【中古住宅・防犯対策】窓まわりリフォームのすすめ

住宅選びをする際に、その経済性の魅力から中古住宅の購入を見据える人も多いと思います。中古物件とは言え、住宅は構造がしっかりしてさえいれば、非常に長く使えますから、それは非常に賢い判断です。

とは言え、こと「防犯」と言うことになると、昨今の空き巣などの不正侵入の手口の巧妙化が社会問題化している現状から考えれば、空き巣の侵入経路となり得る部分をリフォームなどで補強しておくのは非常に大切な事です。

そこで勧められるのが、窓ガラスまわりのリフォームです。すべてとは言えませんが、中古住宅に付いている旧来の仕様の窓サッシは、今ほどの防犯対策がされていないこともあり、その補強は非常に意義深いです。

 

スポンサーリンク

防犯対策としての窓サッシとガラスの進化

そこで、窓サッシの防犯対策としての進化を振り返ってみると、昨今の空き巣被害を徹底的に研究している背景もあり、ガラスだけでなくカギ廻りなどの防犯対策もなされていることが分かります。

例えば、サッシを止める錠がありますが、今では錠にロック機構が付いていて、防犯性を強化しているものもあります。また、サッシ枠などに関しても形状を工夫してあり、バールなどの工具が入りにくい様な構造にもなっています。

また、ガラスにも防犯対策としての大きな進化が見て取れます。従来の窓ガラスは「強ければ破られない」といった仕様が多かったのですが、今では「仮に壊れたとしても、貫通を許さない」と言った仕様になっています。

これは、ガラスに透明なシートが装着しており、ガラスが割れても破片がそのシートから落ちないために、貫通を簡単に許さない、と言ったイメージです。

手などが貫通できないことは、ガラスを割った後で内部に手を挿し入れ、錠を開けることが非常に困難なことを意味します。つまり、空き巣は入ることが出来ないのです。

 

窓まわりのリフォームを行い中古住宅の防犯対策を!

中古住宅の購入は非常に経済的メリットがあることは前述しましたが、それでも家財を守るためにも、必要な経費として、リフォームをすることが重要です。

大切な家財、そして暮らしを守るためにも、窓廻りの新しいタイプへのリフォームをお勧めします。

元建材メーカーN様