単純にハウスメーカーと工務店の価格差で決めるのは要注意!

単純にハウスメーカーと工務店の価格差でマイホームを建てる会社を決めるのは要注意!というお話です。

私たち夫婦は共に32歳の時に土地建物総額4,300万円の注文住宅を建てました。

マイホーム探しのきっかけは、賃貸アパートに住んでいて、カビと結露で一部屋が使用できなったことが、ストレスとなっていたことでした。

インターネットで物件検索をしたり、住宅展示場やオープンハウス見学などいろいろ足を運んだりもしました。

半年間動いて色々勉強できて楽しかったです。

ただ土日しか動けなかったので、子どもに退屈な思いをさせてしまったと思います。

それに、私たち夫婦も疲れていたと思います。

選択肢が多すぎて、決めるのは難しかったです。

スポンサーリンク

ハウスメーカーと工務店の価格差で決めて後悔

色んな家を見て回り、最終的に間取りや予算を考えたら賃貸で我慢しているよりも、マイホームを購入した方が良いと感じたので購入に至りました。

価格差で即決したが、補修もしてくれず裁判へ・・・

そんな中、失敗談があります。

契約を2社と迷っていた時に、300万安くすると言われて即決したのが間違いの始まりでした。

家を建ててから、補修依頼をしても全く対応してくれず、電話も居留守を使われて何にも連絡出来なくなりました。

その結果、最終的に弁護士を通して補修依頼をしてもらい、今月末に和解することになります。

5年間嫌な思いをし続けて新居に住んでいました。嬉しいはずのマイホームが、ストレスが溜まる場所になってしまっていました。

弁護士費用など無駄なお金も発生し、打合せに出向いて気持ちが落ち込み悲惨でした。

あの時、工務店でお願いせずに、ハウスメーカーと契約しておけばと、大変後悔しています。

表面的な金額の価格差に惑わされてはいけない

表面的な見積もり金額に惑わされず、会社の規模と保証が安心できるかに注意が必要です。

同じ工務店で家を建てた方に直接聞けるようなら、質問してみるのも良いと思います。

家に住んでいると色々と補修が出てきます。

ハウスメーカーと工務店の価格差で安易に決めてはいけない

まずハウスメーカーや工務店と契約する際は、会社の中身を確認して家を建てた後にメンテナンスしてくれるかをしっかり確認して欲しいです。

メンテナンス費用を積み立てして下さいと言われたら、大体いくら必要かも聞いておくと良いと思います。

それと、お金は家が建ってから残金を支払った方が良いです。

途中で、逃げられたら大変です。

その際は、自分たちで補修したりする必要が出てきますので。

宮崎県30代女性



スポンサーリンク