転勤族ですがマイホームを39歳で購入。タイミングを逃さないで!

私は某機械メーカーに勤めていて、何度も海外に転勤していますが家族と一緒に暮らしたいので妻と子供二人も一緒に海外に住むこともありました。

海外に住むとなると旦那方は仕事で良いのですが、嫁が知らない地での普段の生活が大変なので、会社が奥さん方にセミナーを開いてくれます。

 

スポンサーリンク

39歳転勤族。マイホーム購入のタイミングは間違っていなかった

2013年にに大阪の本社勤務になった時にそろそろ家を建てようかと妻と相談しました。

お互い実家が奈良で両親は持ち家に住んでいるので今建てなくても、ゆくゆく実家を建て替えて住めばよいのでは、とか又海外転勤の可能性が多分に有るので見送ろうか等と家を建てることに否定的な考えも有り、家を建てる踏ん切りもなかなかつかなかったのですが結局建てることにしました。

 

建てた理由は、実家は親の家なので先々もし介護マンションを買うようなことになると今の家を売却し資金にすることになるし、このまま定年になった時に賃貸住宅だとなんだか不安というのと住宅ローン金利が低くなっていたことです。

 

そして土地探し(物件探し)を始めて土地を買い、建物をお願いする良い工務店が見つかった矢先にインドネシアへの転勤が決まりましたその時は凄く悩みました。 

建物を建てても私が住めるのは3か月程度で家族も半年後にはインドネシアに移住することになりますので、そして日本に帰れば本社勤務なのですが日本に帰ってくるのが何年先かわからないので、土地だけ買っておこうか(幸い土地代金は自己資金で購入することができましたので)妻ともよく話し合いました。

 

その結果、やはり建てることにしました。

理由は私が当時39歳で住宅ローンが長く組めて月々の支払いが少なくてすむ、ということと定年後に家も持っていなければ不安だということです。

そして家を建て数年間は、空き家状態でしたが建ててくれた工務店さんがメンテナンスをみてくれました。

 

そして1年前長女が、長期的な治療が必要な病気になりました。

勿論 奈良大阪近郊の病院で見てもらいたいので、本社に事情を述べたところ日本に帰り本社勤務が出来る事になりました。

 

その時に痛切に実感したのが、家を建てて良かったということです

 

転勤族でマイホームの場所が決まっているなら早いタイミングで!

家族と一緒に自分の家で長女の治療を全力でしてあげられる事が出来ています。自分の家ということで、精神的にかなり落ち着いていられます。

 

私の場合は少し変わった事情でしたが、

  • 転勤族だけど家を建てたい
  • 建てるとしたらこの地域と決まっている

そんな場合、住宅ローンが組めるうちにお家を建てておいた方がゆくゆく安心だとお勧めします。

奈良県M様



スポンサーリンク