マイホーム、結婚してすぐ建てたら人生計画の無さが浮き彫りになってしまった

新婚夫婦が青い海を見ながら

結婚してすぐのマイホームは後から問題提起がちょくちょくと(北海道30代女性・2018年に注文住宅)

憧れのマイホーム。だいたいの方が結婚して、子供が生まれて、そこからマイホームを購入を検討します。

家族構成が決まって、日々の暮らしが落ち着いてきたらどんな家に住みたいか、それなりに想像しやすいのではないかと思います。

3回建てないと理想の家には住めないよという話を聞いたことがありますが、今回は私が家を建ててから起こった出来事をお話しします。

 

関連:「家は3回建てないと理想の家にならない」の意味を知った20代での無計画マイホーム失敗談

 

我が家は譲り受けた土地がもともとあったので、いずれマイホームを建てることが決まっていました。

結婚してすぐ、まだ子供のことなど考えていない時期でしたが、35年ローンの返済のことを考え、わざわざ先送りして返済に追われる必要もないと思ったのですぐにハウスメーカーを探し始めました。

そんな安易な気持ちで始めてしまったこと、今は後悔しています。

 

主人が住宅関係の仕事をしていたので、道内のハウスメーカーで2000万円台がいいのではないかと提案をしてくれました。

大手だと広告料がかなり高いので同じ家を建てるとしてもかなりの金額がかかってしまうとのことで除外。

確かにモデルハウスを見てもグランドピアノがどーん!と部屋の真ん中に置いてあったり、お金持ちが住むことを想定して作られている気がしました。

週末に何度かモデルハウスを見て回りましたが、どれも決め手に欠けました。

家が好みだなと思っても話しかけてきた営業さんが苦手なタイプだったり、比較的若い世代に見られて入っても話しかけてくれないところもありました。

 

そんな時、主人の知り合いが勤めているハウスメーカーを人づてに知りました。

そちらは住宅雑誌に載っていない会社で、広告を出さない代わりに、価格は安く抑える。

その代わりに必ずオープンハウスをさせてもらう条件付きでした。

オープンハウスを見学させていただき、今まで見たどのモデルハウスよりもものすごくオシャレですぐに惹かれました。

広さはないのに空間をうまく使っていたり、テーマが見に行く家によって全然違って同じハウスメーカーが建てているとは思えないくらいでした。

担当の方も熱心で対応もよく、知人だということでわからないことも気兼ねなく質問できて安心しました。

 

そこからはトントンと話が進み、打ち合わせは約4か月程度。

もともと、私たち夫婦はインテリアにそこまでこだわりがなかったので、熱心なハウスメーカーの方々が何種類も提案してくれるものの中から

2人とも良いと思ったものを選ぶようにしました。

おかげで意見が対立することもなく、全てスムーズに終わった気がします。

今思えば、全てをなんとなくの想像でしか話していなかったことが失敗だったと思います。

「たぶん子供は一人だよね。」

「子供がいる友達は畳の部屋があったらいいって言ってるけど、いらないよね。細かいことは子供ができてから考えよう。」

そんな会話ばっかりだったなぁと思い返すことがあります。

 

関連:【マイホーム失敗】子供は3人くらいかなと建てるも結局1人で子供部屋は余り10畳のリビングは狭い

 

新築一戸建てに引っ越してから、2人での生活はかなり幸せでした。

全部自分たちで決めて家を広々と使い、自分たち好みの家具を買ってインテリアにこだわることもできました。

ところが、しばらくして私が妊活の治療に時間がかかることが発覚したのです。

子供部屋はいまだ未使用。誰も使っていないのに掃除するのはかなり寂しいですし、辛いものがあります。

友達の子供を呼ぼうにも、階段の安全対策などもできていないのでなかなか呼べずにいます。

さらに、主人が全国転勤がある会社に転職をしたいと言い出したのです。

転職したら最初は給料もかなり下がりますし、転勤になったら家を人に貸すのか?それとも単身赴任でこの大きな家に一人で住む?

考えなければいけないことが次々と浮かんできて不安な気持ちです。

 

これからマイホームを検討している方にぜひ知っていただきたいのは家族についてしっかり考えておくことです。

私は目先のことしか話し合っておらず、将来的なことまで全然考えが回っていませんでした。

大きな買い物ですし、絶対に失敗はしたくない。

ハウスメーカー選びや、細かい設計について考えることも大切なので、意識がそちらに向いてしまうこともあると思います。

ですが、返済について、今後の貯金の使い方について、共働きを続けていくのか、家族構成についてなどできるだけ多くの事を想定し、書き出して話し合いましょう。

少しでも私の体験談が誰かのお役に立てればと思います。

 

関連:マイホーム購入計画は言うまでもなく重要!みんなの体験談から学ぶ!