賃貸?購入?それぞれのメリットとデメリットは?

皆さんにとって「家」ってどんな所でしょう。一般的にはひとり暮らしの方のマンション、同棲のカップルが住むマンションやアパート、家族が出来て購入したマンションや一戸建て。

それぞれのライフスタイルに併せて住む所であったり、別荘のようにセカンドハウスとして所有している方もいらっしゃるかと思います。

 

住居には賃貸物件を借りて家賃を支払い住む物件と、売買物件を購入して住む物件、土地を購入して新たに建築して住む家と様々です。それぞれ皆さんのご家族構成や考え方を持ち、賃貸物件に住むか売買物件を購入するか検討されると思うのですが、賃貸と購入どちらの物件に住むことが自分にとって良いのか少しでも検討される方に参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

賃貸のメリット・デメリット

賃貸物件に住むにあたり、メリットとデメリットを思いつく限りお話させて頂きますと、まず賃貸物件に住むことの大きなメリットは手軽に借りられて手軽に違う物件に引越しができることです。

一人暮らしの方でもファミリーの方でも長く住む方もいらっしゃいますが、せっかく賃貸で住んでいるのだからいろんな所に住んでみたいと思う方も多いと思います。

 

  • 家に対しての税金がありません

自分の所有物ではないので固定資産税もかかりませんので、特にファミリーにとっては金銭的なメリットも大きいかと思います。

転勤の多い方は購入せずに賃貸物件にお住まいになっていたほうが良いと思います。

転勤族ですがマイホームを39歳で購入。タイミングを逃さないで!

2017.05.08

 

デメリットとしては、やはりいつまでも自分の所有物になることはないので資産としては見ることが出来ません。

  • 家賃を引越しして退去するまでに払い続けなければいけない

一般的には特にファミリーであれば家賃分払うのであれば買うこともできるのではないかと考える方も少なくありません。

 

他にも、退去する際に原状回復でクロスの張り替えなどが発生して退去時に多額の費用がかかることがあります。

 

住宅購入のメリット・デメリット

購入物件のメリットとしては、税金がかかるようになりますが、

  • 賃貸に比べ毎月の支払いはある程度住宅ローンを組む段階で銀行と相談できますのでコントロールできます。よって無理のない支払い計画もたてることができます。
  • 自分の資産として例えば分譲マンションにしても新築や中古の一戸建てにしても、自分の子供たちに遺すことができます。
  • 新築の戸建でしたらキッチンや風呂を自由にカスタマイズすることも可能です。

 

デメリットとしましては、一度購入してしまうと長い住宅ローンを組む方が殆どですので、仕事柄転勤の多い方でしたら、単身赴任か家族ごとの引越しになってしまうこともありますが、自宅をそうなれば売却か賃貸で住んでくれる方を探さなければならないといった面倒な事もあります

「転勤になったから家を貸す」をやったらまさかの3年間空き家に

2017.05.16

 

賃貸と購入のメリットとデメリットを考え家族でご判断を

 

賃貸と購入どちらがいいか、一概にどちらがいい!とは中々言いにくいですが

  1. 自分の家族構成
  2. 貯蓄と毎月の支払い
  3. 仕事で転勤があるかどうか

といった所をしっかりと家族で話し合って賃貸に住むか思い切って購入するか考えると良いと思います。

北海道A様



スポンサーリンク