不動産価格が上がっている理由の一つには一括査定の存在あり

車の売却では以前から当たり前のイメージがある、一括査定。

一括見積りなどとも呼ばれるのでしょうか。

私も何年か前に、車の一括査定をwebから申込みし車を買い取ってもらい、便利なシステムだと納得した経験もあり。

不動産の一括査定、これは私も現在、査定する側として利用しているが、正直、昨今の不動産価格上昇の原因の一つになるのではないかと思う。

車は買取だが不動産は市場に出すというのが前提

まず前提として、車も不動産も売る人にとっては、高く売りたいという心理が根本にはあるはず。

(よっぽどの理由がある場合は別ですが)

そこで、一括査定を依頼して、各社に競ってもらい高くて条件の良いところに売ろうとう心理が当然働く。

車の場合は、単純に買取価格と条件を出して各社競うとうことになるのでしょう。

事実、わたしも一番高く買取価格を提示してくれた会社へ売却経験あり。

そこで、不動産売却。

不動産の場合は、まず、一括査定を出したところで買取となるわけではない。

売れるであろう価格を各不動産会社が査定し、提示・提案。

そして、価格が例えば4,000円で売り手側が納得したとする。

その後、4,000万円で市場に売りに出すという流れ。

もちろん、4,000万円で売れるという保証があるわけではない。

査定価格は上がりがち

このような不動産の一括査定の仕組みにより、結果として査定価格は上がりやすくなっていく。

査定を行った不動産としては、売りの契約をひとまず結ぶ事が、まず目の前の目標となるためだ。

売りの契約を取ることができれば、まずは自分たちを窓口にして、その不動産販売のお手伝いをすることができる。

しかし、売りの契約を取れなければ、査定した仕事は報酬0円という結果となる。

こういった流れにより、一般的に3,800円が売れる相場のところで、4,000万円、4,100万円とういう色のついた査定価格を提示してしまうとういう流れは確実に存在する。

これらが悪いというわけではない。

システム上、正直しょうがないとも確かに言える。

 

先週に安倍総理辞任のニュースがあった。

振り返ると、東京オリンピック開催決定、アベノミクス、クロダバズーカと株価も上がり、不動産価格も上昇の一途をたどってきたここ数年間。

ここに不動産価格の一括査定も当たり前のように組み込まれている現在の不動産市場の価格形成。

今後もコロナの終息は見えていない状況下には変わりないが、不動産価格はしばらくこの高めのレンジで推移していくと思われる。