新築注文住宅でのコンセントの数や位置は非常に重要なポイントだった

芝生の上でマイホームに向かって伸びるコンセント

新築注文住宅を建てるにあたり、

  • コンセントの数
  • コンセントの配置・位置

は非常に後悔談が多いというのは頭に入れておきたいところです。

 

ここでは、新築を建ててコンセントの数や配置(位置)、設置場所、種類などで失敗談(+アドバイス)を取り上げていきます。

自身のマイホームのコンセントプランに参考になれば幸いです。

 

新築注文住宅でのコンセントの位置や数の失敗談(神奈川県S様)

完全注文住宅で新築しました。間取り、部屋の雰囲気等、すごく気に入っています。

失敗点を、強いて挙げると、コンセントの配置です。

 

コンセントは、TV、キッチン家電、エアコン、トイレのウォシュレット等の家電をどう配置するか、あとはネットで一畳当たりの目安数を調べて決めました。

TV周りは、CA-TV、HDD、WIFI、Wii-Uがありますが、壁からTVまで5個口の延長コードを使い、配線の収納箱を通販で買って収納しましたので、見栄えよくできました。

でも失敗したのが・・・、

1:掃除機をかける時に対するコンセント配置

部屋ごとに一つのコンセントから掃除できるようにコンパスで円を描いて配置したんですが、実際は、ベッドや家具を置くので直線にはならず、一つのコンセントで届かない部屋ができました。

廊下も考えてどの部屋のコンセントで掃除するか、特に階段は、上からでも下からでも届かない場所があって、延長コードが必要になりました。

かなり余裕を考えておけばよかった。大失敗。

2:立って使う家電に対してのコンセント位置

我が家では毎日コーヒーミルで豆を挽いて、ドリップコーヒーを作ります。が、そのコーヒーミルを想定したコンセントがなく、低いコンセントに挿してしゃがんで挽いています。普段はいいですけど、お友達をお招きしたときに、しゃがんで挽く姿が少し恥ずかしいです。

また、我が家では使いませんが、フードプロセッサーとか使われる場合には、手を伸ばさず、立って差し込みできるコンセントがキッチンにある方がいいでしょう。

3:屋外のコンセント配置

車の掃除用に、屋外にもコンセントを設置しました。その場所、高さが、エアコンの室外機にもろかぶり。すごく差し込みしづらいです。まあ、主人の仕事なので、私はあまり困りませんけど。

また、家周りを高圧洗浄機で洗う場合は、家の周りをぐるっと水回りも考えておく必要がありますね。

あと電気自動車を買われる方は、駐車場に充電用のコンセントも考えた方がいいですね。

新築にあたりコンセントの数は多くてもよい。配置も重要

 

最後にこれから注文住宅を考えている方へ、将来的に精米機、子供たちのスマホとか家電を買い足しますので、コンセントの数は少し多くてもいいと思います。

もちろん私の体験談からわかるようにコンセントの位置・配置も非常に重要なため実際の生活を十分考えて決めていくことで快適さを獲得できると思います。

 

コンセント類(電源・テレビ・ネット)の位置について(K様・女性)

 

日々の生活に密着しているものの、意外と打ち合わせ段階で細かく詰め切らない項目として、コンセント類の位置が挙げられます。

しかし、ストレスなく、快適な生活を送るためには欠かせないコント類の位置についてご紹介したいと思いますので、ご参考になれば良いなと思います。

3種類のコンセントをそれぞれ考え位置決め

まずコンセント類の配置を考える際に大切なことは、できる限り具体的に生活空間や生活動線をイメージすることです。

戸建てで代表的なコンセントの種類として、電源コンセント情報コンセントテレビコンセントの3種類が挙げられます。

3種類全ての機能が必要な場合には、マルチメディアコンセント、その他の場合にはそれぞれ単独の機能のコンセントを設置しました。

例えば、リビングでテレビを設置する場合、電源コンセントとテレビコンセントは必ず必要になりますが、インターネットも使いたかったので、情報コンセントも必要になり、3種類の機能が備わったマルチメディアコンセントを設置しようということなりました。

また、電源コンセントは最低でも各部屋の対角線上に配置しました。これは、掃除機の電源コードの長さを考えると、少なくとも対角線上にあれば、電源コードが届かないという事態は避けられると考えたからでした。

