マイホーム購入後のライフプランを話し合っていない友人の話

マイホームを購入した私の友人、本人は嬉しそうなのですが、周りからすると何だか大変そうで心配なんです。

事前に色々と話は聞いてはいました。賃貸の家賃がもったいなく資産形成のため、小さな子供を含めた家族がのびのび過ごすためなどのよく言われる至極当然のマイホーム購入の動機。
人生において長い付き合いとなる、家とその住宅ローン。

気持ちが「家が欲しい」に傾き過ぎてしまっていたのが気になり、もう一歩踏み込んだところまで考えてみてはどうかと話してはいたのですが、勢いが付いてしまったようでなかなか具体的な将来のライフプランの話し合いまではいかなかったようです。

 

スポンサーリンク

長い通勤時間

都心で仕事している彼は、元々は狭くても自転車で通えるような距離の賃貸住宅に住んでいました。今は郊外の戸建に移り、上りの満員電車に毎日揺られ、会社に到着しただけで汗だくでクタクタなんです。

せめて空いている電車なら、本を読んだり、スマホやタブレットで仕事もできますが、そうもいかない耐えるだけの通勤時間を過ごしています。

 

親に万一があった場合に実家はどうする?

また彼には、地方とはいえ実家があります。親に万が一があった際にそこをどうするのかと聞くと、なるようにしかならないとのこと。

きっとそこに戻って住むつもりはないのでしょうが、誰も住まなくなった実家を片付けた時に自分の住宅ローンの助けにどれだけなるのか。

また万が一にでも戻らざるをえなくなった場合、自分が購入した住居がどれだけの価値になるのか。
冷たい見方もしなければなりませんが、マイホーム購入後のライフプランとして重要なところだと思ったんです。

 

購入前の事前調査は十分だったのか?

駅近、価格、間取りに惹かれ、購入した戸建は地方出身者の彼にはあまり土地勘の無い場所なんです。
最寄り駅は電車も三線通るターミナル駅で便利であることは間違いないのですが、駅前は夜遅くまで賑やかな繁華街。

徒歩圏内で便利とは言え、子育てに良い環境とは言えないような気も。
周りにどんな人たちが住んで、どのようなライフサイクルを送っているのか、あまり調べてはいないよう。

あまり気にしないならそれでもいいのですがイメージとあまりに違わなければいいなと思います。

 

共働きはしない

けっして収入に余裕があるわけではないと思うのですが、奥さんとの共働きは考えていないそう。
先日も風邪で高熱があってフラフラのくせに、休む余裕がないと出勤していました。
奥さんを大事にするのは素晴らしいと思うのですが、勝手な言い方すると人生のパートナーでもあると思うんです。

 

マイホーム購入後のライフプランを話し合ってみて下さい

マイホームの購入がゴールではなく、これからの人生のスタートだと思います。
家に住むことそのものも、仕事をして住宅ローンを返済していくことも、育児をしていくことも長い付き合いです。

あまり悲観的になる必要はないと思いますが、せっかくの機会だと思って普段口に出しにくいかもしれないお金のことや育児の方針などを夫婦はもちろん、できれば親も含めて話し合い、今後のライフプランを持ってみてはいかがでしょう。

神奈川県T様



スポンサーリンク