駅までバス便は本当に不便なのか? 少し深い考察が必要かもしれません

「BUS」と書かれたバス停留所
やっぱり、駅までバス便のマイホームは不便よね?

こういった疑問について、別の角度から深く考えることは重要かもしれません。

 

【体験談】「不便ではない」駅までバスで行けるメリットを実体験より

神奈川県50代女性

2009年に新築分譲マンションを購入

 

最寄りの駅から徒歩18分、徒歩圏内の物件であるというのがアピールされていましたが、購入時にはそれほど気にしていませんでした。

むしろ、夫の勤務先や子どもの学校が近くにあり(二か所とも駅とマンションの中間くらいの場所でした)、どちらも徒歩で行けるのが気に入って購入を決めました。

駅までわたしが買い物に行くならば、自転車で10分かからずに行くこともできます。

ただ、念のため、徒歩以外の駅からの交通の便については確認しておきました。

と、言うのは、以前に住んでいた賃貸マンションでの経験があったからです。

 

駅徒歩8分だからこその悩み

以前に住んでいたマンションは、駅から徒歩8分の物件でした。

駅からは確かに近いのですが、バスはなく、歩くしかありません。

晴れていれば歩くのにも気持ちのいい道のりですが、雨の日に、当時幼稚園児だった子どもの手をひいて、買い物したものと傘を持って歩く8分は、けっこう辛いものです。

そのうえ、タクシーに乗るような距離ではありません。

当時、専業主婦だったので、雨の日に外出をなるべく控えることで解決はしましたが、年に何度かはそういうことがありました。

 

購入した新築マンションは、駅からバスで7分、バス停から徒歩で3分です。

バスは日中なら10分に1本程度の間隔で運行しています。タクシーでも、なんとか乗せてもらえる距離です。

それほどバスやタクシーを使うことはないだろう、と思いながら、念のために確認した感覚でした。

 

10年後、バス便の良さを享受

購入して約10年経った現在、その確認をしておいたことが正解だったとわかりました。

まず、子どもが進学し、学校まで駅から電車を使って通学するようになりました。

毎日、駅まで通うのに、バスの便がいいことはとても大切です。

 

また、わたしが駅まで自転車で行くことが少なくなりました。

10年の間に駅前の再開発が進み、駐輪場が減ってしまったのです。

通勤、通学で朝から駐輪場に自転車を停める人が多く、買い物で停めるような時間には、駐輪場はほとんど空いていません。

駅前のデパートの、無料だった駐輪場も、有料になってしまいました。

停める時間の長さによっては、バスで往復したほうが安くあがります。

 

マイホームを購入するときは、そのときの家族の状況によって条件を決めてしまいがちです。

ですが、購入した物件は、家族の状況が変わったからといって、簡単に転居できるわけではありません。

どんなふうに状況が変わるかわからないから、気になる部分は必ず確認しておくのが大切だと、身を持って感じました。

 

【関連】駅から遠い物件で後悔が第1位。ベスト3を発表します(一戸建て購入)