コンセントの設置数も重要

また、昨今の流行りではありますが、我が家でもリビング学習用のスペースとしてリビングの一角にカウンターを設けていますが、そのカウンター上に2口の電源コンセントを設けました。

これはタブレット学習やCDプレーヤーを使う時に便利で重宝していますので、もしそのようなことをお考えの場合にはお勧めです。

2階には将来、子ども部屋として2部屋に分ける予定の部屋が1室ありますが、その部屋に関してはマルチメディアコンセントを2カ所設けました。

2部屋に分けた後に追加工事が発生することを防ぐためです。廊下や玄関にも忘れずに電源コンセントを設置しておくと便利です。

 

ただ、例えば日常的な掃除はコードレスの掃除機で行なったり、家の中のインターネット環境は全て無線LANで対応するという場合には、電源コンセントや情報コンセントの工事個所を減らすことも可能ですので、ぜひ検討してみてください。

ちなみに、我が家では竣工後3年目にコードレス掃除機と無線LANを導入したため、少しコンセント数が多かったなぁと感じています。

新築のコンセント位置決めは平面図への落とし込みを

コンセントの位置計画を立てる上でお勧めするのは、計画段階で使用している平面図を使って、生活動線とコンセントがあったら便利だなと思う場所を具体的に赤ペンで書き入れてみることです。

私たちはこの作業を通して、家具の配置なども併せて考えていましたので、少し手間を感じることもありましたが、新生活への期待も膨らみ、楽しく家作りの作業を進めることができました。

全てをイメージしておくことは非常に難しいですが、ライフスタイルを具体的に想像し、コンセント位置について積極的に家族で話し合って決めていく楽しみを味わうことができますので、ぜひ実践していただければと思います。

 

新築設計でのコンセントの失敗。お任せではいけない(岩手県50代女性)

「マイホームを建てる!」と決めると、ハウスメーカーの選定、見積書の依頼、住宅ローンの手続きと、やらなければならないことが怒涛のように押し寄せてきます。

ハウスメーカーの営業さんがいくらこちらの希望を理解してくれていたとしても、後ろには設計士さん、インテリアデザイナーさん、土木屋さん、大工さんと大勢の方々が控えています。

コミュニケーションが取れているかも大事ですし、現場では、平面の見取り図や、出来上がりのイメージ図から想像できない問題も出てきます。

「クローゼットの位置のせいで、風の通り道が塞がれる」「水道栓の位置で、ウッドデッキの形状を変更」「つけた窓の位置が高すぎて、開閉が困難」などの問題が出てきました。

 

一番の後悔は、「コンセントの位置を、全部自分で指定しなかったこと」です。

2、3か所を指定しただけで、「あとはお任せします」と伝えました。プロなのだから、オーソドックスな使いやすい場所に取り付けてくれるだろうと、短絡的に思ったのです。

しかし、建築のプロではあっても、家事のプロでも、この家で暮らす人ではなかったと想像するべきでした。

 

案の定「家具が置けない」「延長コードを使用しなければならない」という、「使いづらい」コンセントが取り付けられました。

新築の家具配置をよく考えておかなきゃマズイ!家具を揃えようとしたら…

カーテンや照明器具を始め、内装関係も決めなければいけないことが多すぎて、もう嫌になったのが原因です。

「なぜこの辺にコンセントを作らなかったんだろう」と、今でも思うことがあります。

 

マイホームは主婦にとって、「夢」や「憧れ」の対象です。

「お気に入りの家具を置きたい」「趣味のガーデニングを楽しみたい」「日当たりのいいキッチンで効率いい動線で仕事がしたい」と出てくる希望は、「そこでどんな風に暮らしたいか」というソフト面です。

しかし、マイホームの建築とはガチガチのハード面の仕事なのです。その夢と現実の違い、意識の摺り合わせを大事にしていかないと後悔することが多くなります。

そして、ハウスメーカーさんなど多くの方にも、ご迷惑をかけるかも知れないことを肝に銘じてください。

 

コンセント位置は配置図だけでの判断では危険(神奈川県30代女性)

2012年に注文住宅を購入

 

