購入検討の引っ越し先物件下見は時間帯も変えポイントチェック

「マイホーム探し」に関して例えるとすれば、

「一生ものの買い物はじっくり」から、女にとっての男性と同じでササッと対応できるが勝ちと思っています。

確かにどのような物件が自分の理想なのかは固めておかないといけないですが、良いものが売りに出たら瞬時に「決め!」ることができることが重要です。

そのためには日頃からリサーチと下見をすること。

自分のほしい「家像」を構築しておくこと。

スポンサーリンク

引っ越し先候補の物件下見は時間帯も変えポイント徹底チェック

マンションの「周辺環境」はしっかり把握

マンションは戸建よりも価値が下がりづらいように思うけど、近くに新しい物件が建った場合は人気の保証がない。

マンションと戸建のどちらの方が価値が下がりづらいかはそれぞれの考えによる 

都市計画などもチェックするとしばらくの流れはわかります。

都市計画

そのエリアにはどういう建物を建てる事ができるか。また行政が目指す都市作りの計画。

物件選びにおいて、マンションの中身ばかりフォーカスしてしまいがちだけど、先の事を考えても「環境」はその価値に与える影響が大きいので立地と様子をしっかり見ておくとよいです。

近くのホテルに泊まりこみ下見は徹底的にした

私はマンションの購入時、近くのホテルに数日泊まりました。

朝の様子、夜の様子を確認し雰囲気をチェック済みなので、住んでから「しまった!!」ということがない。

マンション購入前に時間を変えて平日も祝日も十分に下見して成功!

2017.01.20

近くの高級マンションを購入した友人の誤算

歩いて10分ほどの近所のマンションを友人が購入したが1年で売りに出した。

理由はこう。「高級マンションはいいけど、水商売の方が多く住まれているから夕方にはエントランスにタクシーだらけ。子供を育てる環境には適していない」。

非常にもったいない。

いいマンションを買ったはずだが、自分のライフスタイルにマッチしないとのことで売却されたようです。

「下見をしすぎる」ということはない

 

一方私は宿泊し調査したところから、かなり子育て世代の多いマンションだということがわかっていた。

子供が多いマンションには幼稚園がバスでマンションまで迎えに来ることも!

子育て世代が多いとうるさいのでは?と思うかもしれないけど、そんなことはなく自分にはぴったりの場所です。

寝泊まりしてまでマンション選びとは「大げさな!」と思われるかもしれませんが、雰囲気、治安を見るのは自分の目で確かめるべきです。

部屋の間取りだけでなく環境のチェックをすることをおすすめします。

住宅ローンは口コミ情報にも耳を傾けて得を

 

また購入時の住宅ローンに関してですが、大きな買い物になりますので金利は低ければありがたい。

私の知る銀行は紹介制度があり、元々多くお預け入れの方にご紹介頂くと金利が安く住宅ローンを組める事を知っていました。

また紹介者には数千円ですがJCBカードも頂けありがたいことずくめ。

なので友達に声をかけてお願いしたら0.5%も金利を下げてくれました!

銀行としても信頼ができる人、リスクの少ない人に貸したいと思うから紹介制度があるのも納得できる。

同じ時期に家を買った友達なのに金利が断然低くとても感謝しています。

これは一度銀行とお友達を調べる価値大です。

マイホーム購入に関することにはアンテナを張っておく

私のマイホーム購入体験談、私は結構常日頃から関係しそうなものに目を向けるようにしています。

おかげさまで購入した物件には大満足です。

みなさまも良い物件に出会い「捕まえる」ことができますように。

大阪府M様



スポンサーリンク