地盤補強工事や基礎補強工事の問題点


地盤調査会社の専門家による地盤補強と基礎補強に関する記事です。

地盤補強選定時の問題点

布基礎

建物にとって基礎は重要です。

建物荷重は基礎によって地盤に伝えられます。

住宅の標準的な基礎は布基礎です。

Tの字を逆さまにしたような断面形状をしており長く連続しています。

構造は鉄筋コンクリート造です。

べた基礎

最下部の底盤のことをここではベースと呼ぶことにします。

水田に長靴を履いて足を踏み入れると、ズブッと靴が泥の中にめり込んでしまいます。

今度は広い板を敷いて、その上に乗ってみると、前のようにめり込むことはないでしょう。

同じ荷重(体重)を靴底の面積だけで地盤に伝えるのと、広い板の面積で伝えるのではこれだけ違うのです。

同じ理屈で、地盤が弱ければ基礎のベース幅を拡げて、建物荷重を伝える面積を大きくすればよいのです。

最も拡げた基礎がベタ基礎でこの基礎もよく使われているようです。

最初からベタ基礎を採用している住宅もあります。

ただ、布基礎に土間コンクリートを打っただけの基礎をベタ基礎と称している場合がありますので注意を要します。

べた基礎は高額で重い

本来、布基礎に比べベタ基礎は、使用する鉄筋量もコンクリート量もかなり多く、その分造る手間もかかり、かなり高額な基礎になります。

また、基礎自体の重量もかなり大きくなるため、何でもかんでもベタ基礎が良いというわけではありません。

地盤改良

 

最も建物荷重の影響を受けるベース直下の地盤自体を改良し強くする工法があります。

表層地盤改良といい、現地の土と地盤改良材をよく混合・攪拌し、転圧を十分行うことでベース直下の地盤の耐力を大きくします。

通常、改良地盤上には標準の布基礎を使用します。

深部までの地盤改良が必要な場合、大きなドリルのような重機を使い、円柱状の改良体を造る柱状改良工法というものもあります。

また深部の安定した支持層まで鋼管杭を打つ工法や、薬液を注入し沈下の原因となる土中の空気や水を強制的に排除する工法など、地盤状況や立地条件を検討し工法を選定します。

現場監督に要望しておきたいこと

表層地盤改良では、土と改良材を混合するため、一旦現地を掘り返します。

重機は通常バックホーを使います。

掘り返すので、しっかり改良できないと、最悪の地盤となります。

地盤改良の原理は、改良材と土中の水分が反応し水和生成物が土粒子を拘束したり、接着したりするというものなので、真夏の炎天下でパサパサの土と改良材を混合しても固化しません。

適度に散水する必要があります。

また、粘性土分が多いと、なかなか改良材と混合・攪拌ができないので、丁寧な仕事が要求されます。

*ここでいう改良材とは、セメント系固化材のことです。

兵庫県W様

 地盤に関する記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。