不動産営業マンが考える家をなるべく早く買った方がいい理由


不動産屋さん

東京不動産営業マンであるK様から頂いた話です!

「家をなるべく早く買うことの大切さ」は、私が10年以上家を売る仕事を続けてきて痛感してきたことです。

 

家を買うタイミング

入社当時20代前半だった年齢も、当然ですが今では30代の後半を迎え、担当しているお客様も私よりも年齢が下のお客様も増えてきました。

社会人1年目には、「若いのにしっかりしている」ことを理由に、私から家を買ってくれるお客様が多かったのです(というか、ほぼそんな「いい」お客様ばかりでしかご契約頂けませんでした。)。

現在では、不動産営業マンより家のことを知っているお客様が多くいらっしゃる時代ということもあり、プロとしてのアドバイスをすることでやっとスタートラインに立つことができ、営業としての知識や気配りを重視される立場になってきました。

 

タイミングがあれば少しでも早く購入すべき

低金利の住宅ローンの時代背景や、それに伴って、現金がなくても家を買うことができる時代という流れから、今まで家を買うことを逃してきた、私よりだいぶ年上のお客様を担当させて頂くことも増えてきました。

退職までの年齢から逆算し、途方もない毎月の支払いを突き付けられ家を買うことを諦めてモデルルームを後にする姿を何度も見ていると、家を買えるタイミングであれば、少しでも早く買うべきだと感じます。

 

賃貸に住んでいる方へ

ずっと賃貸に住んで家賃を支払ってきている方は、いざ購入するタイミングと出会っても、購入の意思決定ができず、結局ずっと賃貸で家賃を支払うということになりかねません。

賃貸に一生住むことは別に悪いことではありませんが、ご夫婦で住んでいてもいつかは一人になるし、ご子息と同居となればよいですが、「孤独死のリスクの高い高齢者」には大家さんはたやすく住まわせてくれませんし、退去してほしいと言われ、住む場所を失ってしまうという可能性もございます。

 

やはり家は早く買った方がいい

不動産を持っていれば最悪売却すれば当面の現金は手元に入ります。

家賃と同じ程度の支払いと考えれば、それが不動産に変わっていると考えることで、将来の資金積立という意味でも賃貸で家賃を支払っているより購入の方が安心だと思います。

30代までに家を買えば、60才の定年には住宅ローンの完済ができることが現実的ですし、これが50代に家を買うとなると、ある程度の老後の蓄えとして考えていた現金を取り崩すか、退職までの期間の10年程度で完済できる住宅ローンを組む必要が出てきます。

こういったことから考えると、なるべく早く家を買うことはとても大切です。

賃貸から賃貸に引っ越しをする感覚で、賃貸から脱出して家を買う今の時代だからこそ前向きに検討すべきだと私は考えます。

東京都不動産会社K様

不動産屋さん

将来的にマイホーム購入を考えているならば、早く買うに越したことはない!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。