住宅ローン代行手数料の節約と住宅ローン控除の最大効果


大阪府・M様より

3度の住宅購入経験があるM様より、経験から学んだ住宅ローンに関連するアドバイスを2つ頂きました。

ほとんどの方がマイホーム購入時に住宅ローンをご利用されると思いますので、是非参考にしてみて下さい!


大阪府・M様の購入体験から学んだ住宅ローンについて

今まで3軒購入しました。3軒とも中古物件です。

3軒とも違う不動産会社で契約し、ローンを組んだ金融機関も違います。

 

まず、最初に家を購入するために契約書に記入し、ローン設定に移りますが、大抵の方が不動産会社にローン代行をたのみます。

 

住宅ローン代行手数料に関して

代行ですのでもちろん、不動産会社に手数料がかかりますこの手数料が意外と高く数万円にのぼりますが自分でローン手続きをする場合にはこの手数料を払わなくてもよくなります。

 

実際、自分でのローンの申し込みは意外と簡単でした。金融機関の窓口で「家を購入するのでローンについてお話を聞きたい。」と言えばいいのです。その時に不動産会社から受け取った書類と源泉徴収票など世帯の収入証明書を持参してください。

 

私はこのことを3軒目購入時に知り金融機関を全部で5件まわりました。申し込みたい金融機関が決まれば後は、必要書類の提出、申込み用紙が必要です。金融機関の方に詳しく教えて頂き、主人の会社まで出向いて下さり、自宅にも来て頂きました。

 

ようは、1度金融機関に出向いたのみで、後は全て電話でのやりとりのみです。必要な時には金融機関の方が来てくれましたので、不動産会社への手数料は節約できました。

 

金融機関によっては、土日に住宅ローン相談会を行っているところもありますので、お仕事をされていて平日に金融機関に行けない方は問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

私の場合、主人がローンを組みましたが本人でなく妻でも行けました。

 

住宅ローン控除に関しての得技

 

もう一つは家を購入するときの月で得する方法です。

 

私が家を購入するにあたり11月の半ばに不動産会社に申し込みをしました。

 

中古物件で売主が販売を早くしたいという情報を得たので、不動産会社にお願いして、「購入希望者がいますが、ローンを組む関係で物件の金額を下げてほしい。」と主人と私の目の前で電話交渉していただき、すぐに希望金額まで下げていただくことができました。

 

中古物件の場合、値段交渉はダメもとでしましょう。「12月になると物件を探す方が減少して、次は年明けから開始になりますので年内に売却するほうがいいですよ。」など、お願いして、急かしてもらうのも手ですね。

 

ここで私は、ローンの決定とともに時間がかなり狭まりましたが年内に決済完了(物件引き渡し)を試みました。本来でしたら年が明けてゆっくりと手続きでしょうが、12月に決済のメリットに気づきました。

 

12月にローンを組んだ場合、初めてのローンの支払いは翌年1月のスタートとなります。

不動産を購入時に「住宅借入金等特別控除」のシステムを最大限フル活用するために12月に決済が完了したらローンの返済前に控除が可能ではないかと思いつき行動しました。

 

ちなみにこの控除は中古物件も利用できます。(条件ありです)

 

住宅ローンの年末のローン残高に対して1%分が該当するその年の所得税の控除となり結果還付にもつながるというメリットが生まれます。(条件あり、上限あり)

 

結果12月の21日に決済でき、その年分の確定申告で思いがけないほどの税金が還付されました。

もしも年明けの1月にしていたらこの還付金はなかったわけです。

家を3軒購入にしてようやくわかった、気づかなかった失敗が成功につながりました。


まとめ

M様の体験談からは住宅購入の得技、裏技というものを頂きました!

住宅ローンを不動産会社へ手伝ってもらうのは、私がやってきた経験上はタダで当たり前です。

時々そういった制度をお客様より聞いたこともございますが、一般的には仲介手数料の中での当然の業務というのが私の認識です。

 

 

続きまして、住宅ローン減税の最大の効果を得るためには12月に物件を買うのが一番です!

補足すると12月中に引き渡し(決済)をするのが一番です!※今現在の制度ですと4,000万円未満の住宅ローンお借り入れの場合。

 

お借り入れが4,000万円未満の場合は12月に近い年内の月に引き渡し(決済)を目指して下さい!

12月がベストで順に11月⇒10月⇒9月⇒8月・・・・・となります。

年末のお借り入れ残高に対して1%の控除です!

簡単に言ってしまうと、

12月に住宅ローンのお借り入れが発生し、翌年1月に最初の支払いが発生するのがベスト となります。

 

 

住宅ローン代行手数料の件は自ら動くことで節約をし、住宅ローン控除(住宅ローン減税)の件も見落としがちなシステムの中より最大の効果を発見し実践したM様は素敵です!

皆様もぜひ覚えておいて下さい!