家を買うタイミングは冷静に。学区内で探し焦って決めてしまった…

手が足りない程忙しく焦っている女性

家を買うタイミングについて考えている方へ。ここではこんな体験談をご紹介します。

体験談概要
  • 子供が小学校に上がるタイミングに向け家を探し始める
  • 焦って予算オーバーの中古マンション購入
  • 家計は火の車

【反省点】家を買うのは大きなこと。タイミングを焦るべからず。

スポンサーリンク

【体験談】学区にとらわれすぎ、家を買うタイミングを完全に焦った

東京都30代女性

2016年春に、今までの賃貸住宅から一念発起して中古マンションを購入しました。まだ住んで1年ではありますが、正直なところ後悔していることが多いです。

これから探される方は、時間に余裕を持って冷静に探してほしいと思います。

 

子供が小学校にあがるタイミング。学区限定

我が家は子どもが3人ですが、子どもが大きくなるにつれて賃貸マンションでは手狭になってきました。

そこで一番上の子が小学校にあがるタイミングを機にマンション購入を決心しました。その時に私は絶対に譲れない条件として、子どもの小学校の学区が変わらないことを挙げていました。

幼稚園から仲良くしている子と同じ小学校に行かせてあげたいと思ったからです。それまでの家が私の実家から近かったので離れたくない、というのも理由にありましたが。

 

そこで、その前の年の秋くらいからマンション探しを始めましたが、学区を縛ってしまったのでなかなか条件にあう家が見つかりませんでした。

予算に限りがなければ見つかるのでしょうが、都内でも有数の高額エリアのためそういうわけにもいかなかったのです。

 

ようやくこれだと思うマンションが見つかったのは1月になってからでした。予算はややオーバーしていますが、学区も広さも我が家の条件にピッタリだったため、2回目の内見で購入を決めました。

ですが、いざ住宅ローンを通そうとした際に問題が発生しました。古いマンションだったので、担保としての価値がないので銀行がほとんど貸してくれないというのです。

主人の年収もそこそこはあるので住宅ローンに問題はないと不動産屋さんには言われていたので、いきなり白紙に戻されて焦りました。

住宅ローンは借りる方の審査と物件そのものの審査があります。物件の審査をなぜするのかというと、物件を担保としてお金を貸してもらうからです。

 

タイミングよく出会ったマンションは予算オーバー

この時はもう2月。入学はすぐに迫っているし、住んでいた賃貸マンションも更新のタイミングでした。

そこから再度慌てて探し始めたのですが、そこでタイミング良く見つかったのが今の家です。しかし、タイミングは本当に良かったのかと今は自問自答しています。

確かに学区や広さなどは条件に合っていますし、実際に住んでみて住みごこちも満足しています。ですが、完全に予算オーバーだったのです。

その時は、これより良い条件の物件はもう見つからないと焦ってしまい、金額は目をつむろうと思って購入しました。

ただ、これが例えばマンション探し初期に出てきていたら、予算オーバーで検討にも入らなかったでしょう。

 

今では毎月の家計は火の車です。ボーナスで補てんしていますが、貯金どころではありません。

しかも築年数が古く、旧耐震のため住宅ローンの控除も受けられず生活はひっ迫しています。3人の子どもの将来を考えると不安で仕方がありません。

【関連】中古マンションの住宅ローン控除は築25年以内、延床50㎡以上ですよ!

 

家を買うタイミングについて冷静に判断すべき

今になっては、狭い範囲で探すのであればもう少し前から探し始めてもよかったのではないかと後悔しています。

そもそも学区が変わらないのであれば良いマンションが見つかるまで待って良かったのではないのかと考えずにはいられません。

また、我が家の予算を考えるともう少し無理のないエリアに出ることも考えられたのではないかと思います。これも時間に余裕がないために冷静に検討できなかった部分です。

 

とにかくマイホーム購入は一大事ですので、冷静に考えられるだけの時間をかけるべきだと私は思います。その中で自分で決めたタイミングで踏み出すのが良いと思います。

私はとにかく今を頑張るしかありませんが、これから探される方は余裕をもって良い物件に出会えるようにしていただきたいです。

家の購入を勢いで決めかねている方へ。我が家の結末を紹介

2017.03.27



スポンサーリンク



手が足りない程忙しく焦っている女性