私が家に住み始めてから気づいた、小さいけれどストレスを感じている失敗談です。

マイホームを建てた住宅メーカーでは、標準装備で間取り1部屋につき3箇所まで2口コンセントの位置指定をすることができました。

主人と設計図面を見ながら新生活を思い浮かべ、テレビやエアコン、冷蔵庫などの大型家電の配置と共に、コンセントの位置を決定。

そこから、残りのコンセントの配置場所を考えました。

我が家ではコード式掃除機を使っているので、コードが届くのはこの辺りだから差し替えられる場所に…。

食卓テーブルでホットプレートも使うからテーブルの近くに…。

子どもが大きくなったら勉強する机の近くにも…。

と、位置決めはスムーズにできました。

 

図面上での判断で失敗

しかし、生活してみると微妙にコンセントの欲しい位置が違ったのです。

ホットプレートを食卓テーブルの上で使うとコードが斜めにビーン!

キッチンでミキサーを使うと、作業台背面のコンセントからコードがビーンと張った状態になってしまいました。

原因は、平らな図面上でコンセントの位置を決めていたから。テーブルなどの高さを考慮していなかったのです。

 

家事や子育ての慌ただしさの中で、延長コードを出したり、物を動かして戻すという作業は、正直なところストレスを感じます。

今さらですが、キッチンの作業スペース前面にも調理器具用にコンセントが欲しかったなと思います。

 

2つのアドバイス

同じような失敗をしないために、私が考えるアドバイスが2つあります。

 

1つ目は、家にある家電のコードの長さを測ってメモすることです。

モデルルームへ行くと、どうしても間取りや広さ、動線について目が行きがちになりますが、ここでメモの出番です。

メジャーも持参して、家電をどこでどのように使うのか測りながらイメージをふくらませてみてください。実際の新生活に近づけると思いますよ。

 

2つ目は、普段は収納している季節の家電(ストーブや扇風機など)を使うときの場所を考えておくことです。

エアコンの反対側に扇風機を置くなど、部屋の温度を効率良くコートロールできる場所に家電が置けると、より一層マイホームが快適になりますよね。

みなさんがたくさんの体験談を通じて、素敵なマイホームを建てられますよう願っています。

 

注文住宅でのコンセントの数は具体的に検討すべきこと(茨城県40代女性)

2011年に土地と家を購入(注文住宅)

 

家と土地のセットプランで、家のグレードにより値段が違うというプランでした。外壁や壁紙、サッシの色などは好みのものにしてくれました。

コンセント(結構重要ですよね!)の数は決まっていましたが、場所は好きな所に付けて貰えます。

マイホームを持つ直前は、マンションに住んでいたのですが、「んもう!ここにコンセントが欲しいのに~!」

という不満やプチイライラがありましたので、建設会社の方、夫とよくよく想像しながら相談をしたのですが、やっぱり失敗したかな~という感じです。

 

コンセントが使えず

PC、電話の配線やWi-Fiのルーターなど、どこに置くか予め決めてコンセントの位置を決めたのですが、犬を飼ったため、犬のゲージにその場所を占領されてしまい、今はインターフォンの下にあるコンセントに、通信機器の線が溢れて…その場所に線が集中しています。

逆に、ここにあったら良いかな?と考えて付けた場所は、犬のゲージに追いやられた本棚の後ろになってしまい、全然使っていない状況です。

二階建てなので、掃除機のコンセントの位置は凄く考えた甲斐もあり、OKでした。

ですが、今はコードレスのダイソンを使っているのであまり意味がありませんでした(笑)

そんな感じで、いくら考えて設置位置を決めても、ライフスタイルの変化などにより、やはりどうしても後悔が出て来てしまうものなのだなぁと思いました。

 

私たち夫婦は、コンセントの数を増やすことも視野に入れたのですが、一個増やすごとに結構な金額が加算されるので、増やすことはしませんでした。

延長コードを使えばいいじゃない?と思っていましたが、私は家で仕事をしている為、FAXが2台あるんですよね…建てた当時は家で仕事をする予定なんて全然なかったのですが(笑)

やはり、何年、何十年と住むマイホームですし、ちょっと大袈裟な言い方をすれば、人生予想しない方向へ進んだりもします。

 

設計時に具体的にイメージ!

コンセントの位置を決めるときに、私が一番引っ掛かっていたことがあるんですよ!

