家購入での子供の転校について早期に真剣に考えなければいけない

住宅購入となると引越しが必須でお子さんの転校ということもあるかもしれません。

その場合、家庭では子供が学校や保育園に慣れるか心配されると思います。

家購入での子供の転校についてしっかり検証

お子さんが公立の学校に通うのであれば、住所で通うことになる学校が分かります。

転校先の学校を実際に調べる

学校の評判もネットなどでも調べられますね。

また、実際にその学校の近くまで行ってみると良いと思います。

通う児童たちの表情や校舎を見て、実際に通学路を歩いてみたりと下見をすると、ずいぶん雰囲気が分かると思いますよ。

活気があって、先生と生徒が笑顔で話していたりすると安心できそうです。

逆に授業の時間のはずなのに、ウロウロしている生徒が目につくと‥ちょっと疑ってしまいますよね。

越境通学という選択肢

私も、子供が通う予定になる中学校について調べてみたら良くない噂が多く、実際に外から校舎を見てみたら窓が割れていたりしてビックリしたことがあります(もちろん偶然のタイミングだったと思いますが)。

住む住宅は決まってしまっているが、その学区内の学校は避けたいという場合でも、地域によっては越境通学も可能ですから、とにかく事前のリサーチが大事です。

転校のタイミング

転校のタイミングは、やっぱり入学とともに行うのが一番理想的です。

保育園児や幼稚園児をお持ちで、いつかはマイホームと考えている場合、ぜひそのタイミングを検討してみては。

そのタイミングが難しくても、なるべく早い段階の方が心配が少ないかもしれません。

小学校高学年になってくると、学校間の教育の差が出ている場合もあります。

とは言え、そういった環境でもたくましさを身に付けてもらえる良い機会だとも考えられます。

保育園入園のタイミング

保育園入園で集中しやすいのは一歳時、すなわちママが育休を終えたタイミングでの入園希望です。

逆に三歳になると幼稚園に入り直すお子さんもいるので、ちょっと空きが出やすいかも。

最近は0歳時から受け入れスタートの保育園も多いですから、保育園通いを考えるお子さんがいれば、少しでも早いタイミングで考えてみては。

この時期の子供は結構適応力も高いので慣れる慣れないの問題より、どうしても入園できるかどうかが問題になってしまいます。

家購入での子供の転校や育児について早めにご相談を

お子さんがいる家庭の引っ越しを伴うマイホーム購入には、どうしてもタイミングとどれだけ早い段階から準備ができるかがポイント。

またそのタイミングがうまくいかなかった場合でも、フォローをどうするかが大事です。

マイホームと育児のことは合わせて、ぜひ早めに夫婦でしっかりお話してください。

神奈川県T様