防音室付き中古戸建物件を探す家族へ。こうして買えました!


現在防音室付き中古戸建が欲しいと探されているお子様のいるご家族の方へ。

  • 防音室付き中古物件
  • お子さんが幼稚園に通っていれば通えるエリア内
  • 予算内
  • 防音室を抜かして家族が暮らせる間取り
  • 弾きたい楽器が置ける

そんなただでさえ多くない防音室付きの戸建物件が売りに出てこないとこのゴールは実現できません。

子供が小学校や中学校に上がっていれば学区内というエリアの限定も加わり、なおさら遠く険しい道のりに感じる事でしょう。

私たち家族が自宅近くで、もちろん子供の幼稚園に通えるエリアで運命の防音室付き中古戸建と出会い購入できた2年半の物件探しから学んだ物件探しに対する考え方を話します。

しかもマンションからの買い替えです。なおさら難易度は高くなります。

 

防音室付き中古戸建限定の物件探しは先がみえない

「防音室付き中古戸建探し」となるとそれだけで、そんな物件と縁があるのかと考えてしまいます。

日本全国でどこでもいいから予算内でとなればもっと現実的な話かもしれませんが、家族がいればそうもいきません。

我が家もそんなところから物件探しがなんとなくスタートしました。

 

物件探しの絶対条件

当時自宅マンションの一室(防音室)でピアノを2台置き近所の子供向けにピアノ教室をしていた私たちの物件探しの絶対条件です

  • 防音室付き戸建
  • 3LDK以上(防音室含む)
  • 幼稚園と自宅からそれほど遠くないエリア

家族が夫婦と子供一人だったのでこの3つの条件が物件探しにおける優先順位1番でした。

 

検討できる物件はほとんどなかった約1年間

防音室付き中古戸建を買いたいというのが希望ですが、中古で防音室付きの物件は希望地域に売りに出ていませんでした(ものすごい豪邸の中古戸建の一室に防音室が付いているというのはチラシでみましたが・・・)。

なので切り替えて、中古戸建と新築戸建建売)でピアノが2台入りそうな1階の部屋がある物件も視野に入れてインターネットでみていました。

エリアも決まっていたのでリフォーム代を踏まえて予算を考えるとなかなかないのが現状。

数少ない中からも物件を実際に内覧した際に、不動産会社担当の方へ物件条件を伝え、情報が出てきたら教えて欲しいという事を4回程繰り返し、気づけば1年の月日が経っていました。

1年なんてあっという間。まさにお先真っ暗な状態でした。

 

防音室付きの戸建購入をあきらめず優先順位を貫く

マイホーム購入にあたり、それぞれの家族で様々な条件が発生します。

戸建だろうがマンションだろうがこの条件が1つではないはずなので、購入となるとなかなか決まらないのが現実の世の中です。

ですが決めた方は最終的に絶対条件だけは譲らずに決めているはずです。

私たち家族も防音室付き戸建を含む絶対条件は全く変える気のない状態でした。

もちろんそれが普通の一般的な家族の方々の物件探しよりもハードルが高い条件であることは百も承知でしたが、信念を貫き通していました。

 

物件探しの優先順位を貫く理由

防音室付き戸建の絶対条件を貫けた理由は、昔から夢であった音楽教室をするためでした。

マンションでは規則で看板などの宣伝もできず、知り合いの子供に教えることが多い程度。

夫とも話し合い、自分の夢へ向け今のマンションを売却して戸建に買い替える方向に家族で進んでいました。

 

夢の実現ができそうな物件は結局2年間経っても現れることはありませんでした。

ですがそんな中でも物件情報に目を通し続けたり、先が見えない中でも物件探しを継続できたのは家族の力が非常に大きかったと思います。

心が折れれば防音室付き戸建を手に入れる夢は一生叶わないとも思っていました。

 

防音室付き戸建購入が現実的になりそうな新展開!

 

物件探し開始から2年強が経過した時に、まだまだ先が見えていない中、以前条件を伝えてあった不動産会社の担当者からの一本の電話で事態は急展開していきました。

 

防音室が実現できそうな新築戸建へ申し込み

ご自宅近くにある建売が売主の会社の都合で早く売り切りたい状況です。

その物件の1階には1つ大きな部屋があります。

という内容の電話でした。

休日で家族で家にいたためすぐに見に行きました。

価格交渉が大きくできるとの事でしたので、そこを踏まえるとリフォーム代がかかっても防音室設置が実現できる物件でした。

その時に本当の運命の出会いだと思い、不動産会社の事務所へいき即申し込みをしました。

 

マンションを売らなければならない

ここで問題になってくるのはマンションの売却です。

売却活動は同じ不動産会社に売れるであろう価格ですぐに始めてもらいました。

というのもマンションの残債が残っており、売らなければ新たな物件は買えないことは事前に銀行から言われていたのです。

ですが、そうこうしている間に申し込みをしている物件は売れてしまうかもしれない。

この時初めて買い替えの難しさを痛感しました。

手に入りそうな夢がまた遠くに飛んで行ってしまうかもしれない。

 

申し込みをした戸建を買いたい人が現れる

悪い予感は的中しました。

  • 新たに我が家が申込みをした建売を買いたい人が現れたのです。

不動産会社にはなんとか動いてもらいましたが、そもそも売主の会社が早期売却を希望していた物件。

やはり早く引き渡しまでいける買い手を求めている状態のため、新たな希望者が住宅ローンの事前審査が通ったら契約へ向かうとのことになってしまいました。

 

この時、私たち家族は

  • やはり防音室付き戸建に住み替えるのは無理なんじゃないか
  • 今のマンションの残債を返し終わる目処のつく15年後くらいに改めて探せばいいんじゃないか。

と半分物件探しの諦めモードへ突入していました。

 

なんと!大大大転機!防音室付き中古戸建が売りに出た!!

