まさかの家を衝動買い!後悔しないように頑張っていきます!

家の前で握手

家を衝動買い!これから後悔しないようにせねば(東京都30代女性・2019年に建売購入)

我が家は小さな子供が3人、主人は船員をしています。長男の小学校入学を機に、1年半前に遠方から都内に引っ越してきました。

まったく馴染みのない地域に越してきたので、まずは賃貸に。地域が気に入ればいずれ住宅購入したいという考えでおりました。

引っ越してきた当初から、住宅販売の営業にきていた某不動産会社のAさん。

賃貸の家賃をそのまま住宅ローンに充てれば、家が買えますよ!一度我が社の建売物件を見に来てください!と言われていましたが、船員で不在の主人はなかなかタイミングが合わず(主人はたいして乗り気でもないので)。

引越しの際、我が家の貯金はほとんど使ってしまい、頭金や諸費用も用意できません。

でも、いずれ家を買うためにイメージを沸かせるため・・・引っ越してきて1年がたった頃、やっと主人の休暇が都合がつきとりあえず家を見に行くことになりました。

 

物件を見る前に、Aさんと部長さんに源泉徴収を見てもらい、「これなら十分買えますね」と住宅ローン支払いの算段をざっくりたててもらいました。

若いのに力がありますね、などとおだてられ、良い気分になった主人。

その後物件を見に行って、まだ完成していない1軒目に一目ぼれした主人は、なんとほとんど即決で物件購入を決めてしまったのです。

(私が落ち着いてほしいといっても無駄でした)

主人が休暇のうちに(残り3週間)手続きや住宅ローン契約、引き渡し、引越しまでしないといけないということで、急ピッチで手続き、家の工事を進めていくことに。

結果的に主人がいるうちに引越しまで完了することができましたが・・・こんな衝動買い、ただただびっくりです。

 

思いもよらない衝動買いで、私の知識が追いつかず、住宅ローンを組む銀行や団信のリサーチなど、いろんなことが不十分でした。(どっちにしても不動産会社に任せなければ主人のタイムリミットには間に合わなかったと思いますが)

そして頭金や諸費用もないくらいだったので、なにかと資金計画ができておらず。

固定資産税や修繕費も考えないといけないのに、もっと下調べが必要だったと思います。

しかしながら、家に関しても不動産会社の対応などにもとても満足しているので・・・

ここからお金のやりくりは私の仕事なので、家の購入を後悔しないように頑張っていきたいと思います。

もしまた家を買う機会や買い替え、住宅ローンの借り替えなどすることがあったら、しっかりリサーチして、自分が完全に納得した上で話を進めていきます。

 

関連:家の購入を勢いで決めかねている方へ。我が家の結末を紹介