生活動線を考えた収納設計で心地よいマイホーム生活を


注文住宅の特権をフル活用して、生活動線を考えた収納を採用した設計で心地よい暮らしを手に入れたいと思って始めたマイホーム計画。

始めから「マイホームを建てるなら注文住宅!」と夫婦で決めていました。

理由は至ってシンプル、間取りや収納スペースを自分達で決めたかったからです。

間取り設計で生活動線を考えた収納配置が実現できれば生活は快適に

戸建の収納は延床面積の10%が目安と世間一般的に言われています。

ハウスメーカーの営業マンとの間取りの打ち合わせでは、収納場所も慎重に決めました。

憧れていた「ウォークインクローゼット」を2階の主寝室にして各部屋に収納スペースを確保しました。

ウォークインクローゼットは物を出す時不便

ところが家が完成して、しばらく住み始めてから気付きました。

あれだけ憧れていたウォークインクローゼットは広くて何でも収納出来る代わりにモノを出すことが大変と…。

広くて奥行がある分、出す時が不便です。

収納をただ設けるということではなく「何をどこに収納するか」というポイントを押さえて間取り設計しましょう。

重要なのは効率的で使い勝手が良い収納を十分に配置すれば、心地よい暮らしが出来るという事です。

生活動線を考えた収納は便利

ではどのような収納が便利なのか?というと、1階のリビングへ行くまでの廊下や玄関横などにコート用のクローゼットを設けるなど具体的な生活動線を考えてみることです。

冬の寒い季節、帰宅後すぐにコートを掛けられるスペースを作ればコートを置きっぱなしにすることなく暮らせます。

普段使うカバンや小物、子どもの通学通園用品なども良いでしょう。

トイレ水回りの収納

トイレや水回りも収納があれば大変便利です。

トイレではトイレットペーパーなど何気に大きくて場所を取る為、我が家では奥行がある収納スペースにしています。

ニッチ棚の採用

あと「小物を飾りたいけど壁に穴を開けるのは嫌!」という声をよく聞きます。

そんな時はニッチ棚を始めに考えておきましょう。

壁厚を利用した「見せる収納」をすればインテリアが楽しめます。

ハイセンスでオシャレな雰囲気で暮らせます。

生活動線を考えた収納を間取り設計で取り入れ快適に

自分の家を建てることは、ほとんどの人が人生で初めての経験です。

注文住宅では間取りやデザインなど考える項目は沢山あります。

沢山考える項目がある中で「注文住宅の特権」をフル活用して、生活動線を考えた収納計画をしましょう。

そうすれば心地よい暮らしが実現出来て素敵なマイホーム生活になるでしょう。

岡山県E様

マイホーム探し中
生活動線を考えた収納の位置なんて考えたことなかったけど、便利であることは間違いなさそうだね。
不動産屋
計算して動線を考えた収納をうまく間取りに落とし込めれば毎日の生活を快適にしてくれる!

家族みんなの生活スタイルを頭に入れてハウスメーカーと設計の打ち合わせをしていこう!

収納に関する体験談一覧





 

無料で利用可能!
ハウスメーカー比較サイト

一括比較サイトの定番!
間取りや見積もりをもらいネット上で比較もできる!