新しく建売に申込みを入れた方の住宅ローン事前審査は3~4日で結果が出そうで、審査も大方問題なさそうという前情報まで入ってきていて、その建売購入は半分以上諦めている状態でした。

 

そんな中、2日経った時、まだ事前審査結果が出ていないであろう時に、同じ不動産会社の担当者から電話がありました。

電話に出る時に

事前審査が通ったんだろうな

と真っ先に思ったのを覚えています。

 

自宅近くに予算内の中古戸建。なんと防音室付き!!

その時に担当者より

びっくりしたのですが、ご自宅の近くに防音室付きの中古戸建が出てきました。

なおかつ、売りには出てきたが、今から売主の不動産会社がリフォームをかけるため、お引き渡しは早くて約2ヶ月半後です。

その間にマンションが売れればバッチリです!

 

更にですが、2車線の大通りとはいかないまでも、車の通りが多少多い通りのため、ピアノ教室の看板効果も期待できそうです!

非常にびっくりしたのを覚えています!

チャンスが巡ってきた!?

それがとっさに思ったことでした。

平日だったため、すぐに見に行けるのは私一人でしたが、すぐに内覧へ行きました。

中はこれからリフォームをする状態だったので痛みもありましたが、立派な防音室含め、エリア、間取りも文句なし!

その場で夫にも数枚写真を送り電話をかけ説明を。

 

夫は内覧していない状態ではありましたが、申し込んでいいとのことだったのでその場で申し込みをしました。

 

決め手は物件の優先順位をクリアしていたことです。

  • 防音室付き戸建
  • 間取りは3LDK以上
  • 幼稚園と自宅周辺エリア

今回はさらに

  • リフォーム済み中古物件だったためリフォーム代不要

中古でしたがこの点は非常に決断する上で大きかったです。

 

マンションも買い手がついた!

運が味方したのかその週末に我が家を内見された方から、買いたいという返事がありました!

 

そしてその方も私たち家族もそれぞれの買い先の住宅ローン事前審査に通りました!

そして無事にそれぞれの売買契約をしたのです。まさに待ちに待った目まぐるしくもうれしい展開となりました。

 

 

【防音室中古戸建を探す家族へ】諦めずに探し続ける根気

  • 防音室付きの戸建で、さらに中古物件であれば理想

というところから始まった買い替えのマイホーム探しは、結果的に2年半後に大成功に終わりました。

 

なぜ我が家が防音室付き中古戸建を購入できたのか?

なぜ防音室付き中古戸建を購入できたのか考えてみました。

  • 純粋に家族で決めた「物件探しの優先順位」を守った
  • 先が見えなかったが諦めなかった。いじけなかった
  • 物件探しの行動をし続けたことで運を引き寄せた

最後の運ももちろんあると思います。不動産はよく「縁もの」と言われたりするそうですし。
ですが何より、

優先順位や絶対条件がブレることなく物件を探し続けたことで、結果的に『縁』もたぐりよせた

と思っています。

私たちの場合は防音室付きの物件に加え買い替えでもありました。

振り返るとものすごいハードルの高い物件探しだったかなと思います。

 

これから防音室付き中古戸建を探すご家族へ

これから物件を探される方々へ、

  • 絶対条件・優先順位を家族で決め、じっくり根気よく諦めずに物件を探し続けて下さい。
  • 物件探しんで行動し続ける事で物件と巡り合う確率があがります。行動しなければ何も起こりません。
  • 先が見えないかもしれませんが決して諦めないで下さい。

全て私の体験から本当にそう思う事です。

行動を続けることで、数多くの不動産会社の営業マンとの出会いもあり、物件を紹介してもらえる土台そのものもどんどん広がっていきます。

それはその後の物件を購入できる確率そのものも底上げしてくれます。

営業電話の数が増えたりして、時には嫌になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、納得のいくマイホームが購入できた時には、そんなことはすっかり忘れていますので。

 

最後に

物件を探し始めてから約2年半後に念願の『防音室付き中古戸建』に引っ越すことができました。

現在は夢であったピアノ教室の看板も表に出し、防音室にピアノ2台を並べてピアノの先生をすることができており、毎日充実した生活を送ることができています。

家族も今の生活に不満はなく皆で楽しく暮らせています。

あの時買い替えを考えて行動して本当によかったなと思っています。

 

一生に一回のマイホーム探し、先行き不安かもしれませんが

全ての行動に意味があります!

家族全員での明るいマイホーム生活のために前を向いて諦めず頑張って下さい!

 

私たちの体験談が少しでもお役に立てれば幸いです。

東京都U様の体験談を編集

『防音室』にまつわる体験談一覧

『物件探し』にまつわる体験談一覧

『非公開物件』を一括依頼できる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。