中古戸建の玄関ドア交換で時代に合った防犯対策を!

住宅購入のときに中古住宅を敢えて選ぶのも、様々な面でメリットがあります。最も大きいのは、やはりコストだと思います。

住宅購入はそれこそ一生に一度の買い物と言える大きな買い物だからです。

ところで、ここで考えたいのが住宅の防犯性、特にドアの不正解錠に関してです。

 

スポンサーリンク

中古住宅の玄関ドア交換の重要性

昨今のドアにおいては、ピッキング被害の社会問題化などからドアのカギの防犯性が飛躍的に上がって来ていて、工具による攻撃に対して非常に強くできています。

また、ドアもカギを上下に着けるなどして、防御力をさらに上げています。

この対策は中古住宅にも、リフォーム用のドアなどで対応は可能となっています。

ですから、中古住宅を購入する場合には、防犯上のためにもドア廻りをリフォームすることが推奨されます。

 

そこで中古住宅のドアに関して考えてみましょう。

中古住宅の築年数にもよりますが「手に届きやすい価格帯」と言うことになりますと、やはり年数の経った物件になってしまい、現在のドアなどよりも防犯性の点で劣る場合が出てきます。

 

例えばカギの構造ですが、今の「ピッキングからの防衛」を前提にしたものと違い、カギ内部の構造や部品の製作精度が今ほどシビアでは無かったので、今のものよりも不正解錠がしやすい点で防犯上不利です。

しかも、今のカギは上下二段がスタンダードですが、昔の住宅のドアはそうとは限りません。

また、ドアの取っ手周囲にしても、サムターン回し対策がされていなかったりしますから、ドリルなどの電動工具で破られるリスクが今のものよりも高いです。

 

中古戸建購入後は防犯対策として新規ドアへ交換すべき

今のドアは、防犯対策を非常に高い基準で作っていますが、これはリフォーム用の玄関ドアなどにも同じ設計がされています。

ですからリフォーム用のドアも非常に高い防犯性を実現しています。

中古住宅を購入した時、ドアの防犯性確保は、カギの交換で十分と思われるかも知れませんが、上下二段の施錠や、ドアのドリル対策までがされたドアであるとは限りません。

ですから是非ともドアを丸ごとリフォームすることをお勧めします。

元建材メーカーN様

不動産屋さん

中古戸建でも玄関ドアを最新のものに交換することで、最先端のセキュリティを実現できる!

【専門家が語る】防犯の観点からみて新型の玄関ドアがおすすめ

2017.05.13





スポンサーリンク