注文住宅で予算オーバーした時は妥協できる点を削っていく

兵庫県・20代・女性の体験談です。

スポンサーリンク

注文住宅の予算オーバーは予め明確にしておいた優先順位で対応

マイホームの購入は夫28歳が私が29歳の時に注文住宅を建てました。

土地が600万円。建物が2,800万円。土地建物で3,400万円のマイホームでした。

子供のことを考え注文住宅を

子供ができ、元気に走り回れるマイホームがほしいと思いました。

当時はアパートに住んでいました。子供が大きくなれば、走り回る事も増え、下の階の方への迷惑になってしまうと心配になりました。

子供は家では静かにしなければならないという事は、大人の事情であり、子供には何の罪もなく大人しくしなければならないのか、と思うと可哀想に思いました。

そこで、戸建であれば好きなだけ自由に遊びたい時に遊べると思い、購入を考えました。

注文住宅は楽しかった!

上司の知り合いに不動産会社をしている方がいたので、その方から土地と工務店を紹介してもらいました。

率直に、とても楽しかったです。

色んなハウスメーカーや工務店などを巡り、生活の工夫や、デザインなどをたくさん見ました。

生活動線の工夫やアイデアを見て、自分の家に生かせれるものを工務店の方に伝えたり、間取りを描いて取り入れて頂いたりしました。

また、アパートの家賃と毎月の住宅ローンの支払いを比べると差があまりなく、子供が自由に遊べる環境は戸建であったのでその点も満足しています。

注文住宅は予算オーバーにおちいりがち!?

住宅展示場のモデルハウスを見ると、良いものは嫌でも目についてしまい、ランクがどんどん上がってしまいました。

予算オーバーをしないようにしていても、妥協ができなくなると高くなってしまいます。

外構は住んでから決めればよかった

外構は住んでみてから塀の高さなどを決めれば良かったと思いました。

いざ、リビングで寛いでみると、塀が高すぎた、外からの視線が気になる場所があるなど、生活の中での行動によって外構工事を決めていくべきだったと思いました。

外構に関する体験談一覧

注文住宅での予算オーバーに直面した時は優先順位を振り返る

注文住宅での、あまりの予算オーバーは生活には困りますが、せっかく注文住宅を建てるなら妥協できない点と、ここは我慢しても問題ない点を初めから分けておくことで、全てにおいて我慢をしなければならないという事は避けられます。

いわゆる優先順位を予め決めておくという事です。

あまりに我慢をしてしまうと、注文住宅を建てた後にこうすれば良かった、という後悔が大きく残ってしまいます。

どんな注文住宅にしても、どこかに必ず後悔は出てくるものなので、なるべくその後悔を小さくするために、コンセントやスイッチのデザイン一つにしてもしっかり自分達で選び、生活を想像する事をおすすめします。

 

マイホーム探し中
注文住宅では確かに住宅展示場に行ったりするとオプションに目移りして予算オーバーしてしちゃいそう。
不動産屋
注文住宅は建て終わるまで価格が決まらないものだから、予算オーバーを見越して予め必要なものの優先順位をつけておくことが大切。

いざ予算オーバーに直面した時にその優先順位が手助けしてくれる!

【予算オーバー注意】注文住宅の価格は建て終わらないと決まらない

2017.02.24





スポンサーリンク