一人社長の事務所探しはZoom(ズーム)に適した環境であることも重視される傾向に【コロナ禍】

事務所の仲介もちょこちょこお手伝いをする。

最近、コロナの影響もあり、ズームの仕様が盛んに。

一人社長の事務所探しの際に使用に適している物件かどうかという視点を持つ方が何組かいた。

今後もこの視点はなくならないであろう。

ズーム使用に適した事務所探し

一人社長や個人事業主でシャアオフィスを借りている方も多い。

そんな中、このコロナ禍でみなで同じ空間を利用する働き方に抵抗も出てきているよう。

一人不動産屋としてオフィスを仲介することもあるため、これらはご本人達から聞いた話。

内容としても、そうだろうなと思う。

 

シャアオフィスを借りる理由は、単純に賃料の安さが魅力。

だが、このコロナ禍でもう一つの問題もあるという。

それは、ズームを使用した打ち合わせの際に、シェアオフィスであると周りに迷惑がかかるという問題。

これについても納得がいく。

そうなってくると、借りる事務所物件としての候補は、賃料をおさえられる小さくてもいい独立方の物件となる。

実際にそういったご案内もこのところ増えてきた(私の場合)。

関連:コロナ禍で一人用コンパクトオフィスの需要急増!?

この、ズームに適しているかどうかという視点は何か新しくも感じる(私が遅れているのかもしれないが)。

このところ、連続して耳にしたことなので、参考に頭の片隅にいれておこうと思う。

 

一人社長にとってズームは強い味方

一人社長や個人事業主、一人で士業を営まれている方にとってズームなどのオンライン商談・会議ができるツールの普及は追い風となる。

なにしろ効率が非常にいい。

私自身も一人不動産屋のため、今後は使用について考えていかなければならない。

賃貸で前をいっている不動産会社などでは、すでにオンライン重説も行っている。

売買についてもオンライン重説について解禁となるような話も出てきている。

このあたりは、一人不動産屋としても、有効活用していかなければと思う。

(まだ、ズームを使ったことはないのだが…)

売買の申し込み時の説明や住宅ローンの資金計画について、物件の詳細な説明など売買の商談についてはズームは相性が良さそう。

このあたりは、取り入れていくべきところだと感じている。

 

一人不動産屋として一人社長の物件案内はかなり共感できる部分もあり、話もはずむ。

私自身は路面店である程度コストをかけて営むことを選択中だが、別の考え方を別の業界の方から直接聞けるチャンスともなる。

関連:一人不動産屋で路面店を選択した3つの理由。不動産屋が不動産で勝負!

経営をしている同士のため、有益なお話も聞くこともできる。

更に審査時には、決算書も添付頂くため、それらに目を通すことにもなる。

不動産屋としてのポジションニングで勉強をさせてもらっている(もちろん守秘義務あり)。

そんな中でも最近耳に残った、ズームに適した事務所かどうか。

この物件探しの条件については、これからも質問を受けることになるだろう。