注文住宅の打ち合わせは回数が多く期間も長いけど焦りは禁物

注文住宅の打ち合わせを現す道具たち



近しい親戚が大手ハウスメーカーの営業マンをしているため、家を建てるのはこのメーカーしか選択肢がありませんでした。

個人的には、建築事務所で建てたいなあとずっと思っていたのですが(「建物探訪」大好きです)。

親戚付き合いも大切にということで、あまり後悔はしていません。

子育て世代に評価の高い会社でしたし、優柔不断な自分にとっては、会社選びに時間を割かずに済んだのでむしろラッキーぐらいに今でも思っています。

注文住宅は自分達主導でメーカーのアドバイスも取り入れながら

間取りは念入りにシミュレーションする

間取りは、親戚の営業から叩き台だけもらった後は、自分で全て考えました(細かいところはさすがに修正が入りましたが)。

間取り作成にあたり設計に関して注意したいのが、そこでの生活を思い描いて、念入りにシミュレーションを重ねるということ。

中途半端なシミュレーションだと、建てたあとで使い勝手の悪さに直面すると思います。

それが無理なら、メーカーが最初から用意している間取りをそのまま使った方が、労力は少なくて済みます。

脱衣所は広めに

あと、住宅メーカーの言うことを聞いておいて正解だったなと思った点について述べます。

直接的なアドバイスになりますが、まずはお風呂の脱衣場の間取り幅について。

当初の間取りでは、建売住宅によくみられる6尺幅で考えていたのですが、洗濯機を置くとなると生活する上でものすごく窮屈に感じるようになるから、ほかを削ってでも7.5尺に直した方がよいと言われたので言う通りにしました。

子どもが二人居る現在、このアドバイスを聞いておいてほんとによかったと思います。

玄関幅も広めに

また、玄関幅についても全く同様で、シューズクロークを取り付けるのであれば6尺だと狭く感じるよと言われ、こちらも7.5尺にしました。

外壁はメンテナンスフリーのものに

あと、外壁について、見た目重視で白色の塗り壁風のものを選ぼうとしたら、汚れが目立ってそのうちみすぼらしくなるから、なるべく外壁などはメンテナンスフリーのものがよいと言われ、こちらも言う通りにしておいて正解でした。

8年経ちましたが、新築当時の雰囲気をいまだにキープしてくれています。

リビング続きの和室で一体感が無く失敗

逆に、シミュレーションが足りず、こだわりが足らなかったがために、メーカー側にあまり確認もせず失敗したかなと思う点について。

まずはリビング続きの和室です。

畳の部屋が欲しかったのと、ひな人形を飾るために床の間がほしかったので、和室を作りました。

リビングからの一体感を損なわない雰囲気でと要望しましたが、やはり和室は和室といいますか、特に床の間があるとどうしても雰囲気が和テイストから離れられず、一体感は無いです。

離れの和室であれば100点満点の出来なのですが、リビング続きの畳の部屋としては、もうちょっと洋風がよかったと後悔しています。

イメージを言葉で伝えるは難しい

これは、ひとえにこちらのオーダー不足だと思っていて、メーカー側に落ち度があるとは思っていません。

一番いい方法は、ネット上の画像なり雑誌の切り抜きなりを直接みせること。

なければ手書きのスケッチでも構いません。

雰囲気は、口では伝わらないことを痛感した次第です。

テラスに関しての失敗も

次に2階寝室のテラスについて。

当初、テラスがあるというだけで浮かれていたため、その広さや使い勝手を十分に考えていませんでした。

中途半端な広さのテラスなら無い方がいいよと、家を建てた際に失敗した先輩方がみな口を揃えてアドバイスしてくれたのに、結局私もその仲間入りを果たしてしまいました。

また、外から見たときの意匠についても、イメージを十分確認せず、出来上がりを見たときに、なんとも収まりの悪さが目立ちました(今ではもう見慣れましたが)。

最後に

体験談としては以上になります。

住宅メーカー等との打ち合わせは、時間も体力も消費しますが、決して焦りは禁物です。

お客なんだから主導権は全てこちらにある、ぐらいの気持ちで、どーんと構えていてください。

焦ったが最後、そこから必ずほころびが生じて、後悔が始まってしまいます。

こだわる部分と、素直に相手の言うことを聞いておいた方がいい部分との見極めは本当に難しいところですが、今はネットで色々と情報収集できます。

是非がんばって、あなたにとっての素敵なお家を建ててほしいなと思います。

三重県TK様

 