それは、『図面』です!紙っペラに書かれた、配置図を見たって、実際の生活の想像なんて全く出来ません。

なので、もし可能であれば簡素化したもので十分なので、工作用紙などで部屋の間取りの縮小模型を作ってみると、かなり失敗が減らせると思います。

10畳のリビングならその何分の一とか、自分で作りやすい大きさで計算しやすい縮小で作って、実際に購入する予定の大き目な家具(ソファー、テーブル、ダイニングテーブル、リビングボード、本棚)も同じ比率で縮小し置いてみて下さい!

薄っぺらの紙で見るより、余程リアルに新しいマイホームでの生活が想像できると思います。

 

それに、ここが重要だと思うのですが、自分や家族の趣味や好きな事をしたとき、例えば焼肉とか、グルーガン使ってリースを作ったり、ミシンを使ったりとかですね。

その時こそ、『あぁ、ここにコンセントがあって本当に良かった~』ってきっと思える位置を見つけて下さい。

 

そして、もう一つ。PCを良く使う方、私のようにFAX必要な方などは、コンセントの口数を増やしておいた方が、後々『タコ足配線し過ぎじ!?大丈夫か??』などとイライラせずに済むと思いますよ(笑)

コンセントの設置数を増やすのは結構金額が万単位で増えてしまいますが、口数を増やすのは数千円なので、

「タコ足をし過ぎで出火したぁ!」とか、「配線だらけで埃が寄って来て危な!」「配線いっぱいで、掃除が面倒!」となってしまうよりは、ずっと安い出費だと思います!

 

新築注文住宅に住んでコンセントの数が足りないと感じた4項目(栃木県30代女性)

2018年に注文住宅を建築

 

私がお願いした住宅メーカーは、土地購入→間取り決め→電気配線決め→内装決め→外構決めの流れでした。

注文住宅の契約内容や流れについて少しは勉強できていますか?

間取り決めの際、電気配線の事は考えておらず内装を想像しながら細かく決定して、自分で考えた通りの間取りにする事が出来ました。

そして、電気配線決めになり、その当時住んでいたアパートを元にコンセントが必要な家電を紙に書き出し、住宅メーカーの通常数よりも7箇所(コンセント14個分)を増やし決定しました。

いざ住んでみると、「あ、ここにもコンセント必要だったなぁ…。」といくつか思いました。

 

もっとコンセントが必要だったと痛感した4項目

まずは、掃除機のコンセントです。

「あと少しの距離が足りない!」という感じで何回かコンセントを差し替えなければならないのが、とても面倒でした。

 

次は、季節物家電です。

扇風機、ヒーター、石油ストーブ、加湿器、クリスマスツリーなどを見落としていました。

せっかく注文住宅にしたのに、コンセントをたこ足配線にしたり、三又コンセントをつけたりとみっともなくなってしまいました。

 

次は、通信機器です。

引っ越し前はインターネット等を繋いでいなかったので、こちらも見落としていました。

引っ越してから、インターネット工事とwifiを開通しました。

インターネットの本体を置くのに、戸建だと大体場所が限られてくるそうで、テレビ周りに置く事になりました。

そのおかげで、たこ足配線になり、テレビ周辺のコンセントは混み合っています。

 

そして最後に、エアコンです。

電気配線決めの時にエアコンの位置を決定しました。

その時は、あまり深く考えていませんでしたが、エアコンの送風口正面に鴨居があったのです。

そのせいで、エアコンの効きが悪く、せめてエアコンのコンセント位置を少し低くすれば良かったと後悔しています。

 

多すぎるくらいでいいのかも!

季節を通して適切なコンセント量を考える必要がありました。

また、家族が増えたりと生活スタイルも変化するので、子供に必要になるものを考え、生活動線を頭の中でシュミレーションをする事をオススメします。

最近は、便利な家電が多い世の中になってきているので、「コンセントは多すぎるぐらいで良いのかも?」と思いました。

 

注文住宅の設計段階で十分にコンセントの数はみておいた方が良い(徳島県30代女性)

2014年に一軒家を購入

 

今回入念に考えて建てたはずの家の失敗した点を1つ書きたいと思います。

みなさんよく聞くと思いますが、やはりコンセントの位置、数ですね。設計図で大体の場所、数は把握してこれで大丈夫と思うことが多いと思います。

でも、実際住んでみると「あー、コンセント届かない。」「何でここにつけんかったんだろう。」となると思います。

まぁ、まず完璧理想的な家など一回で立つはずはないんですけどね。

 

