住宅ローンを借り過ぎた私の経験から学んでほしいこと


 

家を購入する為に予算を算出しようと休日に銀行の住宅ローン相談窓口に行きました。 源泉の年収を聞かれたので答えると電卓のようなもので計算し

  • A様の年齢ですと35年ローンが組めますので○○○○万円のお借り入れが可能です。
  • 月々払いですと、月々○○万○千円の支払いになります。

と伝えられました。

私たちは、

  • こんなに借りれるのか!?
  • 月々の支払いが多いように思うけど銀行さんが言ってるのだから大丈夫なのかな?

なんて思ってました。

 

この考えがそもそも甘い考えで後に自分たちの首を絞める形となってしまいました。

 

住宅ローンを借り過ぎたのは考え方の甘さ

そして何社かの不動産屋さんを回り、結構色々な物件を見せてもらい気に入った物件と出会い営業マンの方に諸費用や借入金額のローンのシュミレーションをして頂いたところ、借入可能金額が以前銀行に聞いた借入金額と同額だったので更に安心して、契約に踏み切りました。

 

住宅ローンの負担がのしかかる

住宅ローンも直ぐに内定がおり、完成物件だったのでスムーズに入居することができたのですが。。。

 

住宅ローンの借入金額は限度額程ではないものの そこそこの金額を借入しましたので、だんだんと月々の支払いがきつくなりボーナスを月々の支払いに回すような状況に陥ってしまいました。それでもなんとかやってはいけるものの予想以上に住宅ローンが月々の負担になっております。

 

住宅ローンで借りすぎないための考え方

  • 住宅ローンというのは借りられるだけ借りるのはなく、払える分だけ借りるようにしないと後悔します。

家は気に入ってますのでそこは、家を建ててほんとに良かったと思っていますが。

 

住宅ローンを借りる上での考え方

これから住宅ローンを組もうとする方は借入金額を算出するのにあたって

  • 源泉徴収の金額では無く、月々の手取りの金額(源泉から税金や保険代ボーナスを引いた金額)を元に考えるべきです。

ボーナスも住宅ローン返済の足しにしても良いと思いますが、出来れば少しづつでも繰り上げ返済貯蓄出来れば理想ですね。

 

そして、

  • 月々の手取りの金額から毎月絶対に必要な生活費を 引いた金額を住宅ローンの返済金額にするのがベストだと思います。

 

住宅ローンを借りすぎないために十分な資金計画を

実際に住宅ローンが払えなくなる事例って結構有るらしくて背筋が凍る思いです。

  • しっかりと夫婦で資金計画を話し合ってお家を建てる事をお勧めします。

 

私の場合は後の祭りですが夫婦で相談すると、結構節約出来るところが出てきたので(自動車保険や携帯電話割引や保険)、皆様も節約出来るところがあるかもう一度月々の生活費を見直してみるのも良いかと思います。

奈良県A様

 

住宅ローンを借りすぎて後悔しないために

不動産屋さん

住宅ローンを借りすぎた

の後悔は簡潔に言ってしまえば明らかに計画不足です。当たり前の話ですが大きな金額を住宅ローンで借りますので、十分なシミュレーションを持ってマイホーム取得に踏み切って下さい。

住宅ローンを借りる上で指標にして欲しいポイントは

  • 手取り年収
  • 現在の家賃

この2つを元に今後のライプランをご夫婦で十分話し合い物件探しをして下さい。現在は超低金利時代で変動金利を選ぶ人も多いと思います。

今後金利が上がるかもしれません。

  • 住宅ローンを借りすぎた

と後に後悔しないために、しかっりした具体的な資金計画を立てる事が不可欠です。