不動産を買いたい!購入申込書や買付証明書とはなんぞや?

営業マンに気に入った物件を紹介してもらったので契約しようかと思いましたが、私の要望も聞いて欲しかったので躊躇していました。

その物件は建築条件付き土地といって、これから建てるので土地の契約と建築請負契約を交わすという物件でした。物件代金は契約時に手付金を支払い残金は建物が完成してから一括で支払うというものです。

 

スポンサーリンク

不動産売買における購入申込書・買付証明書の意義とは?

建物の完成間取りプラン図を見て間取り変更をしたい箇所があったので希望通りに建ててくれるなら契約したいと思っていました。営業マンにそう伝えると、「では希望の条件を書いて買い付け証明書を売主さんに出しましょう。」とのことになりました。

 

買付証明書(購入申込書)とは?

  • 買い付け証明書とは、契約予定日、物件の所在地、区画番号、手付金額、ローン特約条件、その他希望の条件等を書き希望や条件が整えば購入する意思があると売り主さんに伝える書類です。

買付証明書や物件購入申込書だと、売り主さんに安心してもらう為にお客様の勤務先や勤続年数や頭金などお客様情報も記載されたりします。

こちらの意思もはっきりせずに交渉事ばかりを続けていると他の気に入った人に先に契約されてしまう可能性もありますので、買い付け証明書や物件購入申込書を出すのが良いかと思います。

 

不動産売買における売主の心配事とは?

売り主さんの心配とは、はっきり言って

契約して住宅ローンが通りそうなお客様か?住宅ローンが難しそうなお客様か?

これが一番気になるとこです。

契約した後 なかなか住宅ローンが通らず結果アウトだと、契約からその期間は、他にその物件を購入したいお客様が現れても契約済みの状態のため結局はお客様を逃がしてしまうことになるからです。

 

購入申込書・買付証明書は売主にも買主にも大切なもの

以上のように

買い付け証明や物件購入申込書は買主が購入の意思表示をできるだけでなく、売り主さんの為にもなるものなのです。

私は契約前にそんな方法があるんだと聞き、こちらの条件を記入して売り主さんにも了解して貰って安心して契約することが出来ました。

 

皆さんも気に入った物件と出会えて希望があるならば、買い付け証明書や物件購入申込書等を売り主さんに出して、お互い安心できる契約をされるのが良いと思いますよ。

奈良県・T様





スポンサーリンク