特にテレビのコンセントは本気で場所を間違えると後悔します。確実に固定するものですし。

延長コードで伸ばせばいいかもしれないですけど、できるだけ配線等は見せたくないですよね。

テレビの位置で模様替えなどすべてが限られてきます。好きなイメージで模様替えしたのにコンセントが遠い!ってありますよね。

うちはソファーの後ろにコンセントがいってしまいました。。。

 

いっぱいつけても何の問題のないものだと思いますので、多めに絶対つけるべきです。微妙な位置、場所とかでも結構使えたりします。

「間接照明買ったけどコンセントが近くにない」 とかそういう問題も解決できます。

掃除機がギリギリ届かないときとかちょっとイラっとします。

うちなんて、延長コードとかでタコ足配線になってます。そして、子供がよく引っかかってます。

延長コード等も便利なのですが、やっぱり配線丸みえなのが気になりますよね。スタイリッシュな部屋にしたい場合などは余計です。

子どもの部屋とかもコンセントを多めにしてないと、ベッドからテレビが見えない状態が発生してしまう恐れがあります。うちはすでに発生してしまっています。

 

設計段階で多すぎだろう。ってくらいコンセントのことは考えた方が良いと思います。

実際建って、コンセント基準で部屋の配置をするのも悔しいです。大体どこの家もコンセント基準になっていると思いますが。。

注文住宅を建てる方は、ぜひ、コンセントのことをもう一度考えてみてください。

 

新築から13年たった今もコンセントについては後悔多々…(青森県39歳女性)

新築13年目です。建てる時にかなり相談に時間を費やし、結局建ててからも後悔していることがあります。

それはコンセントの差込接続器です。コンセントを使用する数と位置・場所には本当に困りました。

 

まず、何をどんな時に使うか考えて、高さや向き等を紙に書き出しましたが、ドアの開く方向や向き等で付けられない場所や、付けられないと分かっていても付けておきたい場所がたくさんあり、何よりも数に困りました。

あちこち付けておけばいいと簡単に思っていたのですが、5箇所以上になると1箇所ずつ費用がかかることが分かった途端、何とか5箇所で済ませようとしたことから始まりました。

しかし5箇所で済むはずもなく、5箇所追加しました。

付けようと思えばあと5箇所以上は必要でしたが、延長コードを使うことで諦めました。

部屋の数に対するコンセント使用数を考えても、5箇所で済むわけがないのです。

場所によっては、棚などを置くことで使えなくなってしまった差込口もあります。

初めから決めておいても無駄だったんだなとも思いました。

 

高さを高くしすぎた場所では、重いバッテリーの充電の際に不安定だったのですが、足が当たりバッテリーが落ちて床に傷が付いてしまいました。

そこで充電したのが良くなかったのですが、これはショックでした。

床から15センチ程の場所でしたが、5センチ、10センチ程の場所で良かったな思います。

炊飯器の裏側の差込口は、湯沸かし器・電子レンジ・オーブントースター、ミキサーやジューサーなど、使う頻度と数が合わず、付けたり外したりしたくないものばかりで、しかも延長コードを置くスペースの無さや剥き出しで置いておくことへの抵抗もありました。

タコ足もあまりしたくない為、本当に困りました。

 

13年目ともなると気にならなくなってしまいましたが、延長コードやテーブルタップもそのタップ自体が大きく、邪魔に感じてしまいます。

家が新しい・古いに関係なく、どの家にも必ずあるコンセント差込口ですが、こんなところには必要とか、ここには必要ないとか、周りの人等に調査をしてみるのもいいと思います。

 

新築での生活開始! も、なくて困った3つのコンセント(岐阜県30代男性)

2016年4月に注文住宅を建築

 

①書斎

私の書斎は座イスでの生活をしたかったので、高さ40センチの位置に板を備えつけもらい、それを机とした。

その机の上にパソコンなど置いて使用するつもりだったので、机上の両脇にコンセントを付けてもらった。

そのコンセントではパソコンや電話等、机のうえに置いて使用するものは良かったが、机の下側で使いたい、扇風機やヒーターなど机に乗らないものの使用時に困った。

どうしても上側コンセントを使用せざる負えなく机の上にコードを這わせ、下に垂らす状態でしか使えなかった。この状態では収まりも悪く、格好も悪くなってしまった。

机下側にもコンセントを付けてもらえば良かったと後悔した。

 

