中古戸建購入失敗。夏暑く冬寒い家だった。。

茨城県30代男性の体験談です。

 

スポンサーリンク

中古戸建購入は失敗しないために細心の注意を

誰もが憧れる、戸建てマイホーム。

「今は金利が安いから、家賃よりも安く住宅ローンが組める」
「太陽光発電&オール電化で光熱費がゼロに!」

折込チラシを見ていると、そんな甘い言葉が飛び交っています。

私も、そんな言葉で住宅購入を決めた一人です。ただ、予算の都合で新築ではなく、中古戸建を購入しました。

この記事を書いているのは冬の寒い時期なのですが、とても寒いです。夏は暑いです。

結論から申し上げます。中古戸建の購入は、細心の注意を払って検討しましょう

もし、お知り合いや友人に、中古戸建を購入した「経験者」がいれば、話を聞いておくべきです。

 

我が家は中古戸建を買おうと決めた

我が家は夫婦と娘二人という4人家族です。賃貸アパートに2年ほど暮らしていましたが、長女の小学校入学を機に、いよいよマイホーム購入に興味が湧いてきました。

住宅購入に興味が出てくると、日常生活を過ごしている際にも不思議と展示場や完成見学会の文字が目に入ってくるようになるのは、誰にも経験があるはず。

当初は意気揚々とハウスメーカーの住宅展示場や、「総合展示場」と言われるいろんなメーカーのモデルハウスが集まった場所に家族で出掛け、話を聞いていました。

もちろん話は盛り上がっていくわけですが、私たち夫婦で想定している予算では土地を購入し、新築戸建てを建てるのは難しいという結論に…。

やはり娘の学区など考慮しながら土地探しをしていくと、比較的坪単価の高い土地を選ばざるを得ない状況で、予算内で新築しようとすると1,000万円しない「ローコスト住宅」しか建てられません。

注文住宅なんて夢のまた夢。いろいろと検討した結果、中古戸建を購入するという結論に至ったわけです。

 

スポンサーリンク

中古戸建を即決。それから失敗したなと思う日々が

魅力的な値段と立地と、素敵な吹き抜けのある設計に誘われ、なんとその物件に出会った次の日には契約を決めてしまったのです。

そこから後悔の日々が続くとは、誰も気づきませんでした。一番の問題は「断熱性能」です。

私が購入した物件は築22年の木造住宅だったのですが、その当時、窓ガラスは「一枚ガラス」でした。現在はローコスト住宅でさえも2枚ガラスが一般的です。

冬は窓ガラスが結露し、窓ガラスの近くはファンヒーターをつけていてもひんやりとしていて、いつまで経っても部屋が暖まりません。

ましてや大きな吹き抜けがある物件ですから、暖気がどんどん上に逃げていきます。

夏はその逆です。ガラスから太陽光と熱気が降り注ぎ、エアコンをつけても涼しくなりません。

まさに夏暑く冬寒いという昔ながらの家だったのです。

 

中古戸建購入で失敗しないために覚えておくべきこと

まずは中古住宅を購入する際に「衝動買い」がNGだということを肝に銘じておきましょう。

営業マンの巧みなトークに騙されてはいけません

「今お客様のほかにも何人か検討されている方がいらっしゃって…」とか、

「私にも営業目標がありますので、なんとかここまでは値引きできます」というようなトークで攻めてきます。

 

私は自分が失敗してからというもの、中古戸建の販売に対して敏感になりました。

看板に「中古住宅現地販売会」などと書かれているものを見ると、下見に行くようにしていますが、中古戸建はそう簡単に売れるものではありません。

理由はいろいろあります。新規分譲地とは違い、中古戸建の周りにはすでに地域コミュニティが出来上がっています。中古戸建を購入してそこに入っていく人は、まさに「よそ者」状態です。

ましてや、コミュニティによってはごみ捨ての独自ルールがあったり、町内会の役員の持ち回りがあったりと、いろいろのルールが存在したりします。

新規の分譲地であれば、ほとんどが子育て世帯で、年齢や環境が近い人たちが集まるので、そこまで気を遣うことはありません。

 

さらに、中古戸建はスペックが不透明です。一度建築されてしまえば、その中身を厳密に確かめることができません。

私は35年の住宅ローンを組みましたが、中古戸建を購入してからは不安しかありません。

先日寒い日には水道管が凍ってしまいました。中古住宅だけに限らない事なのかもしれませんが、「これも中古住宅だからかな?」と、心配になってしまいます。

 

選択肢として中古戸建をなくす必要はないですが、安いものにはそれ相応の理由があります。「安い理由」を見極め、正しく理解した上で、納得して購入することをおすすめします。

 

ポイント
中古戸建は安い物件ばかりでてくるものではありません。むしろ高く出てくることの方が多いのが現在の市場です。

その中でひときわ安い物件が出てきた時は、安かろう悪かろうではありませんが、何か理由があるのかもしれないという視点を持つことは大切です。

不動産会社や物件の所有者(売主)に聞いてみましょう。

特に問題がなければ、割安な良い物件に出会えたことになります。





スポンサーリンク