木造住宅の耐震診断と耐震補強工事はした方がよいのか?


大地震は、いつどの地域でも起こりうると言われています。購入を希望する木造中古住宅物件の、耐震強度はいかがでしょうか。それを知る大まかな目安は着工年です。必ずチェックするようにして下さい。

耐震補強工事が必要?1981年6月1日以前の建物

建築基準法は、過去の地震被害をもとに改変を重ね、耐震構造が強化されました。その構造を大きく変える節目になったのは、1981年6月1日に施行された新耐震設計法です。

住宅の新耐震基準とは?「耐震等級1」では足りないかも?

2017.06.23

それまでに建てられた住宅は、大地震に比較的弱い構造になっていますが、新耐震設計法で着工された住宅は教訓が生かされ、比較的頑丈になっています。中規模程度の地震が起きても損壊が少なく、大規模地震の際でも、倒壊しない確率は高いとされています。

2000年には新耐震設計法が改正され、さらに耐震構造が強化されました。木造中古住宅の耐震補強工事は任意で行うものです。購入希望物件の着工年を検討し、不安であれば耐震補強工事をおすすめします。

築年数が浅いから耐震補強は不要とはならない

購入希望物件がたとえ1981年6月1日以降の着工であっても、全てが安心というわけではありません。

例えば築年数が10年位なのに、何らかの原因で部分劣化していることがあります。また、全く手入れをしていなかったり、建物の施工技術や形状などによっても耐震強度が弱い物件があります。建っている場所の地盤にも大きく影響されます。悪い条件が隠れていると、一見きれいに見える物件でも大地震により、大きな損壊や倒壊する恐れがあるのです。

土地を探している方へ。家は地盤がいちばん大切です!

2017.05.15

なぜ強い地盤と弱い地盤ができるのか?

2017.03.05

木造住宅購入後に少しでも不安ならな耐震診断を

物件購入後に耐震診断を行えば、現在保有する耐震強度のレベルがわかります。これに応じて耐震補強工事プランが作られ、概算工事費の見積もりが算定されます。少しでも不安だったり、 安心して長く住み続けたいと思うなら、まずは耐震診断をした方が良いでしょう。費用はおおよそですが、5万円〜10万円程度です。

耐震補強工事で安心安全の暮らし

耐震補強工事の内容は、筋交い(すじかい)を入れる、外壁や内壁を強化する、老朽化や腐食による構造部を交換する、屋根の材料を軽くするなどがあります。耐震補強工事を行ったからといってどんな地震でも倒壊しないという保証はありませんが、少なくとも一気に倒壊することはないといいます。

費用は、数万円から状態により数百万円に上ることもあります。ちなみに、私が購入した木造中古住宅は築20年でした。念のため耐震診断を依頼した結果、若干の補強工事が必要とのことでした。その際の耐震診断費用は8万円弱、耐震補強工事費用は約12万円でした。今までより高度な安全が確保されるとやはり安心感が違います。

耐震補強工事に関する豆知識

最後に耐震補強工事に役立つ補足事項です。

  • 自治体によるが、耐震補強工事費用に対して助成金が支給されることがある。
  • 所得税の控除が受けられる場合がある。
  • 合わせてシロアリ対策もしておけば、耐震強化は非常に有効である。
  • 地震保険に加入する際、耐震補強工事が必要な商品がある。

免震・制震 耐震の強さの違いを簡単にわかりやすく説明

2017.07.02

地盤沈下の補修をするはめに。不動産会社に昔は水田と聞いてない

2017.03.01

国土地理院地形図でマイホーム購入前に無料で地盤の把握を

2017.02.26

地盤沈下の対策として住宅購入前にチェックすべき7つのポイント

2017.02.25