②パントリー

パントリーでは、食べ物や飲み物、そのほかの備蓄をするためにキッチン横に設けてもらった。中に蛍光灯さえあれば良いと思い、コンセントは1つも付けなかった。

最初のころは良かったが、生活していくうちに充電式のハンディ掃除機を買うことになった。

ハンディ掃除機は、すぐに使えてかつ常時充電のできる場所が、、、と思ったが、リビングには隠せる場所もなく、廊下の納戸ではメイン掃除機と同じ場所で意味がなくなり、どうしたものかと考えた結果、パントリーの入り口付近にちょうど納まりの良い場所があった。

だが、最初にも述べたとおり、パントリーにはコンセントが無く、パントリー内から外側コンセントにコードを出して使用する状態になってしまった。

さすがに人目に付く場所でのこの使い方は格好が悪すぎたため、業者にコンセントの増設を依頼して、パントリー内に増設してもらい、念願のすぐに使えてかつ常時充電のできる場所を確保できた。

 

③リビングの棚

リビングには高さ95センチ・長さ250センチほどの棚を備え付けてもらった。

扉をつけて隠せる収納とし、1部分を上板だけで下側を何もない状態にしてもらい、アイロン等ができる作業台のような机にしてもらった。

ここでは、書斎とは逆に下側にコンセントがあるが、上側にコンセントが無かったため、作業時にまたコードの納まりが悪くなってしまった。

 

このようにコンセントの位置は実際に生活してみて気づくことが多いと感じるので、これから建てられる皆さんは、そこは何をする場所で何を使うかなどのイメージを思い浮かべて、見落としがちなコンセント位置を決められるのをおすすめします。

 

ちなにみパントリー内コンセント増設には約12,000円ほどかかりました(汗)

 

新築では「家電家具の配置図」→「コンセントの位置決定」が正解だそうです(和歌山県・女性)

私は注文住宅で長年の夢だったマイホームを建てましたが、失敗したなと思う点がいくつかあります。

 

まずは間取りです。収納スペースが少なかったため物がしまえなくなってしまい、部屋が物であふれかえっています。

賃貸に住んでいた頃は狭かったので、あまり物を買っていませんでしたが、マイホームを建て広くなった事で物が増えました。

しかし収納スペースが少ないためしまう事が出来ないので、もう少し収納スペースを作っておけばよかったなと後悔しています。

そして新しく買った家電が今まで置いていた場所に収まらなかったので、もっと余裕をもって広めにスペースをとっておけばよかったと思います。

 

あとは、コンセントの配置をあまり考えていなかったので、完成後に実際に住んでみて後悔しました。

キッチンでコンセントを同時に使おうと思っても数が足りないので、わざわざ一つ抜いてから使わないといけなく、毎日のことなのでとても面倒くさくてストレスを感じます。

もっと設計をしていく段階で、家具やコンセントの位置、数をしっかりと頭の中でイメージをしてしっかりと考えて決めておけばよかったと思いました。

 

あとで知り合いの建築家に聞いたら、家具と家電の配置をまず図面に書き込んだり、掃除機をかけるコンセントの抜き差しの回数が少なくて済むかを考え、必要なコンセントの数があるかなどを事前に調べておく必要があると言われました。

使う家電を書き出し配置も考え、コンセントの数と位置も設計時に十分シミュレーションしておくべきでした。

そして常に出しておく家電だけでなく、季節によって使う使わない家電も把握した上で考えるべきだと反省しました。

 

これから家づくりをする人は、考えすぎると楽しいはずのマイホーム作りがストレスや苦痛になってしまうので、経験者の意見も参考にしながら家族や設計者と一緒に知識ややりたい事を共用しマイホーム完成まで楽しく家づくりができるといいですね。

 

「ここにあれば」「もっと数が」コンセントの反省(富山県30代女性・2011年に完全二世帯の注文住宅)

私が住宅を建てた後に感じた失敗は「コンセントの位置と数が納得いかない!」という事でした。

家の建設の相談を担当者の方と相談している時は、玄関をこうしたい、床はこうしたい、壁は・・などとワクワクしながら色々と選んでいたのですが、住み初めて思ったのは「コンセント大事!」という事でした。

