【マイホーム買って離婚】考える必要はないが知らないとまずいこと

喧嘩して背中を合わせる男女

「マイホームを買って離婚をする」というのは絶対に考えたくもないものです。ですが、間違ったマイホームの買い方をしていると“もしも”の時に大変なことになってしまいます。

そこで今回は、一つの失敗事例を紹介します。内容は以下です。

  • マイホームを買って離婚へ
  • 奥様が住宅ローン全額を組んでいた
  • マイホームの名義は奥様と旦那様
  • 住宅ローン支払い義務は奥様
  • 奥様の独断でマイホームを売却できない

【結論】住宅ローンを1人で組むならマイホームは単独名義で買う

スポンサーリンク

マイホームを買って離婚。住宅ローンの組み方を深く反省

東京都30代女性

結婚を機にマンションを購入しました。駅近、築浅マンションを探しておりましたが、結局価格が安いことから、駅まで徒歩20分、築35年の中古マンションを購入することにしました。

 

マイホームを買ったものの離婚へ。ここで問題発生

フルリフォームをしたので新築マンションのように綺麗になって満足はしていたのですが、月日が経つうちに旦那との関係は悪くなっていきました。

もう婚姻関係は続けたくないと思い離婚をしようと決意したのですが、そこからが面倒なことのはじまりでした。

購入するにあたって、銀行の住宅ローンは私のみで申込み、マンションの名義は私と旦那の2人名義にしてしまっていたのです。

つまり、住宅ローンを支払っているのは私なのに、住宅を売却する時は旦那の許可がないと売り出せないのです。

マンションの持分を2人で共有で持っているというです。

 

マイホームを夫婦共有で買って離婚

マンション購入を検討していた当初、私は住宅ローンや名義関係の知識が全くなく、マンションの名義を2人にしておけば私が支払い能力がなくなっても旦那に支払い義務が発生し、借金は背負わなくて大丈夫だろうと思っていました。

しかしマンションの名義は住宅ローン返済とは関係なく、住宅ローン申込みをした人が現実的には一切の責任を負うということが分かりました。

今から考えてみれば当たり前のことかとは思うのですが、当時の私には住宅ローン申込みとマンションの名義の違いがよく分からなかったのです。

通常、お金を出す分に応じて持分をもつのが普通です。今回であれば奥様の単独所有。しかし、共有で登記してしまっています。

 

奥様単独で住宅ローンを組みマイホームを買った

ではなぜ住宅ローンの申込みを2人でしなかったのかといいますと、2人で申し込んではみたのですが、なぜか夫の住宅ローン審査だけ通らなかったのです。

夫の年収は少なかったですが審査が通らないほどではなく、勤務年数も1年以上は経っていたのにです。

住宅ローン審査が通らなかった原因となるものは後々になって判明したのですが、カードローンが滞っていたり、何かの支払いを滞納していたりするとブラックリストに載って住宅ローン審査に通らなくなるそうです。

しかし、住宅ローン審査を申し込んだ当時は何が原因で夫のだけ通らなかったのか分からずで銀行も教えてくれず、結局私1人だけの名前で住宅ローンを申し込んでしまいました。そこが大きな大きな失敗でした。

 

離婚しても勝手にマイホームを売ることはできない

住宅ローンを背負っているのは私なのに、2人名義にしてしまったためにマンションは夫のものでもあり、夫には返済義務はないのです。売却の時は夫が売りたくないといえば勝手に売り出せないのです。

極端な話、離婚して私がマンションから引越しても、夫がマンション売却の許可を出さない限り売ることはできず、住んでもいないマンションのために住宅ローンをずっと支払い続けなくてはいけないのです。

 

スポンサーリンク

「マイホームを買って離婚」を経験してからの大きな反省点

そんな大変なことにならないように、夫婦で住むマンションならとにかく自分1人だけでローンを申し込まないことです。1人だけで住宅ローンを申込むなら、マンションの名義も自分だけにすることです。

正にその通りです。教科書通りとなります。

また、夫婦2人で住宅ローンを申し込んだとしても、年収も勤務年数も大丈夫なのに住宅ローン審査が通らないことがある場合は、配偶者が何かを滞納している可能性があることを疑った方がいいです。

夫のことを疑うのは嫌な気もしますが、住宅ローン審査に通らなかった時にもっと夫のことを知るべきだったと後悔しています。






喧嘩して背中を合わせる男女

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。