物件購入では信頼できる営業担当者との出会いがなにより大切なのかもしれません

物件購入を終えて、信頼できて「この人から買いたい」と思える営業担当者を見つけることが一番大事だったと感じます。もっと平たく、誤解を恐れずに言うなら、「この人になら騙されても許せる」でしょうか。私の場合は、きちんとこちらの話を聞き条件を把握し、さらに家族構成から将来を見据えた物件を紹介してくれ、誠実に対応してくれた営業担当者がいたことが購入の決め手となりました。

スポンサーリンク

信頼できない営業と信頼できた営業との出会い

我が家の場合、物件を購入した営業担当者以外にも、気になった物件があったので別の不動産屋にも紹介をお願いしていました。その際の対応がとても気になり、結果的にお断りすることにしました。

まず気になったのは、目的の物件のオーナーさんに対して態度が大きかったことです。中古物件だったので、まだ現状お住まいのところにお邪魔し見学させて頂いたのですが、その方に対して尊大というか冷たいというか、「客を連れてきてやったぞ」という印象がとても気になりました。

売主さん(オーナーさん)が住みながら家を売りに出している場合は、物件見学の際、一緒に家の中にいる状態です。 

この物件とは別に、新築物件もいくつか案内されたのですが、ことごとくこちらの条件を外していたことです。確かに世帯年収から考えればご紹介頂いた価格帯でも払えるのですが、奨学金等の返済もあり、1ランク低い価格帯を伝えていました。それも含めて伝えていたにも関わらず、「売ることしか頭にないんだろうな」とこちらが感じるくらい、上の価格帯の物件ばかりでした。

 

対して、最終的に購入した営業担当者の方は、とても実直で誠実な方でした。同じように条件を伝えると、その中で最大限努力してくれました。また、その地域のメリットだけではなくデメリット(ここは夜少し暗くて寂しい場所、昔に事件があった場所、学校が近いから昼間は騒がしいかも等)もきちんと伝えてくれたのも、信頼出来るポイントでした。また父との同居を考えていることを伝えると、だったら3階建より2階建の方が普段生活しやすいですよと、より条件が厳しくなったにも関わらず探してくれました。

信頼できる営業担当者の存在も大切

住んでから気付いたデメリットもありますが、結果的に概ね満足しています。それは、こちらの話をきちんと聞いて条件を満たしさらに良い提案をしてもらえたことで、この営業担当者さんを信頼しこの人から買いたいと強く思うことができたからです。物件そのものも大事ですが、良い営業担当者に出会えることも、より大切にしなくてはと感じた物件購入でした。

神奈川県在住・女性より

不動産仲介営業マンの態度が人として信頼できなかった・・・

2017.05.30

【ダメな不動産仲介営業マンとは?】私が体験した3つのダメポイントを紹介

2016.11.25