ワンルームマンション不動産投資の営業電話をあえて聞く理由

いつの頃からだろうか?

ワンルームマンションの不動産投資の勧誘電話が携帯にかかってくるようになってから数年。

あえて、時間がある時などは一人不動産屋として、営業電話を聞いて話をしたりしている。

ワンルーム不動産投資の営業電話で感じること

電話で腕を固定されて営業電話のイメージのあるワンルームマンションの投資営業。

今時は固定されていないか…(笑)

中古も新築も電話時々携帯にかかってくる。

彼らの会社はリストを購入してかけているため、私の番号も出回っているのであろう。

おそらく、携帯を変えない限りはいつまでも続く。

私の属性なんてそんなよくないのに…

 

別に電話がくるのはかまわない。

忙しかったり、家族といたりしたら手短に切る。

今後もそういった対応でいく。

 

逆に不動産屋としてのメリットもあったりする。

それは、営業手法を学べること。

まずは、この営業マンは売れないであろうと感じたり、

この営業マンは元気もあり、声も良く売れそうだと感じたりできる。

そもそもワンルーム区分投資がどうとかいうのは置いておいて。

もちろん、私の感覚のため営業についての正解ではない。

受けて側として、多少なりともそのあたりは感じ取って勉強とはなっている。

とてつもなく、オドオドした青年も中にはいる。

 

また、よく、話を少ししてみるかと思う時は自分が不動産屋をしていると言っている。

そうすると、「そうでしたか」で終わったり、

「え、どちらでやられてるんですか?」

「どういった不動産業ですか?」

などなど、営業としての切り返しはさまざま。

ときどき、ついつい話込んでしまうこともある。

もちろん、彼らから商品を買うという気持ちはない。

よっぽど利が回る商品であるはずもないため…

 

この、なんとなく話をしたしまう営業マンとはなにか相性があっている場合もあったり、

単に相手方の営業がうまいのだろう。

質問力とか声とか、切り返しかたとか、経験とか。

営業の分析をすることには全く興味もないが、感じて勉強となる。

時には、私の会社名や年齢なども聞かれたりもする。

ついつい答えてしまったこともあったか…

恐らく永久に電話は続くであろう…(笑)

それはそれで受け入れている。

 

はっきりと話すことや経験・場数は大切

これらの営業を聞いて思うことは、はっきり話すことはやはり大切であると感じる。

元気よくとはイコールではないし、大声で話すということでもない。

意見も含めはっきりと話すということ。

声質というのは生まれ持ったもののためしょうがない。

はっきり話すとこは、経験値が増え、場数が増えとなれば備わっていくだろう。

不動産屋でも同じ。

成約を重ねていくことで、生の事例も得ることができる。

それは、大変貴重なものであり、これから会うお客様へ必要であれば伝えることもできる。

これほど強いものはないのでは?

説得力があるのは間違いないし、自信も乗っかっている。

相手が納得するかどうかはまた別の話にはなるが。

 

基本的に天才営業マンでない限りは、経験から学ぶ以外ない。

場数を踏み、経験値を貯め、自分自身のレベルを上げていき、成熟を目指すほかない。

途中でやめるのも自由。

お客様との相性で判断し、自分から引いてもよし。

結果として、契約にならなくてもよし。

こういうことも含め、進んでいけばよい。

私自身も現在はそう考えているし、今後もそうしていこうと思っている。

途中であらたな考え方に転換するかもしれないが、それはそれ。

とりあえず止まらずに、進むことでいろいろと見えてくるし、

結果は大小あれどついてくるだろう。