太陽光発電と蓄電池システムを搭載した私なりの考え方

私がお家を建てる時には、太陽光発電を設置するつもりはありませんでしたが注文住宅を契約した工務店さんの営業さんに「太陽光発電の設置はお考えですか?」と聞かれ興味は有ったので説明を聞きました。

どんな興味が有ったかと言いますと、費用はいくらかかって何年で元がとれていくら得するのかという興味でした。

スポンサーリンク

太陽光発電と蓄電池システムを搭載した理由と私の概念

太陽光を設置する場合10kw未満は、家で使った電気の余った分だけ売電し10kw以上を設置した場合は産業用とみなされ全て売電できるのです。 なので、設置するなら10kw以上と思っていました。

以前は太陽光を設置すると国から設置費用の補助金が出ていたのですが、最近は太陽光も安くなり補助金が出なくなっています。

 

営業さんから太陽光の説明を聞いていると蓄電池のお話もしてくれました。

国とすれば太陽光同様、蓄電池も普及させたいのですが、蓄電池はまだ高額なので普及させる為に数十万円の補助金が出るとのことです。

その蓄電池の説明を聞いているうちに私の太陽光発電でいくら元がとれるのかという損得の興味から災害にあった時の為に必要なのではという考え方に変わってきました。

 

2011年において、いまだに沢山の人が苦しんでいる不幸な震災がありましたよね。

蓄電池を設置しておけば、停電時に自動的に電気が供給されるようになっているのです。

冷蔵庫や照明等と何に供給するかはあらかじめ設定できます。

 

太陽光や蓄電池というのは損得だけでなく、大切な家族を守るもの。

そして全く意味は無いかもしれませんが少しでも原発を減らしエコに還元出来る事なのかなと。

 

そして、家づくりの打ち合わせでオール電化にして太陽光発電、蓄電池というお家にしました。

 

太陽光発電と蓄電池システムに満足を得ている生活

 

太陽光発電にはモニターが付いていて、照明一つつけたり消したりすると消費電力が目に見えてわかり、それを見ると必要のない照明の電気を消したりと我が家の省エネにも役立っています。

もう一つはただの自己満足ですが自分のお家がなんかシステム化されているような気がして一人で満足しています。

 奈良県M様

【関連】太陽光発電の毎月の売電収入15000円がない!?聞いていたのと違う



スポンサーリンク