中古住宅の購入の一連の流れはとても大変で二度と経験したくない!


北海道S様が中古戸建を購入した時の体験談です。

中古住宅購入の物件探しから引っ越しまでの流れは二度と経験したくない!

私は子供4人、妻1人の6人家族です。

現在月70000円の家賃を支払い借家で生活をしています。

ちょうど6年程生活した、昨年の11月頃もし家を建てたら?買ったら?

と言う疑問を持ちスーモというスマホのアプリで調べてみると概算ではありますが、今よりも安く家が買える事に気が付きました。

 

中古でも良いとは思っていましたが、注文住宅も建てられるのではないか?

との事でまずは、新築で出しているハウスメーカー(K建設)へ問い合わせました。

すると、すぐ返事が来てちょうどモデルハウスが近くにあるとの事ですぐ行って見てみることにしました。

何度か足を運び、話もとんとん拍子に進んでいきました。

家のローンに車のローンも含めてまとめると、今よりも安い金額で家を建てられるなど担当の方も非常に感じの言い方で、

さすが営業マンと言った印象を受けました。

 

ただ、どちらかと言うと注文住宅でレイアウトなど決めていくにつれ金額が上がっていき、私の年収ではローンが組めない状況になり結局新築は断念しました。

最後は、頭金として支払った10万円を私の口座へ振り込み何の連絡も無く終了でした。

商売人なんてこんなものかと落胆しました。

あれほど、良好な関係を築いておきながら、ローンが組めないとわかったらあっさりと切り捨てるのもどうかと思いました。

逆にこことここを削れば安くなりますなどのアドバイスがあってよかったのではないかと今は思います。

最初に年収をお話して、それなら問題なくローンが組めますと言っていたのも事実ですので、メーカー側が欲を出して終わった結果でした。

 

しかし、私は諦めず次は中古を探しました。

これまたタイミングが良いのか、展示会をやる予定なので見に来て欲しいとハウスメーカー(K社)から言われたのですぐ見に行きました。

確かに、建物は30年以上経過しているがリフォーム済なので内装はかなり綺麗で申し分ありませんでした。

これなら良いかな?と思い、話を進めて行きました。

今度の担当の方はかなり訛りの強い方で良いおじさんという感じですが、良くやって頂きました。

結果、住宅ローンの審査も通り契約も順調で現在決済待ちのところまで来ています。

色んな手続きが大変だし、引っ越し準備も大変ですが買って良かったと思える家にしたいと思います。

 

 

新築でも中古でも持ち家である事に変わりありません。

初めて、家を購入するという事を自分で行動してみてこんなにも大変で面倒なのかという事がわかりました。

「人生で二度も経験したくない」と言うのが本音です。

まずは、無事引っ越しが完了できることを祈るばかりです。

 


管理人のコメント

住宅購入の手続きの流れは面倒で大変

物件探しの時から契約までは夢を持ち、非常に楽しい時間の反面、

契約から引き渡しまでの間の作業は住宅購入の中では特に億劫な作業達です。

 

だいたい平均して契約後の1か月半~2か月後に物件の引渡し(決済)があります。

その間に、

 

必要書類を準備して住宅ローン事前審査の申し込みをして、

住民票や印鑑証明書、課税証明書をとって、

住宅ローン本審査申し込みをして、

引越し屋さんを手配して、

家具の配置を考えて、

引渡し前の物件立会いをして、

カーテン屋さん、エアコン屋さんとも打ち合わせをして、

住民票を移して、

銀行と住宅ローンの契約をして、

表示登記をして、

引っ越しの荷作りをして、いらない物は捨てて、

自己資金を口座に用意して、

 

最後に平日午前に決済場所に行って鍵の受け取り!!

引っ越し!!

 

と、物件種別にもよりますが、いろいろと満載の期間です。

 

これを日中は働いてる人が多いため、休憩時間とか夜に段取り連絡を取り合ったりします。

中にはなかなか電話折り返しやメール返信がなく、

「これ手続き引渡しまでに間に合うかな?」

といったこともよくありました。

間に合わなかった場合は売主さんにも不動産会社にも迷惑が掛かります。

 

不動産会社が忘れてたり、連絡ミス、指示が悪く遅れる事もあるので注意です。

その場合は「しっかりして下さい!」と怒ってしまっていいと思いますが・・・

 

一生に一回なので、マイホーム生活にむけて頑張って手続きをこなしていって下さい!

 

 

S様ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。