注文住宅における「コンセント」と「照明」についてのアドバイス

板の上に置いてあるピンクの屋根のマイホーム模型

注文住宅の設計の打ち合わせが始まると

  • コンセント位置
  • 照明

など普段あまり考えないことで悩まれると思います。

照明はこだわったつもりで、例えば、廊下はあえて照明をつけず、廊下のスタンドライトのみで照らすようにしたりと、暗さの中の明るさを演出したつもりでしたが、あとから奥さんから

暗い!

と怒られました。私としては、今でも気に入っていますが。そんな私のコンセント配置と照明の考えと反省をまとめてみたいと思います。

 

注文住宅における「コンセント」配置について

 

コンセントについては、基本的には、リビング、寝室、こども部屋ではすべての壁面にコンセントを設置。

模様替え等で、最初にイメージした家具の配置と変わる事があるので、最初のイメージだけで考えて、コンセントを配置すると失敗のもとになってしまい、延長コードを使ったりすることになります。

 

キッチンのコンセント配置

キッチンでは、冷蔵庫や電子レンジのコンセントは想定されて配置されていると思いますが、ジューサーやミキサーなどを使うときのコンセントがない事があります。

高さのあるカウンターのそばにコンセントを配置すると、料理しやすくなります。食事の時にホットプレート等を使うときのコンセントの配置も考えておくとよいでしょう。

 

廊下・玄関のコンセント

廊下や玄関にはきちんとコンセントを配置していると思いますが、少なくとも1つ以上あるのを確認して下さい。

 

クローゼットのコンセント

クローゼットにも、コンセントがあると便利な場合があります。

特にウォークインクローゼットの場合、除湿器をつないだりするのに便利です。最近ではコードレス掃除機の充電をクローゼット内でスマートにできるという点で注目も集まっています。

 

廊下の飾り棚にコンセント

飾り棚を廊下等に設置する家もあると思いますが、飾り棚にコンセントを設置しておくと、ランプに明かりをつけるなど飾り物のバリエーションが増えます。

 

トイレのコンセント

トイレは洗浄機能がついている便器がほとんどなので、必然的にコンセントがつくと思います。私の場合はトイレにて、電気ストーブやノートパソコン、ランプを使用したりするので、増やしてもらっています。

トイレには必要に応じてコンセントの数を増設することをおすすめします。

 

注文住宅における「照明」について

最近の家はダウンライトが増えている気がします。ダウンライト自体はかっこよく見えますが、

  • 奇数個おくのか
  • 偶数個おくのか
  • 直列でおくのか
  • 並列でおくのか

でデザインが変わって見え、決めるのが難しいです。

私の場合は、リビングに3個を3列で設置して、1列ずつスイッチを割り振り、列ごとに消せるようにして、節電したりしています。

 

ダウンライトは明るすぎる?

失敗したのは、寝室です。調光機能付きのLEDのダウンライトにしたのですが、一番暗くしても明るいのです。LEDのペンダントライトと比べたのですが、やはりダウンライトは明るすぎます

特に赤ちゃんのいる家庭では赤ちゃんの目にまぶしすぎるようです。我が家の場合は、コンセントにつなぐランプで夜の明かり取りにして、部屋の電気は消して寝ていました。

 

洗面化粧台は昼光色がおすすめ

昼光色や電球色は選び方もご存知の方も多いと思いますが、化粧台や洗面台の明かりの色は昼光色にした方が良いようです。

私の場合は、洗面台を電球色にしてしまったので、奥さんから、

電球色は化粧ののりが分からず、厚化粧になってしまう

と見たことないパンダみたいな化粧で言われたので、すぐに昼光色に変更しました。

 

トイレの人感センサーはおすすめしない

玄関やトイレは人感センサー付きの照明にする事が多いと思いますが、トイレが長い人は人感センサーはやめた方が良いです。

トイレ中に真っ暗になって、手を振ったりして、スイッチオンにしなければいけません。私はトイレで本を読んだり(トイレに本棚を設置するくらいです)、パソコンをしたりするので、もちろん、人感センサーはつけませんでした。

 

廊下の人感センサーはおすすめ

人感センサーをつけて、便利なのは廊下です。

夜中も廊下に出るだけでついてくれるので、スイッチを探す必要もないし、人が来るのが分かるので便利です。人感センサー設置にあたっては、センサーの反応距離・角度を確認しておきましょう。

 

注文住宅の「コンセント配置」「照明」で失敗しないように

照明やコンセントの配置は、建ててから変更が効きにくいので、ハウスメーカーで体験したり、今の家での不満をしっかり確認して、後悔がないようにしましょう。

山形県Y様

 

【関連体験談①】注文住宅で「明るい」を目指しつくった家が生活すると暗い!?照明はこのままではダメ…(広島県30代女性)

2016年に注文住宅を購入

 

注文住宅を購入してから3年ほどたちます。私は一度離婚しており前の夫が一級建築士(になったばかり)ということで、フルオーダーの家なのですが、これは失敗したなと思うことが一つあります。

それは家の「明るさ」です。

電気代節約のためもあるのか、この家は壁の上部分がガラスになっており、窓際から自然光を各部屋に取り込むことによって、不要な照明をつけなくても良いように施工がしてあります。

当時は家そのものを元夫に任せっきりで、あまり気にも止めておりませんでしたので、素人である私は「何もしなくて良いから楽だな」くらいに思っていました。

とある事情により、家の引き渡し時にはすでに別居しておりましたので、結果一人で私はその家に住むことになりました。

 

ですが、これが致命的に家全体が「暗い」のです。

私は目が悪いので、埃が溜まっていても見えづらく、子供も小さいのですが、汚いところにハイハイしていても良く見えないので気がつくと埃の王様を手に握りしめています。

なので腰をかがめて目をこらしながら、掃除機をかけています。

また洗面所にはかろうじて小さなダウンライトが付いているのですが、つけても暗く、お化粧をするときは濃さが良くわからず、最初のうちは、わざわざ窓際の明るい部屋に鏡と化粧品を持っていき、そこでするようにしていました。

ちなみに家中が暗いわりに全ての照明がLEDのダウンライトで、なぜそうしたのか今となっては謎ですが、全て明るいものに電球を取り替えなければいけませんでした。

 

家って実際に住んでみないとわからないです。

おしゃれな雰囲気も大事ですが、家づくりには実際に住む人がきちんと介入することも然り、全部自分でしてしまおうとせず、プロの目から見たアドバイスなども聞き入れながら、色んな人の目を通してもっと慎重にするべきでした。

一度失敗すると取り返しがつかないし、それをやり直すのはとても大掛かりでお金もすごくかかります。そうでないと些細なことが生活に直接関わってくるので、本当に不便です。

 

【関連】注文住宅では照明計画もお早めに!!