団体信用生命保険の特約は必要か?

マイホームを買う時には住宅ローンを組む人がほとんどです。

その際に必須とされる「団体信用生命保険」略して“団信”(だんしん)をご存じでしょうか?

(ご存知ない場合は、まず初めに団体信用生命保険とはわかりやすく言えば住宅ローン生命保険を読んでいただくと話がスムーズにつながります)

団体信用生命保険は住宅ローンを組む上での安心材料でもあります。

そこで今回は、「団体信用生命保険の特約は必要かどうか事前に考えておくべき」という内容になっています。

スポンサーリンク

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、団体信用生命保険とはわかりやすく言えば住宅ローン生命保険でも出てきたように簡単に言ってしますと内容はこうです。

住宅ローンを組んだ人に万が一のことがあった場合、保険会社が残りの住宅ローン金融機関に全額返してくれ、借りた人の残りの住宅ローンは免除されます。

ほとんどの住宅ローンでは、この団体信用生命保険への加入が条件となっています。※フラット35では加入・非加入を選択できたりします。

団体信用生命保険の特約

団体信用生命保険は通常、特約が付けられるようになっています。

その前に団体信用生命保険で残りの住宅ローンが免除になる基本的な条件の確認です。

  • 死亡時
  • 高度障害時

 

加えて、大きな病気の時も有効となるのが特約です。

三大疾病

  • ガン
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

七大疾病

さらに4項目が追加となります。

  • 糖尿病
  • 肝硬変
  • 高血圧症
  • 腎不全

当然、範囲を広げるほど保険料は高くなり、その保険料は通常、毎月の住宅ローンに加算される形となります。

 

ここで団体信用生命保険の特約にまつわる体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

体験談:団体信用生命保険の特約が必要か熟考すべきだった

神奈川県T様

現在マイホームを購入し、毎月住宅ローンを支払っている私が、これで良かったのかなとたまに悩むのがこの団体信用生命保険の特約についてです。

住宅ローンを組んだ銀行からは特約を付けることを勧められましたが、その時、それが得なのかどうか判断できずに付けませんでした。

将来的に大きな疾病にかかってしまう可能性は充分にあります。そうなった際の生活の保障をどこに求めるのか。生活費の中で住居に係るお金の割合は大きいです。

その住居の保障を生命保険に求めるのか、団体信用生命保険の特約に求めるのか。私は生命保険を見直し保障額の変更をしましたが、果たしてどちらが良かったのか、その点が私が今も考えてしまうところなのです。

 

マイホームの購入を決めてから住宅ローンを組むまでの時間があまりなく、忙しかったこともあって、団体信用生命保険の契約を簡単に決めてしまいました。

その内容を後から変更することができません

関連記事住宅購入後にやることはたくさんある。正直面倒くさい!

 

これからマイホームを購入される方には、毎月の支払い額と保障額のシミュレーションを充分にすることをぜひお勧めします。

マイホーム探しで盛り上がっているところかもしれませんが、団体信用生命保険の特約についても必要かどうか考えておくことは、必ず損はないと自負しております。

体験談おわり

団体信用生命保険の特約料シミュレーションもしておく

マイホームの契約前には、不動産会社に資金計画のシミュレーションをしてもらうはずです。

そのさい、「物件価格から頭金を引いた金額を住宅ローンで組むと、毎月の支払いはこうなります」くらいのものが普通です。

理想としては、ここで団体信用生命保険の特約について夫婦で考え、加入するかどうかも踏まえ、特約料についてもシミュレーションしてみることです。

生命保険の見直しも検討することになるかもしれません。そのさいは、保険の専門家の意見も取り入れたほうがより良い判断ができるはずです。

 

スポンサーリンク

まとめ

団体信用生命保険の特約が家族にとって必要であるかどうかは早めに考えようという内容でした。それぞれの家族によって特約に対する捉え方はさまざまです。

最後に、一般的な特約についてまとめておきます。

三大疾病・七大疾病
  1. ガン
  2. 脳卒中
  3. 心筋梗塞
  4. 糖尿病
  5. 肝硬変
  6. 高血圧症
  7. 腎不全

 

『団体信用生命保険』の関連記事



スポンサーリンク