不動産会社・不動産営業マンはブラックなのか?

ネクタイをしめて気合いをいれる営業マン

ブラックだと思われる不動産会社・不動産営業マンと出会ったマイホーム探し体験談です。

スポンサーリンク

【体験談】ブラックな不動産会社や不動産営業マンは残念ながら存在する…

大阪府M様

中古一戸建て物件を購入して約8年。初めての物件購入でしたが概ね満足しています。

近隣の方々も概ね良い人ばかりですし、間取りや広さも丁度良く購入後に発覚した問題点などもありませんでした。

 

しかし今の購入物件に辿り着くまでは何軒も不動産屋さん巡りをしました。その経験上で良い不動産屋さん(会社の方針・営業さんの姿勢)と感じたのは次のような応対をしてくださる所です。

因みに私達が物件購入をしたのはやはりこのような不動産屋さんからでした。

 

良い不動産屋さん・営業さん

  • あまり多くを語らず「先ず一度見に行かれますか?」とすぐに現地を案内してくださる。
  • 売主さんと連携(連携)をまめに取っている。
  • 言葉遣いが丁寧で謙虚。
  • 質問には調べてでも正確に答えてくださる。
  • 焦りがない、(購入を)急がせない。

当たり前のことのようですが、意外に人として当たり前の応対ができていない営業さんが不動産屋さんには多いです。

 

ブラック?な不動産屋さん・営業さん

  • チラシやHPに載せている物件が釣り物件。
  • 問題のある物件を多く抱えている不動産屋さん。
  • 接客を意識していない身嗜みや臭いのある営業さん。
  • どことなく上から目線で、焦りが露わな営業さん。

おとり物件とは?こんな不動産会社にだまされるな!

 

臭い対策を全くしていない営業さん・しつこい営業さん

臭い対策は接客業として基本なのですが、煙草やお酒の臭いや口臭をプンプンさせて現れる営業さんが意外に多くて驚きます。

そういった営業さんは大体言葉遣いや態度も横柄で、「今買わないと無くなるよ」が常套句です。

不愉快な態度の人ほどすぐに決めない客側を責めます。気が優しすぎる人なら怖くなって押されてしまいそうです。

物件探しのコツは即行動!その物件、他の人も狙ってますよ!

そういった人には毅然と断り、「購入を決める時にはこちらから掛けますので、お電話営業はご遠慮頂けますか」と念を押しておきます。

それでも電話を掛けてくる場合は着信拒否、番号を変えてかけてくる場合は「消費者センターに相談しても宜しいですか?」と言っておきました。

実際ダメ元で消費者センターに電話して収めてもらったこともあります。こういう執拗な電話営業をする人ほど不在着信時は黙って切り、頻繁に着信を残すので非常に迷惑ですね。

因みに会社に苦情を言ってもあまり効果はありません。なぜなら会社全体が強引ムードの教育をしていて、営業さんはその一手駒に過ぎないからです。

 

おとり物件広告を載せる不動産屋さん

チラシ掲載物件(一番大々的に載っていました)について尋ねると、第一声が「あ~、これ本当は抵当付き物件であんまりお勧めしないんですよ」と、手慣れた様子で違う物件の資料を次から次と出してくる不動産屋さんがありました。

実際にそこが案内してくださったのは陽当たりが悪く暗く淀んだ雰囲気の物件ばかり(中は一見新しめできれいにしていますが)。

夫がリフォーム関係の仕事をしていて詳しいので突っ込んだ質問をいくつかしましたが、「いや~、大丈夫ですよ」と否定から入り曖昧にごまかしてばかりでした。

不動産仲介営業マンの態度が人として信頼できなかった・・・

 

前の持ち主さんと話せるのも重要な選択ポイント

先ほどの不動産屋さん話の続きになりますが、売りに出された経緯をお尋ねすると殆どが無理して買って自己破産して出て行ったパターンです。どうりで新しい割には所々乱雑に使われていた跡が見えます。

ちなみに実際に購入した物件は、売り主さんが退職後もう少し田舎の方で広い物件に住みたいと探していて気に入った所が見つかったので売って引っ越すという縁起の良いものでした。

こちらの築年数は古めですが大切に住まれている様子が窺えました。(好みにカスタマイズするため)壁や床などと水回りはリフォームしましたが、元々がきれいに使われていたのでやりやすかったです。

 

そして物件購入の手続き時に二回ほど売り主さんご夫婦とお会いしましたが、とても感じが良く正直な方で近隣の方々の特徴やそのほかのアドバイスも頂け非常に助かりました。やはり前に実際住んでいた方からのアドバイスは貴重です。

 

直接お会いする迄にも価格交渉など営業さんは売り主さんへスピーディーに連絡を取ってくださり、話がスムーズでした。

値引き交渉をしたいあなたへ。タイミングは大切

 

おわりに

物件は大きな買い物なので、急がずじっくり見極めるのが肝心だと思います。尚且つ、物件に感じる直感(その家を見て明るい気持ちになるか、など)も大切です。

大した体験談ではありませんが、これから物件購入を考える方々の参考になれば幸いです。

【関連】家の購入を勢いで決めかねている方へ。我が家の結末を紹介



スポンサーリンク



ネクタイをしめて気合いをいれる営業マン