会社の展示場に入り、2つの会社にまで絞りました。

今思えばこの時に外観が気に入るかどうかは別として、様々なハウスメーカーの展示場に行けばよかったと思います。

 

それから私は2つのハウスメーカーと土地探しを始め、メーカーの工場見学ツアーに参加しました。

まず最初に行ったツアーはA社のツアーで、そのメーカーは「災害に強い家」というコンセプトでした。

実際、私の仕事柄で、災害発生時には家族より仕事を優先するような仕事をしていますので、私はこのハウスメーカーを気に入って、話を進めようとしていましたが、妻がもう1つのハウスメーカーを気に入っていたので、同時進行で展示場に赴き、話を聞いていました。

 

妻と協議の結果、我が家は営業さんの努力も見られるもう1つのハウスメーカーで家を建てることに決定しました。

そして仮契約を行い、土地探しを始めました。

住みたい場所は既に決めてあり、土地勘もあったので、土地はすぐに決定し、購入する運びとなりました。

 

順調に話が進んでいましたが、ここで1つの事件が発生しました。

それは私達を担当していた営業マンの突然の退社です。

ある日突然電話がかかってきました。

それから営業担当はその営業所の店長となりましたが、私達の不安は募りました。

今までの経緯を知らない店長で大丈夫なのだろうかと。

 

しかし、私達の心配を無視するかのごとく、住宅建築に向けた打ち合わせは始まります。

そして設計士との打ち合わせに入りました。

家の間取りに関する私達の意向を聞いて図面を引いていく設計士ですが、少し直してもらうよう依頼するとタメ息をつきながら練り消しで図面を消していく設計士で、妻も私もいい気持ちにはなりませんでした。

図面の打ち合わせを始めて数か月後に、ようやく家の間取りが決定し、図面も完成しました。

ようやく家が建ち始めると思っていましたが、部材の発注等に時間がかかるため、建ちはじめるまでまだかかるとのことで、時間があきました。

この間に、私達より後で図面が出来上がったお客さんの家が先に建ちはじめるということもありました。

 

私たちが失敗した点は、まず展示場で多くのハウスメーカーを回らなかったことと、明確なビジョンがない状態で注文住宅の展示場へ行ってしまったことです。

今では建売でも良かったのではないかと思ってしまいます。

明確なビジョンが出来るまでは注文住宅の展示場を回り続けることをお勧めします。





仲介手数料半額以下!
東京・神奈川・千葉・埼玉

毎日600件以上の新着物件や未公開物件が登録され、物件数は10万件以上。全ての物件において、仲介手数料が半額以下。AI技術により、価格変更もすぐさまお知らせする次世代型マイホーム探し。
必要なのはメールアドレスのみ。登録は実名でなくても良し、電話番号の登録不要、住所登録も不要。しつこい営業とは無縁です。
「いつかはマイホームを」と考えているようであれば、長期的な情報収集としてもお役立て下さい!