夫が言った「家を買いたいと思った時が買いどき」に納得!買ってよかった!

神奈川県20代女性の体験談です。

スポンサーリンク

家を買いたいと思った時が買い時

夫と二人で暮らしています。
これからマイホームを購入しようと思っている方にお伝えしたいのは「家を買いたいと思ったら、それが買い時」ということです。

 

家を購入しようと漠然と考え始めたのは、現在入居している賃貸マンションの契約更新通知がきたときです。

更新料が発生してしまうので、更新料を払うくらいなら、同じお金を払うにしてもマイホームのために払いたい、という気持ちになり、家を購入することを検討し始めました。

家を購入するのは人生で一番大きい買い物ではないでしょうか。

そのため、今が買い時ではないのでは?と購入をためらってしまう場合があるかと思います。

例えば、人口の減少や2022年生産緑地法による不動産価格の下落、東京オリンピックの影響による人件費・資材の高騰など、今買うより将来家を買った方がお得かもと思い始めればきりがありません。

私も今買わない理由をたくさん並べて、不安な気持ちになっていたのですが、そんな私の気持ちを軽くしてくれたのが、

家を買いたいと思ったら、それが買い時だよ」という夫の一言です。

専門家の人からすれば、もしかしたら買い時というのはあるのかもしれませんが、買いたいという気持ちを優先して購入した方が、満足度は高いと思います。

 

家を買いたいと思った時に向けての準備

ただ、我が家の場合は家を購入したいと思った時点で、

土地も決まっていない(どの土地に住みたいのかも絞れていない)し、どのハウスメーカー・工務店にするのかも決まっていなかったので、いずれ家を購入したいと考えている方は、住みたい土地を何となく絞っておいたほうがいいです。

(あまり絞りすぎると空いている土地が見つからない可能性があります)

つまり、住みたいエリアの目星をつけておくということです。

住宅展示場に足を運んで、どのハウスメーカーに建ててもらいたいか話を聞いておくと良いと思います。

そうすれば家を買いたいと思ったときにすぐに行動に移せるはずです。

 

多くの方にとって家を購入することは人生に一度限りだと思います。

満足のできる家を購入できるよう、下準備をしておくことをおすすめします。