【関連体験談①】打ち合わせは間取り以外にもこんなに!?回数がこんなに多いとは…(愛知県NM様・2008年に注文住宅)

私が一戸建てを購入したのが2008年です。以前は賃貸をさがしていました。

ですが、当時犬を飼っていたので犬が飼える賃貸を探さなくてはいけませんでした。

 

中々、犬が飼える賃貸が見つからない中、新築の借家で犬を飼っても大丈夫な物件を紹介されました。

旦那の仕事の都合で、引っ越しを急いでいましたのですぐに飛びつきました。

家賃は毎月9万円近く払っていました。ここら辺での9万円の家賃は決して安くはありません。

本当でしたらもっと安い物件でよかったのですが、犬が飼える物件ということで仕方なかったのです。

しかし、毎月9万円の出費は大きく、それなら一戸建てを買って住宅ローンを払った方がいいのではないかと思い立ち、不動産巡りを始めました。

 

名の知れた大手の住宅メーカーで建てた方の話はよく耳にしていましたので、造りがしっかりしていてアフターフォローも万全だとは聞いていましたが値段が高く手が届きませんでした。

ですので、地元で仲介業者を通さず設計から建築まで全部自身の会社でやっているという不動産でお願いすることにしました。

 

仲介業者を通さないため値段が安いということ。実際に本当に安かったです。

少し心配だったのは従業員が少なく、とにかく忙しそうだったこと。

少々の不安を持ったまま始まった一戸建ての設計。希望を色々伝えましたが出来ることはすべて対応してくださいました。

ただ、たくさん決めることがあるので何度も話し合いをしなくてはならず、二人とも働いていましたので時間をつくるのが大変で、夜に先方に来てもらったこともありました。

とにかく時間がかかるんです。間取りから、コンセントの位置から、壁紙の色、外壁、などなど。

 

安直な考えで家を買ってしまった勉強不足の私たちは、何がいいのか全然解からず、だんだん先方の言いなりになっていました。

途中からは業者の方はプロだから任せた方が良いくらいに思っていました。

コンセントなど細かい設置位置などは大体で伝え、あとはお任せしたぐらいです。

たくさんの時間を使って疲れきっていたので、少しでも早く進んでくれることを望んでいました。

ただ一つ玄関だけはレンガ調にしたかったのでそれを伝え、レンガ模様も選びました。

 

時間はかかりましたが、マイホームが完成し内覧した時のこと。

コンセント差し込みがたくさんあり、それはよかったのですが、どう考えてもいらない位置にあったり、リビングの照明も三つ設置してあったり。どう考えても二つで充分です。

こだわった玄関でさえ、うまく伝わっておらず微妙な感じになってしまいました。

 

やはり建てる前によく検討し、それなりの知識をいれ、時間をかけて進めていくことが大事だと実感しました。

手間はかかりますが納得いくまで話し合い、些細なことでも自分たちで決めるべきだったと思っています。

唯一の救いは、家賃が賃貸の時より少し安くなった事と、安く建てたので欠陥が出てこないか心配でしたが、思ったよりしっかりしていて、9年住んでいますが問題なく快適に過ごせています。

 

【関連】【新築注文住宅トラブル】打ち合わせのイメージと違う?





注文住宅の打ち合わせを現す道具たち
ストレスのない物件探し!

東京23区でマイホーム購入を考えているあなたへ。

原則、仲介手数料『無料』or『半額』

物件情報を自動配信しております。

①最新情報

②価格変更

電話番号・住所登録も不要!

詳しくはこちら