物件購入の見学は3年間で100件!マンションに決めました!

手で水色のマイホームを包み込む

マンション購入までの物件見学に関する体験談のご紹介です。

スポンサーリンク

【体験談】マンション購入までの物件見学は3年間100件!10年経っても満足!

千葉県T様

結婚をきっかけにマイホームを探し始めました。マンション・戸建て、新築・中古はこだわらず、まずは色んな物件を見てみることにしました。

不動産業者に物件を紹介してもらったり、チラシで入ってきたショールームの展示を見に行ってみたり、物件紹介サイトを見てみたり・・・。

毎週末数件の物件やショールームを観覧しに行く生活が続きましたが、なかなか”これ!”というのが見つからず、気づけば3年くらい建っていました。多分100件くらいみました(笑)。

そこで、数々の物件を見て気づいたこと・思ったことなど紹介します。

 

最初から家と関係ないのですが(笑)、ショールームを見に行くと商品券とか景品をくれたりすることが多いです。会員登録みたいのが必要ですが。

一番すごかったところだと1万円分の商品券くれました(アンケート調査に協力したのもあり)。

なので、物件に興味なくても景品目当てで行くこともあったり。まあ、それこそが不動産業者の狙いなんでしょうが。

 

当たり前の話といえばまあそうなんですが、同じような金額の戸建て・マンションを見ていくと、やっぱり部屋自体はマンションの方が広かったり、設備が良かったりで豪華に見えます。

マンションを見た後に同じ相場の戸建て見に行くと、ちょっとがっかりします。戸建てにこだわらないのなら、マンションの方が良いですね。

【関連】「マンション・戸建どっちにする?」みんなの意見まとめ!

 

古い建物が並ぶ中にポツンと立つ新築戸建住宅を見に行ったことがありますが、おそらくその近所では昔ながらの付き合いの人間関係ができていて、「ここに住んだとして、ご近所づきあいうまくいく?」という不安がよぎりました。

古い住宅地の戸建てを買った知人の話を聞くと、家の前にゴミが捨てられていたりと嫌がらせがあったりしたそうです。

新興住宅地であれば、住んでいる世代も近いでしょうし、みんな新参者なので付き合いやすそうです。

【関連】新興住宅地のメリットはトラブルのない近所付き合い!

 

奥さんの希望で「マンションなら高層階」というのがあったので、景観も要チェックしていました。

あるマンションで「値段・設備・立地、申し分なし」というところがあったのですが、景観が高層階でもいまいち・・・。

「窪地に建てたマンション」という感じだったので、高層階でも丘の上の家が正面に見える感じでした。

また、注意が必要なのは、広大な空き地があった場合、北側から建物は建っていくそうなので(その方が後に建てたやつも売りやすいため)、南側に空き地がある場合はこれから高層建造物が建つ可能性があります。

なので、南側がどういう土地かは重要です。土地によって高層建造物を建ててはいけない場所とかがあるので、近所がそれだと安心ですね。

不動産業者などに聞くと、その土地の開発計画なども教えてくれるので、確認した方が吉です。

【関連】マンションの目の前にマンション。日当たりが消えた…【原因は?】

 

結局、不動産業者に紹介してもらった築3年の中古マンションに決めたのですが、そこが「中古だけど誰も住んだことのない部屋」だったので、新築同様に綺麗でした。

ある業者が新築で購入して、ずっとモデルルームのままだったそうです。そこから、担当者が値下げ交渉してくれ、さらにモデルルームで使用していた家具もそのまま使わせてくれるようにしてくれました。

その担当者は、すごく顧客思いの人で、物件ごとに良いところ・悪いところも正直に話してくれる人だったので、その人のおかげで良い物件に巡り合えたと思いました。

【関連】不動産営業はブラック!?こんな不動産会社には気をつけろ!

 

購入したマンションもすべて大満足で購入したわけではなく、一番の難点は「アクセスの悪さ」でした。

近所の道は狭く、一番近い交通機関のバス停も家から徒歩10分以上かかり、最寄りの電車の駅は自転車で20分くらいかかります。

ですが、不動産業者からも「これくらいならまだましな方、すぐ慣れる」と言われ、その通りすぐ慣れました(笑)。おかげで車の運転は上達し、自転車通勤のおかげで痩せました(笑)。

アクセスが悪い分、住んでる人以外の車が通ることがほとんどないので、本当に閑静な住宅街です。アクセスが悪いのも悪くないなと思いました。

【関連】駅近マンションの資産価値。購入して実感!

 

10年経過。今のマンションに満足!

以上私のマイホーム購入までに感じたことです。不満が全くないわけではないですが、住んで10年経った今でもこの家を買って良かったと思っています。

【関連】みんなの新築マンション購入での失敗や後悔の体験談まとめ






手で水色のマイホームを包み込む