頭金200万でマイホームを買って後悔した理由

私が頭金200万円でマイホームを買って後悔した理由の話です。

夫が24歳、私が21歳の時に2,280万円で新築戸建を購入しました。

スポンサーリンク

マイホーム購入において頭金200万円では不十分

物件探しの動機

マイホーム探しのきっかけは、1DKで約7万円のアパートに住んでいたのですが、現在の持ち家の住宅ローンが月々6万円5千円の返済で済むと知り、どうせ毎月支払うなら将来自分のものになる方が良いと思ったのがきっかけです。

また、20代の内から住宅ローンの返済をしていけば定年前には支払いが終了する為、老後の金銭的負担を少なくするという目的もありました。

物件探しは、近くの仲介会社へ直接出向いたり、インターネットでの検索を主としていました。

最終的には知人に紹介して頂いた仲介会社から推奨された家を購入しました。

物件を購入するということは大変だった

マイホーム探しは結構大変でした。

内覧をする為に主人と私の休みのスケジュールを合わせたり、売買契約を締結する上での書類の取り寄せをしたり、と慌ただしかったです。

ですが、一通りの手続き方法や書面の記入方法等は仲介会社の営業さんが事細かに指示を出して下さるので不安はありませんでした。

家の売買契約から2ヶ月はいろいろ大変。心構えしておこう

2017.03.16

中古住宅の購入の一連の流れはとても大変で二度と経験したくない!

2017.01.31

同世代が住んでいたことがマイホーム購入の決め手

最終的に物件の決め手になったのは、小さいお子さんを持つ若い世代の夫婦が近隣に沢山いらっしゃったのが決め手です。

現在、私は主人と二人で持ち家に住んでおりますが、将来的に子供を授かりたいと考えています。

近所のお子さんはまだ就学されてない方がほとんどな為、もし我が家に子供が誕生してもさほど年齢の遠くないお友達が近隣に作れると考えました。

いつか授かる子供にとって寂しくない環境を与えたい、と言うのがマイホーム検討時の希望の一つだったので、購入に踏み切りました。

頭金が200万円だったことの後悔

しかし購入してみて、頭金を貯めてから購入すればよかったと後悔しています。

2280万円の家を購入するにあたり、頭金に200万円を用意し残りの2080万円は全て銀行から借入をしました。

0.75%スタートの変動金利での住宅ローン返済をしていますが、今後の金利の変動がどう動くか分からない怖さがあり、マイホーム貯金をしておけばよかった、と感じています。

もしまたマイホームを購入するなら、安心できる額の頭金を用意した上で購入を考えるよう注意します。

住宅ローンが払えなくなっては元も子もないので、お金の心配を全てなくした上でマイホームの検討をしたいです。

我が家のように頭金200万でマイホームではなく、できるだけ貯めてから!

ビビっとくるマイホームに巡り会えるかどうかは一期一会です。

ここに住みたい、と思う家に出逢えるのは幸せなことですし、その直感は大切にしてほしいです。

住宅購入前に頭金の見直し

ですが購入に踏み切る前に、金銭面での余裕があるか、返済に無理はないか。

そしてなにより頭金はきちんと用意できているかを改めて見直して頂きたいです。

マイホームを持つということはローンの返済だけではなく毎年の固定資産税の支払い義務も出てきます。

固定資産税は皆さんがイメージする額よりもしかしたら大きいかもしれません。

頭金が多ければ金利も抑えられる

また、銀行からの借入は金利こそ高くないものの、借入額が多ければ多いほど返済額も比例して増えてしまいます。

できるだけ金利の発生を抑え、毎月の住宅ローンの支払い額を少なくするためには頭金がなにより必要です。

ご自身が納得できる頭金を用意した上で、楽しいマイホーム生活を送れることを応援しています。

マイホームで後悔するローンの組み方は総支払額の認識不足

2017.01.22

埼玉県20代女性

「頭金」に関する体験談一覧





スポンサーリンク