30代独身男性が頭金なしで中古戸建を購入した体験談


東京都在住のTさんは独身で年収400万円。

賃貸アパートに毎月7万円の家賃と趣味の車の駐車場代1万2千円で、ギリギリの生活でした。

結婚の予定もなく、今の仕事もいつまで続けられるのか不安な毎日を過ごしていました。

安定した仕事に就いている間に住宅ローンを通して、せめてマイホームだけでも確保したい、毎月の住居費を抑えたい、が購入のきっかけとなりました。

30代独身男性の頭金なし中古戸建購入の体験談

ポストに投函される新築戸建や中古戸建のチラシを見るたびに、興味はあったものの不動産会社に連絡するのにはためらいがありました。

一度電話したら何度もしつこく営業マンから電話がくるのではないか?

頭金もないのに相手にされないのではないか?

口下手で、人見知りのTさんはマイホーム購入に興味を持ちつつ、一歩踏み出せないままの日々を過ごしていました。

そんな時、趣味の車仲間で元不動産会社勤務の私に「マイホームを購入をしたいけど、何から始めればいいか…」と相談されたので、日ごろ車のトラブルでお世話になっている私はTさんのマイホーム探しを手伝うことにしました。

Tさんに貯蓄はなく、頭金の用意もありませんでした。

小さい会社ですが、勤続年数は10年、物件の金額によってはチャンスがあると思い、Tさんが今住んでいる地域の不動産会社に連絡を取ってみることにしました。

マイホーム探しの方法はいろいろありますが、実際に広告に出ている物件もさることながら、一番自分のために動いてくれる営業マンに出会う事が近道です。

日本の不動産システムは横つながりなので、どこの不動産会社でも同じ情報を持っています。

その中でも、売主に直接依頼されている不動産会社に出会えれば、価格や条件交渉がよりスムーズになります。

不動産会社によって、建売住宅に力を入れている会社もあれば、中古戸建の販売を得意にしている会社もあります。

Tさんが心配していたしつこい勧誘や営業も「仕事中は電話対応できないので、希望の物件が見つかったらファックスしてください。」というリクエストでストレスなく情報を受け取ることができました。

車が趣味のTさんの希望は駐車スペースが3台、毎月の住宅ローンの支払いは6万円まででした。

都内で駐車スペース3台の物件はなかなかありませんが、駅から遠い中古物件なら可能性があるという事を説明しました。

マイホームを決める上での注意点

東京都内でも、多摩地区になると値段もだいぶ安くなります。

最初に見つけたのは瑞穂町の建売住宅1980万。

間取りもよく静かなエリアでしたが、バス停が近くになく、唯一のバス停も今は使われていない様子でした。

「車があるからいいよ」とTさんは気にせず、建売住宅に興味を持ちましたが、もし車に乗れない状況になったら?

老後、買い物や病院にどうやって行くの?と問いかけてみました。

また、家の周囲の道路状況も重要なポイントです。

近くに急坂があったので、雪が降った時や道路が凍った場合、どうやって仕事に行くか?

こうしたチェックポイントを精査すると、今は新築戸建でもいずれは古くなる建物です。

立地条件は建物と違って建て替えられないので、建物がキレイですぐ住める、という目先の条件だけでマイホーム購入を決めるのは危険だと気が付いたTさんは、その物件をあきらめる事にしました。

何軒か探しているうちに、2LDK駐車場が軽自動車なら三台停められる物件に出会いました。

戸建で2LDKは建売住宅ではなく注文住宅の場合が多いので早速見に行ってみる事にしました。

売主に売却の理由を聞く

幸い、売主が居住中の物件だったので、直接売却の理由を聞くことができました。

近所に住むご両親と二世帯住宅を建設中、というケースだったので、物件そのものに問題があるわけではなさそうで私も安心しました。

また、2LDKと言っても、部屋には小さくカウントされない納戸と呼ばれる小部屋があったので、一般の人からは3部屋のように見えます。

一階に広めのLDK、二階に納屋と2部屋に区切れるように設計した大きな1部屋、間違いなく注文住宅だったので、どこで建てたのかも売主に確認しました。

注文住宅は建売住宅より割高ですが、施主の希望通りの建物が建てられるメリットがある反面、売る時に売りづらいというデメリットもあります。

一般的な考え方では3LDKで駅まで歩ける距離の方が、興味を持つ人は多いからです。

物件の環境

今回の物件は新興住宅地にあるため、街並みもキレイで道路も平らです。

ゴミも各家庭の庭先に出すスタイルなので、近所とのトラブルもなさそうです。

新興住宅地なので、バス停も機能しており、念のため駅まで歩いてみると道のりも平坦で歩いて25分程度でした。

歩いて行ける距離にスーパーもあり、車がなくても生活できそうでした。

建物自体も南向きで日当たりも良好でした。

価格も1600万で、Tさんの希望の毎月6万円の住宅ローン支払いで済みそうです。

早速、Tさんは購入の申し込みをすることになりました。

頭金なし

せっかく気に入った物件が見つかったのに、Tさんには頭金がありません。

物件の金額で住宅ローンは通りそうでしたが、不動産会社に100万円は必要です、と言われ断念しかけたTさんでした。

実際に必要な金額は不動産会社に払う仲介手数料や諸費用の50万円でした。

Tさんの名前で他のローンは組めないので、ご両親の名前で低金利のローンで50万借りてもらい、購入後にボーナスで一括返済し、売主には手付金10万円ではだめか交渉してもらうことにしました。

不動産会社の担当者は無理です、と売主に聞く前に難色を示していましたが、ここは需要と供給の問題で、売りたければ手付金が少なくても了承する売主もいるのです。

営業マンは「交渉」という発想がなかったのですが、実際、住宅ローンが通りすぐに購入してもらえるならという条件で手付金10万円で快諾してもらえました。

引き渡し

中古戸建の引き渡しはクリーニング後になることが多いのですが、戸建のクリーニングはとても高額です。

また移動するのに高額なエアコンや次の家に持って行ってもサイズが合わないカーテンなどは置いていってもらうことにしました。

建物も比較的新しく、シロアリなどの問題もなかったので、引き渡し後は自分で掃除してすぐに住むことができ、独身なので荷物も少ないので赤帽に頼み引っ越し代も3万円で抑える事ができました。

独身で頭金なしでもマイホームを買える可能性は十分にある

頭金がない、自分には無理だろう、と躊躇しがちなマイホーム購入ですが、物件によっては購入できるケースもあります。

また、話が現実的になっていくと、援助してくれないと思っていた周囲が助けてくれる場合もあります。

あきらめないで、まずは動き出してみる事がマイホーム購入実現の近道です。

 東京都T様

 

マイホーム購入の頭金はいくら必要?なしでもいいのか!?

2017.06.06

シングルマザー頭金無しでマイホームを購入できた体験談!

2017.01.04