コンセントの数や位置を決める事にもっと時間を割けば良かったなと思っています。

コンセントの数や位置は図面で見ただけでは想像しにくいですし、他にも決めなければならない事も多かったので後に回しがちになってしまい担当の方に提案して頂いたままでお願いしていました。

そして住み始めてすぐに「もっとコンセントの数を増やせば良かった!」「ここにコンセントがあれば便利なのに!」「コンセントの位置が家具の真後ろにきてしまい使いにくい!」などと沢山の不満が・・。

 

例えば、キッチンは後方にしかコンセントを付けていなかったのでキッチンでフードプロセッサーなどの調理道具を作りたい時はわざわざ延長コードで後ろから繋がなくてはなりません。

面倒ですし、動く時にコードが邪魔にもなりますし不便です。手が届く全面にも付けておけば凄く便利でしたよね。

あと、テレビ周りは数をもうちょっと増やせば良かったです。

テレビ周りはDVDレコーダーやネット関係などの線も多いので、すぐにコンセントが埋まってしまい、何個かは別の場所に繋ぐことになってしまいました。

 

では、どうすればこのような失敗を防ぐ事ができたのでしょうか。

まずはコンセントの位置や数は担当者の方だけでなく電気工事の担当者や内装の担当者さんにも相談してみましょう。

他の方の家を建てた時にここにコンセントを付けたら便利そうだったなどの意見を教えてくれたりもします。

あとは、女性のスタッフの方の意見も。コンセントの数や位置で不満を感じるのは女性が多いと思います。

女性スタッフに女性目線からアドバイスを貰うことはとても助かりますね。

何となくでコンセントの数や位置を決めずに、1度図面を見ながらそこに置く家具やまわりに置く電化製品、そこで使うアイテムなどを考えて慎重に決定しましょう。

 

大工視点でもコンセントの数は重要と言える(兵庫県30代男性・2010年に注文住宅)

職業柄、自分の家を自分で建てるという事になり、間取りから床の材質や色、壁の仕上がりや外壁の色、断熱材の材質やその他すべて自分で考えて施工しました。

家は3回建てて住まないと満足の行く家は出来ないと噂で聞いていましたが本当にそうだと今実感します。

間取りは、16畳のLDK、6畳和室、ユニットバス、脱衣場、トイレ(一階、二階)、二階は6畳子供部屋が2部屋、8畳寝室でこじんまりした大きさの家ですが、家族4人で住むには調度良く大きさかな?と思います。

念願のマイホームということで頑張って建てました。

施工にあたって気をつけていた事は、失敗しない事!材料が余分にかかってしまい、お金も余分に必要になりますからね!長い年月、生活するので長持ちするように色々工夫しました。

住みやすい空間デザイン構造的な事などですが、コンセントの位置、数量等は、電気屋さんに任せておりました。これは失敗したかな?と思っています。

 

人生で一番高い買い物は、マイホームです!人生の育児から老後までの長い年月を過ごす家は、便利で快適でなければ意味がありません。

その要素としてコンセントの位置確認、高さ確認、数量は、多くの方が見過ごしやすい事柄です。

何故なら実際に住まないとわからないからです。ポイントは、家具や、テレビ台、設備機器等の配置によって決めます。

テレビ台の高さによってコンセントの高さが決まりますよね。多くの場合テレビやテレビ台で隠れるように後ろに配置します。

またレコーダーや後付スピーカー等の数によりコンセントの数も増やさなければなりません。

あとは、エアコンですが、各部屋に設置できるようにコンセントは仕込んだおいた方が無難です。

部屋のどの壁に付けるか、それによって室外機の位置も関係してきます。

エアコンのコンセントは100ボルトか、200ボルトかによってエアコン大きさも変わります。

LDKのような広い空間なら200ボルトのエアコンでないと対応できませんよね!

子供部屋のコンセントは、勉強机やベッドの配置や、使用する電気機器の数によって決めなければなりません!

足りないより、余るほうが良いと感じるかもしれませんが、多くありすぎると、デメリットもあります。

固定資産税額を決める要因の一つにコンセントの数もあるようなので、程々が良いです。よく考えて生活しやすいように検討してください。

 

【関連】