住宅ローンを借りすぎた私の経験から学んでほしいこと

マイホームの前に一万円札が並べられている

住宅ローンを組んでマイホームを購入することとなりますが、借り過ぎて後悔はしたくないものです。


『奈良県A様の体験談』

家を購入する為に予算を算出しようと休日に銀行の住宅ローン相談窓口に行きました。 源泉の年収を聞かれたので答えると電卓のようなもので計算し

  • A様の年齢ですと35年ローンが組めますので○○○○万円のお借り入れが可能です。
  • 月々払いですと、月々○○万○千円の支払いになります。

と伝えられました。

私たちは、

  • こんなに借りれるのか!?
  • 月々の支払いが多いように思うけど銀行さんが言ってるのだから大丈夫なのかな?

なんて思ってました。

この考えがそもそも甘い考えで後に自分たちの首を絞める形となってしまいました。

【年収別】フラット35でいくら借りれるのか

 

スポンサーリンク

住宅ローンを借りすぎたのは考え方の甘さ

そして何社かの不動産屋さんを回り、結構色々な物件を見せてもらい気に入った物件と出会い営業マンの方に諸費用や借入金額のローンのシュミレーションをして頂いたところ、借入可能金額が以前銀行に聞いた借入金額と同額だったので更に安心して、契約に踏み切りました。

 

住宅ローンの負担がのしかかる

住宅ローンも直ぐに内定がおり、完成物件だったのでスムーズに入居することができたのですが。。。

住宅ローンの借入金額は限度額程ではないものの そこそこの金額を借入しましたので、だんだんと月々の支払いがきつくなりボーナスを月々の支払いに回すような状況に陥ってしまいました。

それでもなんとかやってはいけるものの予想以上に住宅ローンが月々の負担になっております。

 

住宅ローンで借りすぎないための考え方

住宅ローンというのは借りられるだけ借りるのはなく、払える分だけ借りるようにしないと後悔します。

家は気に入ってますのでそこは、家を建ててほんとに良かったと思っていますが。

 

住宅ローンを借りる上での考え方

これから住宅ローンを組もうとする方は借入金額を算出するのにあたって源泉徴収の金額では無く、月々の手取りの金額(源泉から税金や保険代ボーナスを引いた金額)を元に考えるべきです。

ボーナスも住宅ローン返済の足しにしても良いと思いますが、出来れば少しづつでも繰り上げ返済貯蓄出来れば理想ですね。

そして、月々の手取りの金額から毎月絶対に必要な生活費を 引いた金額を住宅ローンの返済金額にするのがベストだと思います。

 

スポンサーリンク

住宅ローンを借りすぎないために十分な資金計画を

実際に住宅ローンが払えなくなる事例って結構有るらしくて背筋が凍る思いです。しっかりと夫婦で資金計画を話し合ってお家を建てる事をお勧めします。

 私の場合は後の祭りですが夫婦で相談すると、結構節約出来るところが出てきたので(自動車保険や携帯電話割引や保険)、皆様も節約出来るところがあるかもう一度月々の生活費を見直してみるのも良いかと思います。

【関連】マイホーム予算の決め方。ライフプランから逆算するしかない

 

追記【体験談】住宅ローンを借りたあとの金利交渉はあり!(借りすぎなら余計重要)

『滋賀県M様より』

新築戸建の住宅購入にあたり、私たちは予算額を3500万と決めました。

この金額は当時住んでいた賃貸マンションの家賃を元に、家計やインターネット上にある住宅ローンの返済シュミレーションを利用する中で決定していった金額です。

3,500万円の予算のうち、頭金として300万円、残りの3,200万円に対して住宅ローンを組んで支払う計画を立てました。

住宅ローンを組むにあたり、店舗型とネット型の銀行を含めて複数の銀行の情報を収集しました。

金利面はネット銀行が良かったのですが、私たちはネット銀行の口座を持っておらず、借用金額も大きかったため、心理的に安心できると思った店舗型の銀行で借りることにしました。

 

銀行の決定

まず、私たちの本命と考えた銀行へ足を運び、住宅ローン担当者と話し合って金利などの諸条件について話を聞きました。

この時、夫は金利のことだけではなく、自分が死亡したときに返済するための保険(団体信用生命保険)のことなどについても話し合っていました。

団体信用生命保険とはわかりやすく言えば住宅ローン生命保険

 

話し合いの後、決してその場で決めず、金利などの条件と返済期間や返済金額などの情報を整理し、一旦持ち帰って検討する旨を伝えました。

その後、数行の金融機関でも話を聞き、一番条件の良い銀行(結果的には私たちが本命と考えていた銀行でした)と契約することにしました。

 

契約した金利ですが、変動金利ですが1%以下で、10年間は金利固定(かつ最初の2年間はさらに少し低い金利を適用)、返済開始10年以降は変動金利に戻る契約でした。

返済期間は25年で毎年6月と12月にボーナス加算で返済していくことにしました。

どうなる住宅ローン変動金利!?今後10年・20年後の予想は難しい?

 

住宅ローン減税を利用

住宅ローンを組むこととセットで重要だと考えていたのは住宅ローン減税についてでした。

私たちが建てた住宅は長期優良住宅でしたので、1.2%の住宅ローン減税の適用を受けることができました。

住宅ローンで契約した金利が1%を下回っていましたので、住宅ローン減税の恩恵を大きく受けることができています。

これから住宅ローンを組む方には、ぜひ住宅ローン減税を受けることのできる10年間を最大限に活用できる返済方法を考えていただくことをお勧めいたします。

【知らないとまずい】住宅ローン控除要件で見落としやすい点とは

 

借りた後の金利交渉で成功!

2016年に日本銀行が行ったマイナス金利政策の影響で、各金融機関が住宅ローン金利を大きく下げる時期がありましたが、その時に住宅ローンを契約していた銀行へ固定金利引き下げの相談へ行きました。

公共料金をクレジットカード払いから口座引き落としに切り替えるなどの条件はありましたが、結果として5年前に契約した金利からさらに、0.15%金利を引き下げてもらうことができました。

元々、クレジットカードで公共料金を払っていたのはポイントが貰えるからでしたが、返済残高がまだ大きかったため、0.15%でも総返済金額で40万円以上減らせることが分かり、躊躇なく再契約をする判断をしました。

手続きのことを考えると少し面倒に感じてしまうこともあるかもしれませんが、他行へ足を運んで話を聞いてみたり、借り換えや返済方法を見直すなど、現在の住宅ローンの契約内容を適宜、再検討していくことは大切なのではないかと思います。

【関連】



スポンサーリンク



マイホームの前に一万円札が並べられている