家を建て終えてハウスメーカーを比較すべき意味が初めてわかった

恥ずかしながらハウスメーカーを比較すべき重要性をマイホームを建て終え、実際に住み始めてから初めてわかった話です。

30代の時に神奈川で土地建物総額6,000万円で注文住宅を建てました。

スポンサーリンク

ハウスメーカーを比較してじっくりマイホームを建てるべきだった

 

マイホーム探しのきっかけは、両親との同居を考えての事でした。

建てる前に色々な住宅展示場を見に行き、色々な人の話を聞いたりとても楽しかったです。

特に内装やインテリアのデザインを決めたり探したりする時が一番楽しかったですね。

ハウスメーカーの決め手

最終的にハウスメーカーを決めた一番の決め手は耐震の精度でした。

また、たまたまそこのハウスメーカーに知人がいたので色々な面で良くしてもらったのです。

購入を急いでしまっていた

沢山のハウスメーカーを見て耐震面や機能性を見て決めたのですが、丁度期限付きで家電プレゼントというキャンペーンをしていて、その特典をもらうために着工を急いでしまいました。

もう少しじっくりと間取りを考えていたらと改めて思っています。

ハウスメーカー比較と先人の失敗談は重要

マイホーム購入に焦りは禁物

急がば回れではありませんが、マイホーム購入で急いだりあせって決めては絶対ダメです!

なかなか素人が設計図面だけを見ても実感がわかないものです。

出来上がってからもう少し広くしてればとか、何通りかの間取りを作ってもらってじっくり検討すれば良かったと、今かなり後悔しています。

一つのメーカーさんだけではなく、いくつかのメーカーさんに図面をあげてもらうことが出来ればその方が良いと思います。

先人の失敗談も参考に

 

マイホーム購入は簡単な買い物ではないので、沢山のハウスメーカーを見たり、家を建てた人の話を聞いたり、又モデルハウスだけではなく実際建てた人のお宅を訪問させてもらったりするのが現実的でいいと思います。

現実予算の問題が一番ではないかと思いますが、地震など天災の時安心していられる家が一番ですよね!

耐震性や地盤面も重要視することをオススメします。

やはり沢山の方の失敗談を聞くのが一番いいと思います。

神奈川県30代女性





スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。