物件購入は慎重にだが、気になる物件はすぐ行動しないと買い逃すかもしれません

マイホームの購入は焦らずよく探すことと、最終的に迅速な購入の決断力が肝心だと思いました。

息子一家と同居するために、私たち夫婦二人で住んでいたマンションを売って引っ越す予定で、二世代住宅を捜し始めました。義母が市の中心部にあるホームに入居していて毎日見舞いに行く必要があるので、そこから徒歩圏内のところを捜しました。

スポンサーリンク

一度は希望の物件を買い逃した

インターネットの不動産サイトに希望の物件の条件として戸建、二世代、市中心部徒歩圏内、予算は1500万円などを入力して探しましたが、新築、築浅のものはいずれも予算に合わず、サイトに新着物件が出た時にメールで知らせてもらえるように登録し、毎日チェックをしましたが、なかなか希望通りの物件は見つかりませんでした。

11月後半に入り、予算が少ないので新しいものはあきらめて古くても広い家ならリフォームすることにして捜したところ、築35年で6DK、1300万円の家が見つかり、すぐに見に行って気に入りましたが、惜しくもすでに検討している人がいて契約に至りませんでした。

失敗を生かし迅速に行動!200万円の値引き交渉も!

12月になって築37年で6DK、ガレージ付きで1300万円の物件が見つかり、多少古いけれども広さは十分なので検討を始めました。不動産会社にメールでリフォーム可能か、その際にはどの程度費用がかかるかなども尋ねてみましたが、非常に丁寧な返事がありました。

前回タッチの差で契約できなかったので、同じ失敗を繰り返さないために私たちが検討中であることを不動産会社の担当者に伝えて便宜をはかってもらいました。

家族の同意を得られたので、1月に入ってから具体的に契約の話を進めてもらったところ、以前から1月に入ったら売値を1100万円にすることになっていたので、この値段で良いですとのことでした。

もちろん200万円の値引きは非常に大きく、その差額でリフォームを大々的にできるので一気に契約に進むことになりました。売主の都合で決済は2月でしたが、非常にスムーズに契約成立となりました。

物件探しはじっくり。そして最後は迅速な決断を!

希望の物件を捜すことはやはり大変なことです。時間をかけてじっくりと場合によっては自分の希望を多少変えても予算に合ったものを選ぶことが重要です。

そして他の人に先を越されないように決断する力もやはり重要ではないでしょうか。

新潟県在住・女性

物件探しのコツは即行動!その物件、他の人も狙ってますよ!

2017.02.05



スポンサーリンク