【手付金放棄とは?】400万円失った私の体験(中古物件購入)

宙に舞うたくさんの一万円札

マイホーム購入契約における、「手付金の放棄とはなにか?」について体験談を交えて解説していきます。

スポンサーリンク

手付金の放棄とは?【不動産購入契約】

物件を購入する際に必要なお金には、様々な種類があります。仲介手数料、不動産取得税、登記費用、印紙税・・・そして一番はじめに必要になるのが“手付金”です。

手付金は通常物件価格の5% ~10%程度が一般的で、売買契約時に売主に支払う金額です。こちらの金額は、購入代金の一部として当てられます。

手付金とは ?簡単にわかりやすく解説

 

売買契約書に記載されるのですが、買主が契約を破棄する場合はこれを放棄することが義務づけられています。

逆に、売主が契約破棄を申し出る場合は、この手付金の倍を支払わなければなりません。

つまり、買主も売主も同じ金額のペナルティが発生するということです。

 

契約書を交わす際に説明を受けますが、手付金には特約がついていて、住宅ローンの審査が下りない場合においては、手付金が返却されます。

ローン特約の注意点。「転職・退職・借入・虚偽申告」

 

【体験談】手付金の放棄で400万円を失った

大阪府30代女性

今回契約した物件はかなりの築古物件 (旧耐震)ではあったものの、立地がとてもよかったことと、不動産屋の営業に建物に何の問題もない、耐震も大丈夫な貴重な物件だ、などと営業トークの中で言われ、信じて契約に至りました。

ところが契約後、同じ不動産会社の設計士との話の中で、耐震等構造上の問題も含めていくつも営業の話と異なる点が出てきたのです。

不信感が日に日に大きくなった結果、最終的に契約破棄しようと決めました。

残念ながら契約前に営業から言われていた内容を証明するものはなく、すでに支払った手付金の400万は返されないとの結論に至りました。

※この体験談の詳細はこちらです⇒古い中古で耐震診断証明書がとれず住宅ローン減税もだめに。解約へ

 

手付金放棄の経験からアドバイス(中古物件)

中古物件は出会いです。なかなか出てこないうえに探している人も多くいるため、すぐに決めないと他の方に決まってしまうというのは正しいでしょう。

ただ、かなり大きな買い物であるがゆえ、慎重になるべきだと学びました。

具体的には、不安な点は全て“契約前に”疑問点として挙げて回答をもらってから契約に進むなど、決定までの短い時間にできることはあります。

同じ失敗をされる方が少しでも減ればと思い、まとめさせていただきました。

【関連】住宅購入で手付金が払えない!あなたは大丈夫ですか?






宙に舞うたくさんの一万円札