ハンガーがかけられない!?ウォークインクローゼットのパイプの高さが…【思わぬ大失敗】

【体験談】ウォークインクローゼットのパイプはL字に交差。高さの大失敗に気づく…(長野県30代男性)

2018年に注文住宅を建築

私が注文住宅を建てて住み始めて失敗に気づいたのは住み始めて間もなくしてからでした。

引っ越しが終わり、普段通りの生活をしている時の事です。

ある日、仕事から帰り、部屋着に着替え、仕事着をウォークインクローゼットのハンガーに掛けようと思った時、ハンガーを掛ける部分のパイプがL字型で交差しているのですが

パイプとパイプの隙間がなくハンガーが交差部分に引っ掛かってしまい、交差部分を通りぬけません。

ちなみにウォークインクローゼットは2畳程の広さでハンガーを掛けるパイプが2本ありL字型になっています。

↓実物写真

毎日、着替える度、交差部をまたいで掛けています。

たまに使用するなら良いのですが使用頻度が高いと本当に面倒でしかたありません。

私の家の間取りは6LDKなのですが全室、ウォークインクローゼットは同じ仕様になっています。

パイプは壁にしっかりと固定されているため取り外す事もできず高さ調整もできません。

家族からも当然、不満の声があがりましたが建ててしまった以上どうする事もできないので諦めました。

 

なぜパイプの高さに気がまわらなかったのか?

注文住宅では、建坪、間取り、外壁、床材、設備、色と様々ものを自分達で全て決めなくてはいけません。

今回、住宅ローンを利用しましたが、住宅の仕様を決めると同時に住宅ローンの手続きも同時進行です。

また住宅ローン、大工、部品の入庫状況の関係で仕様を決める期間も限られています。

注文住宅を建てる時に家族の中で細かい仕様まで決める事ができませんでしたし、モデルハウスや設備のカタログをみた時点で悩んでしまい結論を出すことができませんでした。

どんな家にしたいのか?どんな設備がよいか?

既存のものに対しては、いろいろな意見を言えるのですが自分達で決める事ができず、決める事がいかに大変か思い知りました。

正直、今回、そこまで決める事ができずハウスメーカー任せにしてしまったのが一番の原因です。

 

私が思う解決策ですが注文住宅を建てる時は迷っている時間がないため、具体的な前準備をしっかりとしておく事だと思います。

部屋数、部屋の広さ、駐車場の広さ、設備の仕様、コンセントの位置と細かい所まで決めておく事だと思います。

あと一番大切なのが欲をかかない事です。 欲を出しすぎに具体的に仕様を決めていく事が一番の近道だと思います。

これから注文住宅を建てる人の参考になれば幸いです。

長野県30代男性

【関連】