地元工務店で建ててわかったハウスメーカーとの違いは臨機応変

私がちょっと無理してでも注文住宅を建てたのは、不必要なものにお金を掛けることなく、シンプルで無駄のない空間で肩肘張らずに過ごしたかったから。

モデルハウスへ足を運んで、色々と見て回っていたのですが、営業マンから「この最新の作りや設備がいいんです」というのをどうしても強く感じてしまい、私にはちょっとお腹一杯。ただこの辺りは人それぞれ求めているものが違いますから、そういったものを見ることが出来るというのは家作りにおいて大事な判断要素になることは間違いないです。

 

スポンサーリンク

大手ハウスメーカーと違う地元工務店の独自のプロ意識に感心

私が家作りをお願いしたのは、地域密着型の紹介があった人の注文しか受けないという工務店。何かあれば駆けつけるし、自分たちが建てた家に住んでいる限りは責任を持つというモットーを持っていました。設計を頼んでいた建築士と縁があったのでお願いすることができました。

 

地元工務店の仕事には感心

実際の仕事には感心することばかりで、納期の余裕があっても夜遅くまで作業されている大工さんは、「早く出来る分にはお客さんも嬉しいでしょう」と言われるし、「このデッドスペース勿体ないし外から見るようなものでもないから、棚付けといたから良かったら使って」などなど。

階段途中の窓が開けられた方が風通しが良かったかなという自分の発言に「気づかなかった、申し訳ない」と窓を変更、追加料金も無し。

 

地元工務店のプロ意識の高い仕事

また作っている最中にも新しい提案をいただき、工事の変更に伴った追加料金については、必ず慎重なご相談をいただいてからの進行。

とにかく、そのプロ意識の高さを常に感じることができました。結果的にももちろん満足のいく家となりました。

 

地元工務店か大手ハウスメーカーかは方向性で検討するべき

建築中に何度か足を運ぶことができる人であれば、随時相談しながら家作りを進めていける小さな工務店の融通にはメリットがあります。ただ簡素な家にしても、大手ハウスメーカーのものに比べると価格的に高くはなりやすいです。

モデルハウスで見るようなハウスメーカーに依頼すると、コストが抑えやすく出来上がりのイメージがしやすいというメリットがあります。また最新の設備のもののほうが、その後の長期に渡るメンテナンスを受けやすいかもしれません。

 

家作りにおいて何を重点としどのように関わっていくかで、依頼先を選ぶと良いと思います。

神奈川県T様



スポンサーリンク