マイホーム購入年齢は早ければ早いほどいい!

マイホームの購入はいつがいいのか?

購入年齢の適齢期は?

正解はないが、いずれ買うなら早ければ早いほうがいい。

「いずれ買うなら」である。いずれ買うなら一日でも早く買ったほうがいいのは間違いない。

スポンサーリンク

マイホーム購入年齢層は30代~40代前半が多い

平均すると30代~40代前半の年齢あたりで1件目のマイホームを購入する人が多い。

一般的に結婚をして、子供ができて、3人では今の家が手狭になってきたなという時期の購入が多い。

だいたい35年で住宅ローンを組み、繰り上げ返済もしながら、退職金で最後は返済が終わるかなといった流れの購入となる。

年齢が若いうちにマイホームを購入したほうが断然有利!

もしあなたがマイホームはいずれ購入したいと思っているなら、結婚したらすぐに購入したほうがいい。

理由としては、

  • 住宅ローンは自分と銀行への支払い
  • 家賃は大家さんへの支払い

住宅ローンの金利分は銀行の取り分になるが、自分の不動産へも毎月支払いをしていることになる。

家賃を払っているあいだは、大家さんへの支払いしか発生していない。

どうせいずれマイホームを買うなら、一日でも早く購入した方が有利であるのは明白である。

マイホームを購入すると住宅ローン減税でお金が戻ってくる

住宅ローン減税・住宅ローン控除というのを聞いたことがあるかもしれない。

税金の控除も受けられるため、固定資産税などの出費も相殺できることが多い。

※物件によっては住宅ローン控除が使えないものもあるので要確認。

賃貸でも更新料というものが2年に1回かかる。賃貸の場合はもちろん税金関係で得する要素はない。

若い年齢でマイホームを購入してしまえば、賃貸の更新料など払わずに、自分の不動産に支払いを続けていくことができる。

年齢が若いうちは共働き。将来の家族構成はわからない

結婚したては共働きで住宅ローンが組める。支払いも二人で賃貸を借りるより、購入した方が広くて安くなる。

たしかに、何人の子供に恵まれるかわからないが、奥さんが仕事を離れても住宅ローンを組んで支払をしていける物件はエリアによって間取りの大きさや物件種別など決まってくる。

マンションなのか戸建なのか、新築か中古か、などにより予算は変わってくる。

購入できるのであれば、3~4LDKの新築の物件を買っておけば、生涯住んでいくことは難しくない。

おわりに

マイホーム購入をいずれ考えているのであれば、若い年齢で購入すればするほど有利なのは明らかである。

しかし、住むエリア、親、仕事、収入、今後の家族構成などなど様々な要因でマイホームの条件というのは変わってくる。

決める時にはしっかりと地固めをする必要があるのも間違いはない。

だが、支払うお金の損得を考えれば、「マイホームをいずれ購入するのなら年齢が若ければ若いほどいい」というのは間違いない。

将来設計が決まり次第、購入に向けて早めにマイホーム探しに動いてみてはいかがだろうか。

ライター:東京の不動産営業マンK・43歳男性



スポンサーリンク