一人不動産屋を路面店でやる最大のメリットはモチベーション維持!弱い人間である自分として出した結論

一人不動産を路面店やっている身としてのおおきな効力について考えてみた。

後日見返すためにもここに書いておく。

路面店最大のメリットはモチベーション維持!

こと、フルコミの営業をかつてしていた時に、自身のケツを叩けないという弱さを知っていた。

そのため、家では仕事ができないし、空中事務所に一人でもモチベーションを保つことは不可能と自分を定義している。

たまたま出会い、縁もあった今の路面店。こと、満足はしている。

自分の中では今のところ、2つのメリットを強く感じている。

  1. いろいろな人と対話できる
  2. モチベーション維持

一番は特に2である。

やる気が継続すれば、不動産の仕事で失敗するリスクはほとんどないと考えている。

仲介は在庫もいらない。

今までの経験から考え、それを自分の仕事に乗せ換える。

これにはモチベーションの維持が不可欠。

この不可欠のものを路面店は今のところ維持してくれている。

私は結果的に路面店を選択した、一番の功績と考えている。

空中事務所で一人でやれるならそれがいい

生まれ変わっても一人不動産屋をやるのかというと断固NOとなるが、

もし、やるとすれば、空中事務所でも良いと考える。

理由は単純で、固定費である家賃のウエイトは非常に大きいということにつきる。

ただし、空中で一人でやるからには、前提としてサボらない性格を持っていることと考える。

良くも悪くも、一人不動産屋は自由時間がたくさんある。

サボることも容易である反面、結果にも影響する。

息抜きは大事だが、度が過ぎると事業から退場という結果にもなりかねない。

このあたりを考えると、私には路面があっていたのだと考える。

結果的にとはなるが、こういうのも縁というものなのだろう。

 

今となれば、フルコミで働いていたことが大きな選択の判断基準に良い影響を与えてくれた。

自分の経験はどこで生きてくるかわからない。

これからも、やってきたことを生かす生き方ができれば、それはそれで満足感もでるのだろうと思う。

 

一人不動産屋で路面店を選択した3つの理由。不動産屋が不動産で勝負!