マイホーム数百万円の予算オーバーなら買ったほうがいいと実感!

欲しい物件はなるべく妥協しないで、納得できるまで探して数百万の予算の差であれば無理しても買ったほうが良いと思います。

スポンサーリンク

予算オーバー物件との出会い~再会

私がマイホームを購入した時期はちょうどリーマンショック直後で不景気の時代でした。

妻とアパートで暮らしていたのですがお腹に子供がいたため、週末は遠出することなく近場の住宅展示場や建売の家を見ながら時間をつぶしておりました。

購入する意思はぜんぜんなく、とりあえずその住んでいるアパートは綺麗で交通の便と家賃がマッチしていたので満足していました。

そんな中、何十件かまわったあとで、そこであった仲介業者の営業マンがとても誠実だったので話だけいろいろ聞いてもらうことにしました。
それでもなお、すぐに買うという気持ちはなかったです。

一番気になっていたのは住宅ローンのリスクや、必要な頭金や購入することにより生活が一部変化していく不安でした。
リーマンショック後で世の中は急な不景気に突入していきました。

そのころから変動金利はかなり低水準で借りることができ、毎月の住宅ローンと今払っている家賃を比べると買えないことはないことがわかってきました。

頭金はその後の働ける年数と最低限必要な頭金を考え、その後の生活もカツカツにならないように配慮しました。

そう考えていくと日々の生活を楽に暮らせる物件の金額の範囲がわかり、その地域と購入できそうな物件を中心にその信頼できる営業マンに探してもらうことができました。

資料は30件くらい出してもらい、見てみたい物件を10件くらいに絞りました。
その中で気になる物件がありました。

なぜ気になったのかというと目の前が公園で子供との生活を考えたとき、すごくイメージが付きやすかったことです。

そして家は建て直しできても、ロケーションは変えられないという点は一番気にしたところです。

公園からの距離は目の前に歩道と遊歩道と木に囲まれているため視線や騒音を気にすることなく、陽当たりもよくとても気に入りました。
しかし、私たちの予算から数百万円かけ離れていました。

もともと購入意識が低かったのが幸いして、またほかの予算内の物件を探すことになりました。

ただ頭のどこかでいつも気になっていた公園前の家のことが浮かんできたのも事実で、数週間後買い手がついたとその営業マンから聞いたときは「やっぱりなぁ~」という感じでした。

ただその後、その購入された方の事情で再度、私たちのところに話が来ました。
営業マンが間に入って、かなり努力してもらったのも聞きました。

 

マイホームは予算オーバーだったが納得!

私たちの予算よりも高い物件でしたが、今は購入してよかったと思います。

その物件以外も見て回りその物件の良さもわかったこと。
一度はあきらめたのですが予算面で折り合いがついたこと。
よき営業マンに出会えたこと。

いずれにせよ、焦らずに自分の納得する家に出会えるまで妥協しないことが大切だと思います。

埼玉県在住 40代  男性